工学部 電子システム工学科 学科オリジナルサイト

スマートフォン、パソコン、LED照明、ブルーレイレコーダーなど、身近な製品の基礎となる電子・光・情報に関する技術を身につけた、社会に貢献できる人材を育成します。製品を企画立案し、開発のリーダーとして活躍するために、基礎から応用まで幅広い技術を習得し、さらに調査能力や国際感覚などの就業力も備えていきます。

電子システム工学科 研究の様子

スマートフォン、パソコン、LED照明、ブルーレイレコーダーなど、身近な製品の基礎となる電子・光・情報に関する技術を身につけた、社会に貢献できる人材の育成が本学科の目的です。製品を企画立案し、開発のリーダーとして活躍するために、基礎から応用まで幅広い技術を習得し、さらに調査能力や国際感覚などの就業力も備えていきます。

電子システム工学科の学び

  • 家庭用電子機器

    スマートフォン等の身の回りの高度な家電製品の原理を学び、製品の企画・開発に携わる人材を育成します。

  • 高機能材料・光デバイス

    高性能な材料や新機能デバイスの開発技術を学び、新たな産業の種を開拓できる人材を育成します。

  • 電子情報・光通信システム

    さまざまな情報機器をつなぐ高度情報通信システムについて学び、IT 技術に貢献できる人材を育成します。

  • 生産・制御技術

    さまざまな製品を実際に生産するための技術を学び、製造工程の設計・管理に携わる人材を育成します。

学びのポイント

  • 基礎科目

    電子システム工学技術は極めて進歩が速い技術分野です。だからこそ基礎を低学年でしっかりと身につけることが肝要です。本学科では、電磁気学、電気回路、電子回路、プログラミング等の基本科目を豊富な演習を交え、確実に習得させます。また理論だけでなく、実験やワークショップを通じて興味を引き出しています。

  • 広範な知識

    電子システムに関する技術は極めて範囲の広い技術分野です。そこで実社会で即戦力になれるよう、さまざまな技術の概要を学びます。また将来、どんな製品が必要とされているかを考え新製品を企画立案したり、開発プロジェクトのリーダーとして活躍したりするためには、広範囲にわたる技術の全体像を把握しておくことが不可欠です。

  • 就業力

    学力・技術が秀でていても一人でできる仕事はほとんどありません。社会では、日本だけでなく海外の技術者などとも意思の疎通を円滑に行うことが必要です。そのためにプレゼンテーション、ビジネス英語等の科目を用意しています。また、インターンシップや卒業研究を通じて、グループの中で仕事をすることを体験的に学び、就業力を向上させることも重視しています。

電子システム工学を通して見る近未来

ピックアップカリキュラム

論理システム設計

論理システム設計 画面図

大規模なデジタル回路を効率的に設計する方法について学びます。わかりやすい講義と一人1台ずつCADシステムを使った豊富な実習で、設計能力が身につきます。

ワークショップⅡ

ワークショップⅡの様子

電気一般の基礎やハンダ付けから学び、ラジオ、電子オルゴール、ファクシミリなどを製作します。失敗を繰り返しながら、ものづくりの難しさ、面白さ、喜びを体験します。

プレゼンテーションⅠ・Ⅱ

プレゼンテーションⅠ・Ⅱの様子

卒業研究や、文献の内容をパソコンを使って発表し、教員や同級生からの質問に答える練習を行います。最初は緊張しますが、次第に堂々と発表できるようになります。

学部共通カリキュラム

卒業後の就業者の業種別割合※

卒業後の就業者の業種別割合 円グラフ

※電気電子工学科 電子光情報コースのデータを参考に掲載

主な就職先※

JR東日本、東芝、富士通、ボッシュ、日本精機、NTTデータ、JR東海、三菱電機、関電工、大成建設、キヤノン、日立製作所、日本サムスン、ソフトバンクテレコム、高砂熱学工業、京セラ、ホンダ、セガ、いすゞ自動車、日立システムズ、ソニー、NEC、パイオニア、岩崎通信機、NECソリューションイノベータ など

※電気電子工学科 電子光情報コースのデータを参考に掲載

大学院進学※

14名 (2016年3月卒業実績)
男子 13名
女子 1名
進学率 15.9%

※電気電子工学科 電子光情報コースのデータを参考に掲載

目指せる資格

陸上無線技術士(第一級・第二級)、第一級陸上特殊無線技士、第三級海上特殊無線技士、電気通信主任技術者、公害防止主任管理者、技術士補、消防設備士(甲種)、弁理士、建設機械施工技士(1級・2級)、建築施工管理技士(1級・2級)、建築設備士、高等学校教諭一種免許状(工業)、中学校教諭一種免許状(技術) など

関連コンテンツ

その他のコンテンツ