工学部 電気電子工学科 学科オリジナルサイト

電力・電気機器、電子情報システム、電子デバイスの3分野にわたる学びを展開し、産業界で広く活躍できる技術者を育成します。変わりゆく時代の流れにも柔軟に対応できる人材となるよう、福祉等を含め人間の幸せそのものについて思いを巡らせることのできる、高い人間力を培うことも重視します。

電気電子工学科 研究風景

電力・電気機器、電子情報システム、電子デバイスの3分野にわたる学びを展開し、産業界で広く活躍できる技術者を育成します。変わりゆく時代の流れにも柔軟に対応できる人材となるよう、福祉等を含め人間の幸せそのものについて思いを巡らせることのできる、高い人間力を培うことも重視します。

電気電子工学科の学び

  • 電力・電気機器

    エネルギーの創成・有効利用と地球環境の問題を、電気電子技術を駆使して解決することを目指す分野の学習・研究を行います。

  • 電子情報システム

    「人」が快適で豊かな生活を安心して送るために必要な電気電子技術分野の学習・研究を行います。また、次世代のライフスタイルを最新の電気電子技術分野を駆使して創成するための学習・研究を行います。

  • 電子デバイス

    次世代のエレクトロニクス産業を根底から支える高機能電子デバイスの開発とその応用技術を開拓する分野の学習・研究を行います。

学びのポイント

  • 体験型の学習

    基礎科目、専門科目、共通科目を通して、快適で安全な人間の生活環境を支える幅広い電気電子工学の分野について、基礎と先端技術を体系的に学びます。特にワークショップ、実験、演習、ゼミナールを通して創造力、実践力、実務能力を養うことを重視しています。

  • コミュニケーション能力

    専門科目だけでなく、コンピュータプレゼンテーションや卒業研究など発表の機会を設けています。これにより専門分野における課題解決能力とともに、自己表現のできるコミュニケーションとプレゼンテーションの能力を育成。なお、国際的に通用する専門技術者養成の教育プログラムとして日本技術者教育認定機構(JABEE)より認定されています。

  • 自由選択

    広範で奥が深い電気電子工学の分野を、学問・産業分野に沿って効果的に学ぶために、3つの教育分野を用意しました。これらの分野から、各自の興味や夢に合わせて自由に科目を選択することができます。幅広い知識をバランス良く学び総合的な力をつけることも、一つの分野を集中的に学び専門性を高めることも可能です。

電気電子工学を通して見る近未来

ピックアップカリキュラム

ワークショップ入門(ファクシミリ製作)

ワークショップ入門(ファクシミリ製作)

初代学長の丹羽保次郎先生が開発したファクシミリを題材とする意義深い科目です。個人個人が創意工夫をしながら苦労して完成した際には大きな達成感を実感できます。

電気電子工学リテラシー

電気電子工学 リテラシー 実験の様子

1年次には、電気電子工学分野について興味と理解を深め、基礎を固めることを目的とした「電気電子工学リテラシー」があります。 この授業では、1年次に受けた講義や実験・実習を通して得た電気電子工学の基礎知識について、少人数グループでの問題分析、実験、討論、発表などを行うことで、知識を活用したり応用したりする能力「リテラシー」を養います。

電気電子キャリア総合演習

電気電子キャリア総合演習

実社会で必要とされている電気電子工学分野の基礎を、講義と演習により総合的に復習しながら学びます。企業の採用・研究開発部門に属する外部講師による講演、就職試験模試、グループ面談なども行う実践的なキャリア科目です。

学部共通カリキュラム

卒業後の就業者の業種別割合

卒業後の就業者の業種別割合

主な就職先

中部電力、キヤノン、日立製作所、関電工、セイコーエプソン、東北電力、京セラ、ホンダ、トヨタ自動車、JR東海、北海道電力、ソニー、NEC、日産自動車、パイオニア、JR東日本、東芝、富士通、富士電機、富士通ゼネラル、NTTデータ、JR東海、三菱電機、東京電力、明電舎 など

大学院進学

43名 (2016年3月卒業実績) 男子 41名 女子 2名 進学率 33.3%

目指せる資格

電気主任技術者(第一種・第二種・第三種)、公害防止主任管理者、電気工事士(第二種)、技術士補(技術士第一次試験免除)、消防設備士(甲種)、弁理士、建設機械施工技士(1級)、建築施工管理技士(1級・2級)、建築設備士、高等学校教諭一種免許状(数学)、高等学校教諭一種免許状(工業)、高等学校教諭一種免許状(情報)、中学校教諭一種免許状(数学) など

関連コンテンツ

その他のコンテンツ