工学部第二部 情報通信工学科

ソフトとハードを偏りなく学び、情報通信分野を支える人材を目指します。

情報通信工学科 研究の様子

ネットワーク、ワイヤレス通信、光ファイバなどをはじめとする通信系技術と、コンピュータを中心とする情報系技術の両分野を網羅した情報通信工学を学びつつ、応用力と洞察力を備え、技術者として自立できる社会性を持った人材を育成します。コンピュータや通信システムのほか、音響・画像の信号処理技術まで習得できる幅広いカリキュラムと産業界との積極的な交流で学生の個性を伸ばし、ハードウェアを理解してプログラムも書ける視野の広い情報通信技術者の育成を目指します。

  何が学べるか 将来の進路
情報系技術分野 ・コンピュータシステム
・ソフトウェア
・ハードウェアなど
・システムエンジニア
・アプリケーションエンジニア
・システムインテグレータ
通信系技術分野 ・光ファイバ通信
・ワイヤレスシステム
・通信システム
・ユビキタスネットワーク
・次世代ネットワークなど
・ネットワークエンジニア
・通信機器エンジニア
情報メディア系技術分野 ・コンピュータグラフィックス
・アニメーション
・画像・音響処理など
・マルチメディアクリエータ
・Webシステムデザイナー

教授陣は工学部情報通信工学科と同じです。

卒業後の就業者の業種別割合

卒業後の就業者の業種別割合

主な就職先

ワイモバイル、CRCシステムズ、KDDIウェブコミュニケーションズ、NECエンジニアリング、NECネクサソリューションズ、ニフティ、横河レンタ・リース、三菱電機ビルテクノサービス、NECソリューションイノベータ、沖ウィンテック、日本電子計算、アルファシステムズ、NTTデータシステム技術、プログレス・テクノロジーズ、日研、マースエンジニアリング、ヤフー など

大学院進学

3名(男子:3名/女子:0名)
進学率7.9%
(2016年3月卒業実績)

目指せる資格

第一級陸上特殊無線技士、第三級海上特殊無線技士、電気通信主任技術者、公害防止主任管理者、技術士補、弁理士、高等学校教諭一種免許状(工業)、高等学校教諭一種免許状(情報) など

関連コンテンツ

その他のコンテンツ