未来科学部 情報メディア学科 オリジナルサイト

現代社会における私たちの生活は、コミュニケーションの形態から、学び、遊びの形態までさまざまな情報技術によって形づくられ、新たな魅力を持った姿に変容しています。メディア学とコンピュータサイエンスを融合し、デザイン、表現、技術などさまざまな観点から理解を深めることで、次世代の技術を生み出していく人材を育成します。

情報メディア学科 発表の様子

現代社会における私たちの生活は、コミュニケーションの形態から、学び、遊びの形態までさまざまな情報技術によって形づくられ、新たな魅力を持った姿に変容しています。メディア学とコンピュータサイエンスを融合し、デザイン、表現、技術などさまざまな観点から理解を深めることで、次世代の技術を生み出していく人材を育成します。

情報メディア学科の学び

  • クリエイティブ

    コンピュータグラフィックスや映像作品・音楽作品を制作するための手法、さまざまな形の情報を合理的に設計・表現するためのコンテンツ、情報伝達を保証するシステムとインタフェース、人間の特性やインタラクションなどについて学びます。

  • テクノロジー

    インターネットを支える基盤技術から、Webサイトの構築・発展、プログラミング、ソフトウェア設計、セキュリティ技術などについて学びます。

学びのポイント

  • 演習を重視

    さまざまなコンテンツの企画・制作と、システムの設計・構築のプロセスを、体験を通して学んでいく演習。そして、その根底にある技術の本質を追究する講義の双方を重視。講義の内容を演習で実践し理解を深めていきます。

  • 一人ひとりに合わせて

    専門分野の豊富な科目群を「ユニット」という単位で4つにグループ化。学生はどのユニットでも自由に選択することが可能です。一人ひとりの将来像や目標に合わせて複数のユニットを学ぶことで、独自性豊かな専門家を目指すことができます。

  • 充実したソフトウェア教育

    高度なCG、複雑なネットワーク、これらを現実のものにしているのはソフトウェア技術です。じっくり学ぶ入門科目から、高度な知識が身につく専門科目まで、体系的に学ぶことによってソフトウェアによるものづくりの力をつけることができます。

情報メディア学を通して見る近未来

ピックアップカリキュラム

コンピュータアニメーションおよび演習

コンピュータアニメーションおよび演習の様子情報メディア学科ビジュアルコンピューティング研究室・協力:長野県小布施町

CGにおけるコンピュータアニメーション制作技術について、表現手法や技術について学びます。実際の制作現場でも使用されている3次元CGソフトウェアMayaを使用し、コンピュータアニメーションの制作演習を行います。

情報セキュリティの基礎と暗号技術

情報セキュリティの基礎と暗号技術 講義の様子

情報セキュリティの基礎を学んだ後、代表的な共通鍵暗号や公開鍵暗号の原理や具体的仕組みを理解。さらに、デジタル署名や電子政府システムについても学びます。

サーバプログラミング演習

サーバプログラミング演習 作品一覧の画面

インターネット上のWebシステムを対象に、要件定義、設計、実装の一連の構築を行います。4人前後のチームで独自の企画に基づき開発を進め、システム開発におけるプロジェクト管理や、コミュニケーション、共同作業の難しさと楽しさを経験します。

学部共通カリキュラム

卒業後の就業者の業種別割合

卒業後の就業者の業種別割合 円グラフ

主な就職先

日立製作所、富士ゼロックス、野村総合研究所、サイバーディフェンス研究所、三菱電機、NTTデータ、リクルートホールディングス、コナミ、NEC、東芝情報システム、サイバーエージェント、カシオ計算機、凸版印刷、JR東日本情報システム、トレンドマイクロ、グリー、富士通、みずほ情報総研、ピクシブ、ヤフー など

大学院進学

41名 (2016年3月卒業実績)
男子 38名
女子 3名
進学率 28.1%

目指せる資格

PE(Professional Engineer)、FE(Fundamentals of Engineering)、技術士補、弁理士、CGクリエイター検定、CGエンジニア検定、CAD利用技術者試験、情報処理技術者試験、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、画像処理エンジニア検定、マルチメディア検定、高等学校教諭一種免許状(数学)、高等学校教諭一種免許状(工業)、高等学校教諭一種免許状(情報)、中学校教諭一種免許状(数学)、国家公務員、地方公務員 など

関連コンテンツ

その他のコンテンツ