未来科学部 ロボット・メカトロニクス学科 オリジナルサイト

現在もそして未来にわたっても、人と社会を支え続ける「ロボット・メカトロニクス技術」。数学的なデザイン力とモデリング力に裏打ちされた確かな「ロボット・メカトロニクス技術」を身につけるため、専門となる基盤4分野(機械工学、電気・電子工学、情報工学、制御工学)を総合的に学びます。関連理論の講義、演習やロボット製作実習を通じて、知識と技術、豊かな創造性を養い、未来につながる知的システムを生み出せる技術者を育成します。

ロボット・メカトロニクス学科

現在もそして未来にわたっても、人と社会を支え続ける「ロボット・メカトロニクス技術」。数学的なデザイン力とモデリング力に裏打ちされた確かな「ロボット・メカトロニクス技術」を身につけるため、専門となる基盤4分野(機械工学、電気・電子工学、情報工学、制御工学)を総合的に学びます。関連理論の講義、演習やロボット製作実習を通じて、知識と技術、豊かな創造性を養い、未来につながる知的システムを生み出せる技術者を育成します。

ロボット・メカトロニクス学科の学び

  • 機械+制御

    新しい機構やメカニズムを提案し実現する、動くものづくりの基本分野を学びます。ロボットモーション、輸送機械、航空・宇宙、プラント制御、自動運転自動車など。

  • 電気・電子+制御

    電気回路技術や制御アルゴリズムなどを駆使して、人間と機械が共存する社会づくりに貢献する分野を学びます。パワーエレクトロニクス、回路設計、ロボットセンシング、電気自動車など。

  • 情報+制御

    コンピュータや情報通信ネットワークを駆使して、地球や人類にやさしいインテリジェントなシステムづくりに関する分野を学びます。ネットワーク、組み込みシステム、知能ロボット、人間機械インタフェース、ビル管理システムなど。

学びのポイント

  • 新学問領域への挑戦

    技術は高度化・複雑化していきます。新たな製品や機能を創造するためには、システム全体を的確に理解し、さまざまな技術を効果的に組み合わせる「システムインテグレーション」が重要です。

    機械、電気・電子、情報、制御の基盤4分野に関する専門知識を学び、相互の関係を理解することで、科学・産業・環境・福祉分野などで活躍できるメカトロニクスエンジニアをめざします。

  • 実践的学習

    ・メカトロニクスに関する充実した演習・実験:数学、力学、製図、実験などを通じて、基盤4分野の実力を養います。

    ・ものづくりのプロをめざすワークショップ:プロジェクト形式でロボット製作を行い、ものづくりの実際を体験します。

    ・懇切丁寧なプログラミング教育:学習や研究における強力な手段としてのプログラミングを基礎から学びます。

  • 自信から確信へ

    ・毎年次実施の少人数ゼミ:1~3年次はプロジェクト形式のグループ学習、4年次は研究室で卒業研究を行います。

    ・全学年統一実力テスト:全学年共通のテストにより、専門能力の習熟度を逐次確認していきます。

    ・よろず相談室:大学院生や上級生が勉学や学生生活の相談相手になります。

ロボット・メカトロニクス学を通して見る近未来

ピックアップカリキュラム

ワークショップ

ワークショップ

入学してすぐにものづくりの基礎を体験できる科目。プロジェクト形式の講義・実習・設計・製作を通じ、単なる「ものづくり」にとどまらないメカトロニクス技術の本質を体験的に学ぶことができます。

メカトロニクス総合実験A・B

メカトロニクス総合実験A・B

「マニピュレータの遠隔制御」と「サッカー競技ロボット製作」の2つのテーマに、それぞれ半期をかけてじっくり取り組む3年次の科目です。実験を通して、設計、プログラミングしたロボットが思い通りに動いた時の達成感は最高です。就活でも企業からの評価の高い、人気No.1の科目です。

プロジェクト型ワークショップ

プロジェクト型ワークショップ

「鉄球を電磁石で空中浮遊させる」という技術課題をチームで解決していきます。自らプロジェクトを管理し、問題を発見・解決しながら、課題をクリアしていきます。先端的ものづくりの一連の流れを体験し、企業の一線で活躍するエンジニアとしての素養を磨き上げる大学院の科目です。

よろず相談室

よろず相談室 室内

「徹底したフォローアップ」をスローガンに、教員・大学院生が学科専門科目のサポートを行います。授業内容の質問、欠席時の補習、コンピュータ操作のサポート、学生生活に関する相談など、気軽に相談できます。

学部共通カリキュラム

卒業後の就業者の職種別割合

卒業後の就業者の業種別割合 円グラフ

主な就職先

トヨタ自動車、住友重機械工業、日立製作所、オリンパス、大林組、JR東日本、小松製作所、三菱電機、安川電機、東洋熱工業、ホンダ、ミネベア、NEC、アズビル、東京メトロ、富士重工業、荏原製作所、富士通、ヤフー、バンダイ、スズキ、ボッシュ、三洋電機、日本コムシス、公務員 など

大学院進学

49名 (2016年3月卒業実績)
男子 45名
女子 4名
進学率 43.4%

目指せる資格

PE(Professional Engineer)、FE(Fundamentals of Engineering)、技術士補、弁理士、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、CAD利用技術者試験、情報処理技術者試験、高等学校教諭一種免許状(数学)、高等学校教諭一種免許状(工業)、高等学校教諭一種免許状(情報)、中学校教諭一種免許状(数学)、国家公務員、地方公務員 など

関連コンテンツ

その他のコンテンツ