よくあるご質問と回答(一般・センター利用入試)

調査書の提出枚数は1通です

※複数の入試種別あるいは複数学科・学系を併願する場合でも、提出いただく調査書の数は1通です。

※既に2020年度一般入試・大学入試センター利用入試の出願時に調査書を提出された方は、改めて調査書を提出いただく必要はございませので、インターネット出願登録時に提出済みであることを申告するチェックボックスにチェックを必ず入れてください。

(例)
一般入試(前期)で調査書提出済み
      ↓
出願時に調査書提出済みにチェック
      ↓
一般入試(後期)では調査書の提出は不要

※一般入試(後期)+一般入試(工学部第二部)といった同時に複数出願する際でも、調査書は1通になります。

出願に関して

  • 一般入試とセンター利用入試の両方に出願できますか?

両方に出願できます。

※両方の入試で「同じ」学科・学系に出願することも可能です。

(例)一般入試(前期)とセンター利用入試(前期)両方で、未来科学部 情報メディア学科を受験

  • インターネット出願は、どのような出願方法ですか?

インターネット出願は、本学のホームページから出願データを登録する方法です。

ただし、出願データの登録だけでは出願手続きは完了しません。インターネット出願の手続きの完了には次の3点が必要です。

(1)出願データのご登録
(2)入学検定料(受験料)のお支払い
(3)「志願票」と「調査書※」のご送付

※調査書は封を開けずに提出してください。
※高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)の合格者は「合格成績証明書」を、合格見込者は「合格見込成績証明書」を提出してください。

  • 入学検定料はいつから支払いが可能ですか?

出願データの登録を完了させた時点で、お支払いが可能になります。

  • 出願後に氏名・住所などの修正・変更が生じた場合、どのように連絡すればよいでしょうか?

マイページから届出手続きをしてください。ただし、出願学科・学系等の出願に関する内容の変更や取り消しは一切できません。

  • 試験日や志望学科・学系の変更はできますか?

入学検定料を支払った後(支払い方法を確定した後)の変更や出願の取り消しは一切できず、返金もいたしません。支払い方法を確定する前に、出願内容をよく確認してください。

  • 出願手続完了後、追加で出願するのにはどうすれば良いですか?

「同一入試内」で「出願期間内」であれば、追加で出願することができます。

(例)一般入試(前期)2月1日受験で出願後、追加で一般入試(前期)2月3日にも受験したい場合、出願期間内に追加出願が可能です。

<手続方法>

●必ず1回目の出願登録時に使用した「ログインID」で追加出願してください。1回目の出願登録時に使用した「ログインID」を使用しない場合は、併願割引料金が適用されませんので、ご注意ください。

●1回目の出願で入学検定料が既に納入済みであれば、入学検定料は併願割引料金が適用されます。割引料金の適用は、1回目の出願で入学検定料が既に納入済であることが条件です。

●一般入試(前期)と一般入試(英語外部試験利用)は同一入試内の扱いとして追加出願が可能ですので、入学検定料の割引が適用されます。

  • 大学に出願書類を持参して出願手続きをすることはできますか?

持参しての出願手続きはできません。

必ず簡易書留・速達で郵便局窓口から郵送してください。

  • 志願者の出願状況は公表されますか?

2020年1月10日(金)より、本学ホームページで出願状況を定期的に公表予定です。

※リアルタイムでの出願状況ではありませんのでご了承ください。

  • 試験会場周辺の宿泊先の斡旋をしてもらえますか?

本学では、斡旋を行っておりません。ご了承ください。

一般入試に関して

  • 1日に複数の学科・学系を受験することが出来ますか?

一般入試(前期)は受験することが出来ません。1日に1学科・学系のみ受験できます。ただし、一般入試(英語外部試験利用)と併願することで、1日に2学科・学系を受験することが出来ます。

一般入試(後期)および一般入試(工学部第二部)は受験することが出来ます。

  • 一般入試(前期)の試験日は2月1日から5日までの5日間ありますが、1試験日に複数の学科・学系を出願することは可能ですか?また同じ学科・学系を2回以上出願することは可能ですか?

1試験日に複数の学科・学系の出願はできません。1試験日に1学科・学系の出願となります。

試験日を変えれば、同じ(または別の)学科・学系を2回以上出願することは可能です。

(例1) 出願不可(×) 

・2月1日 理工学部 建築・都市環境学系
・2月1日 未来科学部 建築学科  

(例2) 出願可(◯) 

・2月1日 理工学部 建築・都市環境学系
・2月3日 未来科学部 建築学科  

(例3) 出願可(◯) 

・2月2日 理工学部 理学系
・2月4日 理工学部 理学系

※試験日が5日間ありますので、最大5回同じ(または別の)学科・学系を出願することも可能です(入学検定料は併願分必要です)。

  • 一般入試(後期)の試験日は2月28日と29日の2日間ありますが、1試験日に複数の学科・学系に出願することは可能ですか?また、同じ学科・学系に2日間出願することは可能ですか?

一般入試(前期)と異なり、1日で複数の学科・学系に出願できます(入学検定料は併願分必要です)。

(例1) 出願可(◯) 

・2月28日 未来科学部 情報メディア学科
・2月28日 理工学部 情報システムデザイン学系

試験日を変えて、同じ学科・学系に2日間出願することも可能です(入学検定料は併願分必要です)。

(例2) 出願可(◯) 

・2月28日 工学部 電子システム工学科
・2月29日 工学部 電子システム工学科

  • 一般入試(英語外部試験利用)と一般入試(前期)は併願できますか?

併願できます。同一日にも併願が可能です。

例)2月3日に一般入試(前期)と一般入試(英語外部試験利用)で工学部 機械工学科を受験

※一般入試(前期)と併願する場合は、英語を受験し、3科目受験となります。問題は一般入試(前期)と同一です。
※一般入試(前期)と併願の場合は受験料が割引になります。

  • 一般入試(前期・英語外部試験利用・後期)の選択科目(理科または国語)は出願時に選択するのですか?

出願時には選択しません。

試験開始時に全ての選択科目の問題を配布しますので、いずれかの科目を試験時間に選択してください。選択科目は受験学科・学系により異なりますのでご注意ください。

  • 数学満点選抜方式について教えてください

・一般入試(前期・英語外部試験利用・後期・工学部第二部)の受験者を対象とします。

・数学1科目の得点(素点)が100点満点であれば合格とします。

・3科目の合計点での合否判定も同時に行いますので、3科目受験を必須とします(英語外部試験利用は2科目受験必須)。

  • 一般入試(前期・英語外部試験利用・後期)の試験会場は、どのように決定されるのでしょうか?

インターネット出願登録時に試験会場を選択してください。収容定員を超えた会場は、登録画面上で選べない状態になり、他の会場を選択していただきます。試験会場は受験票に記載されますので、必ず確認のうえ受験してください。

  • 試験日や試験会場の違いによる合否の有利・不利はありますか?

各試験日の採点結果を平準化することで、試験日による有利・不利はありません。また、試験日ごとに合否判定は行いません。試験会場による有利・不利もありません。

  • 一般入試の試験時間(時間割)を教えてください。

各入試の試験時間は以下のとおりです。

●一般入試(前期・英語外部試験利用) 試験日2月1日~2月5日

1時間目 数学:10:00~11:30(90分)
2時間目 物理・化学・生物・国語(選択科目):12:30~13:40(70分)
3時間目 英語:14:30~15:30(60分)

※一般入試(英語外部試験利用)は英語はありません。

●一般入試(後期) 試験日2月28日・2月29日

1時間目 数学:10:00~11:30(90分)
2時間目 物理・化学(選択科目):12:30~13:40(70分)
3時間目 英語:14:30~15:30(60分)

●一般入試(工学部第二部) 試験日3月3日

1時間目 数学:10:00~11:30(90分)
2時間目 英語・物理(選択科目):12:30~13:30(60分)

  • 一般入試の昨年度の入試結果(倍率や合格最低点など)は公表されていますか?

過去2年分の入試結果を公表しています。下記「入試結果ページ」よりご確認ください。

  • 英語外部試験の証明書はコピーでも良いでしょうか?

コピーでも結構です(原本証明の提出は不要)。詳細は下記のとおりです。

※英検およびCambridge English においてはCBT試験も可とします。
※有効期限は、英検およびCambridge Englishは2017年(平成29年)4月以降、その他は2018年(平成30年)2月以降に受検したものを有効とします。
※提出された証明書は返却いたしませんのでご了承ください。

  • 英語外部試験の証明書の枚数は受験学科・学系分必要でしょうか?

必要ありません。受験学科・学系数に関わらず、1枚のみの提出です。

センター利用入試に関して

  • センター利用入試で同じ学科・学系に出願することはできますか?また、違う学科・学系を併願することもできますか?

「3教科方式」と「4教科方式」を組み合わせて、同じ学科・学系に出願できます。

(例) 
・3教科方式:未来科学部 建築学科 受験
・4教科方式:未来科学部 建築学科 受験

2つの方式で同じ学科・学系を併願することができます。

(例) 
・3教科方式:工学部 機械工学科 受験
・3教科方式:工学部 先端機械工学科 受験
・3教科方式:理工学部 機械工学系 受験

1つの方式で違う学科・学系を併願することもできます。

(例) 
・3教科方式:工学部 電子システム工学科 受験
・4教科方式:理工学部 電子工学系 受験

2つの方式で違う学科・学系を併願することもできます。

※併願数に制限はありませんが、入学検定料は併願数×15,000円必要です。

  • 大学入試センター試験で、理科②グループで2科目受験をするのですが、どちらの科目を採用して合否を判定するのですか?

第1解答科目の得点を使用します。高得点の科目ではありません。

  • センター利用入試の昨年度の入試結果(倍率や合格最低点など)は公表されていますか?

過去2年分の入試結果を公表しています※。下記「入試結果」よりご確認ください。

※センター利用入試(後期)のみ合格最低点は非公表です。ご了承ください。

受験票に関して

  • 受験票が届かない時はどうしたら良いですか?
受験票は郵送されません。以下の発行日以降にマイページを参照し、ご自身で印刷してください。 

 入試種別  発行日
一般入試(前期・英語外部試験利用)  1月25日
  センター利用入試(前期) 1月29日 
 センター利用入試(工学部第二部) 2月18日 
一般入試(後期)  2月25日 
一般入試(工学部第二部)  2月28日 
センター利用入試(後期)  3月16日 
 
  • 一般入試試験当日、受験票はどのようにすればよいでしょうか?

受験票をA4サイズ(210ミリ x 297ミリ)・縦向きで印刷(白黒印刷でも可)し、試験当日に必ず持参してください。

試験当日に関して

  • 埼玉鳩山キャンパスで受験する際、スクールバスを利用できますか?

無料で利用できます。東武東上線「高坂駅西口」からスクールバスが発着します。時刻表は本学ホームページにてご確認ください(通常のダイヤとは異なります)

  • 各試験会場には、付き添い者の控室はありますか?

東京千住キャンパス、埼玉鳩山キャンパスの試験会場には、付き添い者の控室を用意しています。サテライト会場には控室がありませんのでご了承ください。

  • 試験教室へは何時から入室できますか?

午前9時から試験教室に入室できます。試験開始20分前までに受験票に記載されている座席番号のラベルが貼付けされた席に着いてください。

  • 学校感染症(インフルエンザ等)に感染した、あるいはその疑いがある場合はどうすれば良いですか?

他の受験生や試験監督等への感染の恐れがあるため、受験はできません。なお、受験を控えいただいた場合でも、追試験等の特別措置や入学検定料返還等は行いませんので、ご了承ください。

合格発表・追加合格に関して

  • 合格発表はどのように行われますか?

出願登録時に利用した、インターネット出願サイトのマイページから合否照会ができます。

※紙の合格通知書は送付されません。入学手続きページから電子ファイル(PDF)が取得できます。

※電話・メール等による合否結果についての問い合わせは、一切応じられません。

  • 追加合格はありますか?

合格者の入学手続状況により欠員が生じた場合、正規の合格発表日後に追加合格を実施することがあります。追加合格を実施する場合は、大学から追加合格者本人へ直接電話連絡し、合格通知書および入学手続書類の送付のみを行います(ホームページ等ではお知らせいたしません。またマイページの表示も変わりません)。

なお、追加合格の実施有無等に関するお問い合わせには一切応じることができませんので、ご了承ください。

入学手続き・入学金に関して

  • 入学手続きはどのように行うのでしょうか?

出願登録時に利用した、インターネット出願サイトのマイページにて、合格発表日の13時30分以降に合格者のみ「入学手続ボタン」が押せるようになります。このボタンを押して入学手続きページに進み、その内容に従って手続きを進めてください。

  • 入学手続期間の「第1回」「第2回」とはどのようなものですか?

入学手続金の納入は一括納入を原則としますが、2回に分けて納入することもできます。

※一般入試(前期・英語外部試験利用・後期・工学部第二部)、センター利用入試(前期・工学部第二部)の合格者で国公立大学個別学力試験(後期日程)に出願している場合は、第1回入学手続の際に所定の申請をすることで3月25日(水)まで入学金以外の入学手続金の延納を認めます。

●第1回入学手続

「入学金の支払い」を行うことです。この手続は、本学へ入学する意志を表明することを意味します。

●第2回入学手続

第1回入学手続をされた方が、「授業料などの入学手続金」を支払うことです。この手続は、本学へ入学する権利を得る手続きを意味します。
 
※第1回入学手続金(入学金)納入者には、入学案内書類を送付いたします。入学手続書類も同封されておりますので、案内に従って返送してください。

※第1回と第2回それぞれの所定期間に手続きを完了しない場合は、入学辞退者として扱いますのでご注意ください。

※入学金は、入学するための準備や手続処理等に利用する関係で返還することはできません。

※入学金を除く授業料等の学費および受託諸会費については、2020年3月31日(必着)までに所定の方法で入学辞退を申し出た場合に限り返還します。2020年4月1日以降における入学辞退の申し出については、いかなる理由があっても入学手続金は一切返還いたしません。

  • センター利用入試(前期)でA学科に合格して入学金を支払った後に、一般入試(後期)で第一志望のB学科に合格できました。この場合、入学金をB学科に振り返ることはできますか?

所定の手続により、A学科の入学金をB学科の入学金に振り替えることができます。詳細はマイページから「入学手続き」ページに移動して、掲載されている「入学手続きのしおり」および「入学手続金納入要項」を参照してください。

成績開示の申請に関して

  • 受験した入学試験の成績開示の申請はできますか?

・一般入試(前期・英語外部試験利用・後期・工学部第二部)の成績開示の申請をすることができます。ただし、同一の入試内において、1 学科・学系でも合格されている場合は、合格・不合格の学科・学系を問わず、当該入試内すべての成績開示を申請することができませんのでご注意ください

・大学入試センター利用入試(前期・後期・工学部第二部)の成績開示はしておりません。

・申請期間は2020年4月1日~4月30日(消印有効)です。申請方法および申請書は以下PDFをご確認ください。

・各入試の志願者数、受験者数、合格者数、合格最低点等は、2020年5月中旬頃に本学ホームページおよび本学入試ガイドで公開予定です。

お探しの情報が見つからない場合は、下記までお問い合わせください

入試センター

〒120-8551 東京都足立区千住旭町5番 TEL:03-5284-5151

関連コンテンツ

その他のコンテンツ