2020年度「エンジニアのたまご奨学金プラス」

・一般入試(前期)受験生のみを対象としております。

・一般入試(英語外部試験利用・後期・工学部第二部)・センター利用入試(前期・後期・工学部第二部)の受験生は対象ではありません。

・下記の「1 申請資格の有無を確認」を必ずご確認ください。

一般入試(前期)の試験日程

出願期間 1月6日(月)〜1月22日(水)消印有効
試験日
試験会場
2月1日(土) 【本学会場】
東京千住、埼玉鳩山
【サテライト会場】
南浦和、多摩、千葉、武蔵小杉、藤沢
2月2日(日)
2月3日(月)
2月4日(火)
【本学会場】
東京千住、埼玉鳩山
【サテライト会場】
札幌、仙台、宇都宮、水戸、高崎、南浦和、多摩、千葉、武蔵小杉、藤沢、新潟、長野、静岡、名古屋、広島、福岡
2月5日(水) 【本学会場】
東京千住、埼玉鳩山
【サテライト会場】
南浦和、多摩、千葉、武蔵小杉、藤沢
試験日について
【試験日自由選択制】
・2月1日〜2月5日から試験日を選択して、希望する学科・学系を受験できます。
・1試験日に1つの学科・学系を受験できます。
・試験日を変えて、同じ学科・学系を複数回受験できます。
・試験日を変えて、違う学科・学系を複数回受験できます。
・複数回受験した場合、受験回数分合否判定をします。
合格発表日 2月12日(水)

奨学金の申請から給付までの流れについて

申請資格

以下の1〜2のすべての条件を満たしていること。

  1. 2020年度一般入試(前期)を受験し、本学への入学を強く希望する者
  2. 主たる家計支持者(父母のうち収入の多い者)の収入・所得金額が下記のいずれかに該当すること

    ・給与所得者:令和元年分源泉徴収票の支払金額が841万円以下

    ・給与所得者以外:令和元年分確定申告書の所得金額の合計金額が355万円以下
※上記赤字部分を訂正しました(2019.11.01)

出願データ登録の際に、エンジニアのたまご奨学金プラスの「申請する」欄にチェックをつけてください。
※この時点でチェックをつけないと申請ができません。申請を希望される方はチェックの失念にご注意ください。
(申請資格の収入・所得に関する条件を満たさない方はチェックしてはいけません)

申請資格を満たし本奨学金への申請登録を行った者のうち、一般入試(前期)において3教科合計得点率が75%(225点以上 / 300点)以上の者で、本学に入学した者※

※3月11日(水)までに入学手続を済ませること

一般入試(前期)合格発表日(2月12日)付で、奨学生候補者決定の通知をします。

2月13日(木)~2月21日(金)の期間に、奨学金申請書および主たる家計支持者の収入・所得金額が記載されている以下の(1)または(2)の書類を提出してください。
主たる家計支持者とは、父母のうち収入の多い者(父母がいない場合は父母の代わりに家計を支えている者)を指します。

(1)給与所得者は、「令和元年分源泉徴収票」(コピー可)
(2)給与所得者以外は、「令和元年分確定申告書の控え」(コピー可)

※上記赤字部分を訂正しました(2019.11.01)

●詳細は12月1日(日)以降に下記「募集要項」をご確認ください。

入学手続を経て、入学後の5月に正式採用となります。その後6月と9月の2回に分けて給付いたします。

募集要項は、下記よりダウンロードください。

関連コンテンツ

その他のコンテンツ