2020年度前期 履修情報(工学部第二部)

工学部第二部 授業科目配当表

各学科の最新の配当表(2020年度以前入学者用含む)は、以下より確認してください。

人間科学科目の履修に関する注意事項

科目名 アウトドアスポーツA(2017年度以前入学者対象) / アウトドアスポーツB
注意事項 2020年度前期は、「開講せず」となります。 (6/24更新)
科目名 教育学概論
注意事項 カリキュラム年度が2013年度~2016年度の学生は、教職課程履修者のみ受講可能です。

英語科目の履修に関する注意事項

専門科目の履修に関する注意事項

共通科目

科目名 微分積分学および演習I
注意事項 2020年度入学生は別途UNIPAにてクラス分け発表を行います。
なお、再履修者は水6・7限の丸山先生クラスを履修してください。
(再履修者で、水6・7限の履修が難しい場合には、他の時間帯のクラスを履修すること。)


 

科目名 線形代数学I
注意事項 この科目を履修する場合は、所属する学科によらず、必修あるいは選択によらず、また年次によらず次の要領で担当教員を選ぶこと。
 「自分の学籍番号の下2桁」を4で割ったときの「余り」が

  「0」のとき、担当教員 宮崎 のクラスを選ぶこと。
  「1」のとき、担当教員 赤堀 のクラスを選ぶこと。
  「2」のとき、担当教員 池田 のクラスを選ぶこと。 
  「3」のとき、担当教員 國分 のクラスを選ぶこと。 
 

実践知重点科目

科目名 イノベーションヒストリー
注意事項

 この科目は、アクティブラーニグを主体としているため、履修者数を20名までに制限します。(最小実施人数3名)
 第1回目履修登録終了時(5/13)の履修者名簿を基に、20名を超えている場合は抽選を行いますので、履修を希望する学生はプレ履修・第1回目の履修期間に履修登録をしてください。
 第2回目履修登録期間については、削除のみ可能になります。

 また、当科目については開講日を変更します。(第1回目:6月13日)
 詳細は工学部第二部生に配信しているUNIPA掲示または実践知重点課程ウェブサイトの記事をご参照ください。

電気電子工学科(NE)

 
科目名 東京電機大学で学ぶ
注意事項 2020年度のみ、後期に開講いたします。
(新型コロナウィルス感染症への対応)
科目名 卒業研究
注意事項 UNIPAで履修登録・削除はできません。学科で一括して履修登録します。
時間割等に表示される担当教員は学科長になります。
履修の上限単位数に含まれます。

機械工学科 (NM)

科目名 東京電機大学で学ぶ
注意事項 2020年度のみ、後期に開講いたします。
(新型コロナウィルス感染症への対応)
科目名 卒業研究A・卒業研究B
注意事項 UNIPAで履修登録・削除はできません。学科で一括して履修登録します。
時間割等に表示される担当教員は学科長になります。
履修の上限単位数に含まれます。
科目名 機械工作実習
注意事項 授業期間外にガイダンスを行う予定でしたが、新型コロナウイルス蔓延防止に伴うキャンパスロックアウトにより、実施日時は未定となります。
実施日時等決まり次第お知らせしますので、UNIPA掲示や大学ウェブサイトを随時チェックするようにしてください。
科目名 計算機援用設計
注意事項 この科目は、2020年度は開講しません。
科目名 トライボロジー概論(4年後期配当)
注意事項 この科目は、2023年度以降は開講しません。
2020年度1年次入学生は、履修できません。
科目名 人工環境計画
コンピュータリテラシ
ベンチャー企業論
e-ビジネス情報技術

(社会人コース公開科目)
注意事項 これらの科目は、2020年度は開講しません。

情報通信工学科(NC)

科目名 東京電機大学で学ぶ
注意事項 2020年度のみ、後期に開講いたします。
(新型コロナウィルス感染症への対応)
科目名 モバイルシステム技術Ⅰ
注意事項 2020年度より、前期開講に変更となります。
なお、配当年は3年のままで、変更はありません(一般学生課程所属の学生は3年次より履修可能です)。  
科目名 モバイルシステム技術Ⅱ
注意事項 2020年度より、配当年が3年に変更となります(一般学生課程所属の学生は3年次より履修可能です)。
なお、開講期は後期のままで、変更はありません。  
科目名 卒業研究A・卒業研究B
注意事項 UNIPAで履修登録・削除はできません。学科で一括して履修登録します。
時間割等に表示される担当教員は学科長になります。
履修の上限単位数に含まれます。

重複科目の履修に関する注意事項

所定の条件を満たした場合、時間割が重複している科目についても、同時に履修が認められる場合があります。

対象科目 重複履修許可願」記載の科目。
※電気電子工学科は重複履修が認められる科目がありません。
申請方法

重複履修許可願」を記入のうえ、以下の履修申請期間・郵送先に送付してください。
履修申請期間を過ぎての受付は認められません。

【履修申請期間】
4月21日(火)~4月29(水)消印有効

【郵送先】
〒120-8551
東京都足立区千住旭町5番
東京電機大学 東京千住キャンパス事務部(教務担当) 履修受付係事務部レポートボックスへ提出してください。

また、教職関連科目の重複履修については特別な注意事項があります。「教職関連の重複履修希望者」の項目をよく読み、必要な手続きを取るようにしてください。

申請結果発表 5月25日(月)10:00にUNIPAにて発表します。

教職科目の履修に関する注意事項

教職課程
新規履修希望者
【1年生】
教職に関する科目は、1年次前期は履修できません。履修の詳細については、あらためてUNIPA等でお知らせいたします。
 
【2年生以上】
2年生以上の学生で、2020年度前期より新規に教職課程の履修を希望する場合は、4月28日(火)までにWebClassで申し込むようにしてください。
※Webclassログイン後、その他のコースに『2020年度前期_新規教職課程履修希望の申込(2年生以上)』があります。そこから申請するようにしてください。
 
他学部他学科
履修希望者
【1】自学科に教職課程がある教科について(工業、情報)
 
■ケース1 工学部第二部学生があらかじめ指定された他学科科目(自学年以下に配当)を修得
工学部第二部では、あらかじめ指定された他学科科目(自学年以下に配当)※ については、特別な手続きを行うことなく自学科科目と同様にUNIPA上で履修登録することができますが、それで修得した単位は「他学科科目」としての扱いになります。他学科の配当表上で教職コードがついていても教員免許取得上有効な単位としては認められません。
※あらかじめ指定された他学科科目の詳細は、「他学科科目の履修に関する注意事項(全学生対象)」に掲載されているPDFファイルで確認してください。
(例) NE在籍者がNC配当の「ディジタル信号処理」の単位を修得
⇒ NCの配当表上では教職コード「160工業」が付いているが、NE在籍者が当該科目の単位を修得した場合、成績表上では他部科専門選択科目に分類され、当該単位を「教科に関する科目」としてカウントすることはできない。
 
■ケース2 社会人コース学生および社会人課程学生があらかじめ指定された科目以外の他学科科目を修得
社会人コース学生および社会人課程学生は、社会人コース/社会人課程アドバイザーの許可を得た上で、工学部第二部の他学科に配当されている科目のうち、あらかじめ指定された科目以外の科目(すなわち一般コース/一般課程学生は履修不可の他学科科目)を履修することができますが、それで修得した単位は「他学科科目」としての扱いになります。他学科の配当表上で教職コードがついていても教員免許取得上有効な単位としては認められません。
(例) 2017年度入学のNE社会人コース学生がNC配当の「通信法規(一般コース学生は履修不可の他学科科目)」の単位を修得
⇒NCの配当表上では教職コード「160工業」が付いているが、NE在籍者が当該科目の単位を修得した場合、成績表上では他部科専門選択科目に分類され、当該単位を「教科に関する科目」としてカウントすることはできない。
 
■ケース3 一般コース学生が社会人コース公開科目を修得(2017年度以前の入学者)
2017年度以前入学者については、一般コースに属する学生も社会人コース公開科目(自学年以下に配当)を履修することができますが、それで修得した単位は「他学科科目」としての扱いになります。自学科の配当表上で教職コードがついていても教員免許取得上有効な単位としては認められません。
(例) 2017年度入学のNE一般コース在籍者が社会人コース公開科目の「デザイン工学」の単位を修得
⇒ NEの配当表上では教職コード「160工業」が付いているが、一般コース在籍者が当該科目の単位を修得した場合、成績表上では他部科専門選択科目に分類され、当該単位を「教科に関する科目」としてカウントすることはできない。
 
 
※各ケースの履修申請方法の詳細については、履修の手引HPの「他学科科目の履修に関する注意事項」を確認してください。
 
なお、いずれのケースにおいても、自学科以外で履修・修得した単位を教員免許取得上有効な単位とするためには、申請内容等を教職課程担当教員確認の上、教員免許取得上有効な単位として許可を得る必要があります。
各ケースで履修申請した科目を教員免許取得上有効な単位として許可を得たい場合には、4月28日(火)までに、
WebClassで申し込むようにしてください。 
※Webclassログイン後、その他のコースに『2020年前期(工学部第二部)_教職関連の「他学科」履修の申請について』があります。そこから申請するようにしてください。
 
【2】自学科に教職課程が無い教科について(数学)
 
工学部第二部には数学の教職課程がないため、自学科科目の履修だけでは数学の免許は取得できません。しかし、数学の教職課程を有する昼間学部の科目を他学部履修することで数学の免許取得に必要な単位を修得することができます。
 
数学の免許取得が目的で他学部履修を希望する場合、次の手続きを行ってください。
 
履修申請期間中(4月21日(火)10:00 ~ 4月29日(水)23:59)にUNIPAの「他学部他学科等履修申請」より登録をする。
その際、理由の記入欄に、以下のように、1)免許教科(数学)、2)その科目を申請した理由、をごく簡単に記載すること。
例)数学の教員免許取得のため。この科目を申請した理由は、△△のため。
※△△には、科目を申請した理由をごく簡単に記載すること。
 
なお、自学科以外で履修・修得した単位を教員免許取得上有効な単位とするためには、教職課程担当教員による確認の上、
許可を得る必要があります。2020年度前期は、申請内容を基に教職課程担当教員が確認の上、履修の可否が決定します。

 
 最終的な履修可否については、5月25日(月)10:00に、通常の他学部履修と同様、UNIPAにて発表します。
 
教職に関する理由で重複履修を希望する場合、専用の用紙(2020年度 東京千住キャンパス教職課程 前期・通年科目 重複履修許可願)を記入の上、以下の履修申請期間・郵送先に送付してください。
履修申請期間を過ぎての受付は認められません。
なお、例年、教職課程担当教員と面接を行い、その結果で、履修の可否が決定されますが、2020年度前期については、申請理由等を教職課程担当教員が確認の上、履修の可否を判断します。
【履修申請期間】
4月21日(火)~4月29日(水)消印有効

【郵送先】
〒120-8551
東京都足立区千住旭町5番
東京電機大学 東京千住キャンパス事務部(教務担当)履修受付係 
 
集中講義について
以下の集中講義科目については、後日、履修方法等をお知らせいたします。

■2年配当
・教育相談(織田先生)
・特別支援教育(2019年度以降入学生カリキュラム)(岡田先生)
・生徒・進路指導論(伊藤先生)

■3年配当
・特別活動論(福田先生)

なお、集中講義のうち以下の科目はUNIPAで登録できません。履修者は自動的に登録されます。
4年生対象:「教育実習I」「教育実習セミナー」
   
情報科教育法・工業科教育法の配当学年の変更について
2019年度より、全学年において、「情報科教育法」・「工業科教育法」の配当学年が以下の通り変更されました。
 
情報科教育法
(変更前)3年生配当
(変更後)2・3年生配当
 
工業科教育法
(変更前)3年生配当
(変更後)2・3年生配当
 
「情報科教育法」と「工業科教育法」は、2年生から履修が可能ですので、2年生以上で高一種免(情報)または高一種免(工業)の取得希望者は履修するようにしてください。

大学院科目の先取り履修に関する注意事項

対象者 △工学研究科・・・大学院A日程学内推薦入試出願予定者
△未来科学研究科・・・本学大学院への進学意思が明確な4年次生(早期卒業を希望する3年次生)
△システムデザイン工学研究科(設置構想中)・・・大学院A日程学内推薦入試出願予定者
対象科目 PDFファイルをご確認ください。※システムデザイン工学研究科(設置構想中)は、前期先取り履修対象科目はありません。
申請方法 履修申請期間中(4月21日(火)10:00~4月29日(水)23:59)に、
Webclassから申し込みしてください。
※Webclassのその他コースに『(〇〇研究科科目)2020年度前期大学院先取り科目申し込みフォーム』があるので、そこから申請してください。なお、最後に登録したデータを履修希望の科目とみなします(登録は5回まで可能です)
【例】
1回目の登録:A特論・B特論・C特論で申請
2回目の登録:D特論で申請
この場合、D特論のみ履修希望とみなします。

履修願いには承認印が必要となる専攻があります。
△情報通信工学専攻・・・卒研指導教員・専攻主任の承認印
△上記以外の全専攻・・・卒研指導教員の承認印
事務局にてとりまとめて卒研指導教員・専攻主任の承認をもらいます。
申請結果発表 5月25日(月)10:00にUNIPAにて発表します。
単位認定 合格した科目については、大学院の入学をもって自動的に認定されます。
注意事項 ・UNIPAの「授業時間割表」から、履修希望科目に該当する「カリキュラム学科」を選択し、開講曜日時限・教室等を確認してください。授業時間割表に表示されない科目があった場合は、ログイン画面の左下にある【■学外者(シラバス閲覧)】よりログインし、シラバスを検索してください。
・第1回目の授業から出席してください。
・大学院進学までに履修できる科目の単位数は年間8単位です。
・履修制限(半期に履修登録できる上限単位数)には含みません。
・指定された科目以外は履修できません。
・希望者数により履修が認められない場合があります。
・志望先以外の専攻科目は原則として認められません。

他大学科目(東京理工系大学)の履修に関する注意事項

対象科目 芝浦工業大学、東京都市大学および工学院大学で開講されている科目を履修することができます。
申請方法 履修申請期間中(4月21日(火)10:00~5月13日(水)10:00)に「受講を希望する大学」、「履修希望科目」、「講義日程」を各大学のホームページ等で確認していただき、事務部窓口までお越しください。
その際、受入大学に提出する願書添付用の証明写真(4×3センチ)2枚が必要になります。
諸般の事情を鑑み、2020年度前期の本学から他大学への送り出しは中止とします。

【以下の基準を満たす場合、申請可能】
①自分の所属学科に配当がない(内容の類似する科目もない)
②自分の学年次以下に配当されている科目(上級学年次科目は不可)
申請結果発表 履修の可否を学生本人へ連絡します。
※受け入れ大学の判断により履修が認められないケースがあります。

他学部科目の履修に関する注意事項

対象科目 自分の所属する学科に配当がなく(類似科目がなく)、工学部、未来科学部、システムデザイン工学部、理工学部の各学科に配当されている科目のうち、自分の学年次以下に配当されている科目について、人数に余裕がある場合、履修することが出来ます。
情報環境学部の科目は他学部履修の対象外です。 また、昼間学部の2017年度以降カリキュラムに配当されている自然科学概論(A~G)については、今期の工学部第二部生の他学部履修は、一律認められません。

工学部、未来科学部、システムデザイン工学部に配当されている人間科学科目のうち、予め指定された科目で人数に余裕がある場合に限り、履修することが出来ます。希望者が多数の場合は4、3、2、1年の順で抽選を行います。対象科目はPDFファイルをご確認ください。
申請方法 履修申請期間中(4月21日(火)10:00~4月29日(水)23:59)にUNIPAにて登録します。
UNIPAの時間割やシラバスから履修を希望する科目の「授業コード」を調べていただき、メニュー画面の【履修登録】⇒【他学部他学科等履修申請】より申込みが行えます。必ず「申請理由」を入力のうえ、登録ボタンを押してください。
申請結果発表 5月25日(月)10:00にUNIPAにて発表します。
注意事項 初回講義には必ず参加し、授業担当教員に「他学部・他学科履修 希望調書」を2回目の講義終了までに提出してください(昼間学部配当の予め指定された人間科学科目を履修希望の際は、提出は不要です)。この用紙は、授業担当教員に許可をいただくための用紙で、履修の申請とは異なります。(この用紙を授業担当教員に提出するだけでは、手続きは完了となりません。)履修の申請は、DENDAI-UNIPAで行ってください。提出のない場合、申請科目の履修が認められないことがあります。
2020年度前期のみ授業担当教員への「他学部・他学科履修 希望調書」提出は不要となります。
履修の申請は、DENDAI-UNIPAで行ってください。履修申請期間を過ぎての申請は認められません。


授業担当教員が許可をした科目でも、自分の所属する学科に同一名称科目や類似科目等がある場合は、履修が認められません。
他学部・他学科履修が認められるかのご質問は事務部ではお受けできません。

また、教員免許取得のための他学部履修については、特別な注意事項があります。「教職関連の他学部他学科履修希望者」の項目をよく読むようにしてください。

他学科科目の履修に関する注意事項(全学生対象)

対象科目 工学部第二部の他学科に配当されている科目のうち、予め指定された科目で自分の学年次以下に配当されている科目について、履修することが出来ます。
受講可能な科目は、こちらのリストで確認してください。
申請方法 自分の所属している専門科目と同様に、UNIPAにて登録(最終:5月27日(水)17:00)することができます。
注意事項 (1)他学部履修を含め1年間で履修登録できる単位数は自由科目も含め20単位までです。

(2)教員免許取得のための他学科科目履修については、特別な注意事項があります。「教職関連の他学部他学科履修希望者」の項目をよく読むようにしてください。

他学科科目の履修に関する注意事項(社会人コース学生/社会人課程学生対象)

対象科目 工学部第二部の他学科に配当されている科目のうち、予め指定された科目以外を履修することが出来ます。
申請方法

社会人コース学生/社会人課程学生特有の他学科科目履修願」を記入のうえ、以下の履修申請期間・郵送先に送付してください。
履修申請期間を過ぎての受付は認められません。

【履修申請期間】
4月21日(火)~4月29(水)消印有効

【郵送先】
〒120-8551
東京都足立区千住旭町5番
東京電機大学 東京千住キャンパス事務部(教務担当) 履修受付係
 

申請結果発表 5月25日(月)10:00にUNIPAにて発表いたします。
注意事項 社会人コース/社会人課程アドバイザーの許可印が必要です。メール等での相談結果をプリントアウトしたものでも構いません。
・NE科:佐藤 慶介 先生
・NM科:松村 隆 先生
・NC科:齊藤 泰一 先生
初回講義には必ず参加し、授業担当教員に「他学部・他学科履修 希望調書」を2回目の講義終了までに提出してください。この用紙は、授業担当教員に許可をいただくための用紙で、履修の申請とは異なります。
(この用紙を授業担当教員に提出するだけでは、手続きは完了となりません)
提出のない場合、申請科目の履修が認められないことがあります。
2020年度前期のみ授業担当教員へ「他学部・他学科履修・希望調書」の提出は不要となります。
他学部履修を含め1年間で履修登録できる単位数は自由科目も含め20単位までです。ただし、仕事の都合で自学科に配当されている科目を、他学科で開講されている授業で履修する場合は20単位に含みません。
他学科履修が認められるかのご質問は事務部ではお受けできません。

また、教員免許取得のための他学科科目履修については、特別な注意事項があります。「教職関連の他学部他学科履修希望者」の項目をよく読むようにしてください。

転学部試験に関する指定科目

転学部試験に関する指定科目は、以下のPDFファイルを確認してください。
2021年度 工学部第二部からの転学部試験に関する学科指定科目一覧

転学部・編入学・転学科・再入学者等の特別履修に関する注意事項

対象科目 他学部・他学科・上級年次科目
申請方法

転学部・編入学・転学科・再入学者等の特別履修願」を記入のうえ、以下の履修申請期間・郵送先に送付してください。
履修申請期間を過ぎての受付は認められません。

【履修申請期間】
4月21日(火)~4月29(水)消印有効

【郵送先】
〒120-8551
東京都足立区千住旭町5番
東京電機大学 東京千住キャンパス事務部(教務担当) 履修受付係
 

申請結果発表 5月25日(月)10:00にUNIPAにて発表します。

前期末卒業のための通年科目前期末評価実施願

対象者 前期末卒業希望者
対象科目 通年科目を前年度までに少なくとも1年間履修した単位未修得の科目
申請方法

前期末卒業のための通年科目前期末評価実施願」を記入のうえ、以下の履修申請期間・郵送先に送付してください。
履修申請期間を過ぎての受付は認められません。

【履修申請期間】
4月21日(火)~4月29(水)消印有効

【郵送先】
〒120-8551
東京都足立区千住旭町5番
東京電機大学 東京千住キャンパス事務部(教務担当) 履修受付係
 

申請結果発表 5月25日(月)10:00にUNIPAにて発表します。

関連コンテンツ

その他のコンテンツ