卒業生メッセージ:N.M さん

ものづくりの本質を支えている「技術は人なり」の理念

N.M

ヤマト科学株式会社
施設技術部設計一課
N.M さん


2011年3月 工学部 環境化学科 卒業[現 工学部 応用化学科]
2013年3月 工学研究科 物質工学専攻 修了
神奈川県/鶴見女子高校[現 鶴見大学付属高校] 出身

小学生で理科の実験に興味を抱き、理系の大学を目指していました。
電大への進学を決めたのは、オープンキャンパスのとき。模擬講義でのアミノ酸の話にとても魅力を感じました。

大学院までの6年間を振り返ると、研究からレポートの重要性を知り、研究室の定期発表会を通して、理論的思考力や、人前で自分の考えを的確に伝える能力を得られました。また、社会では「期限内に結果を出す」ことが求められますが、そういった姿勢も指導教員からご指導いただき身につけることができました。

現在、ヒュームフードなどの研究設備品や、研究室または建物全体の研究設備設計に携わっています。お客さまのご要望に寄り添える提案をしていく難しさはありますが、非常にやりがいがあります。

将来への展望

いずれは開発にもチャレンジしていきたいと考えています。私が大切にしているのが、技術を生み出すのも、製品を使うのも「人」だということ。感銘を受けた電大の理念「技術は人なり」を胸に、常に人の目線に立ちものづくりができる技術者を目指していきます。

関連コンテンツ

その他のコンテンツ