卒業生メッセージ:O.T さん

大学で築いた基礎が世界初の技術を支えている

O.T

キヤノン株式会社
川崎事務所・周辺機器事業本部/周辺機器第二開発センター
O.T さん


2007年3月 工学部 電気工学科 卒業[ 現 工学部 電気電子工学科]
東京都/帝京大学高校 出身

電大への進学は、以前から抱いていたものづくりへの憧れがきっかけとなりました。また、就職率が高く、かつ業界の幅も広いことにも魅力を感じました。

ものづくりの原点に触れられたワークショップや実験、形のないところから自分の力でものづくりができる研究指導など、技術者として社会で通用するために必要なスパイスで溢れています。また、電大で出会った友人とも交流は続き、いろいろな業界の話を聞くことでお互いのモチベーションを支えあっています。

現在、レーザービームプリンターの電源部の回路設計を担当しています。常に業界初・世界初を達成する技術に取り組むことにやりがいを感じ、電気設計だけでなく、チームの全体の最適化を図るため電気以外の技術にも深く関わるようにしています。今でも大学当時のノートで基礎を見返すこともあり、電気工学科での学びは、電気回路設計の実務で非常に活用できていると感じています。

将来への展望

プリンター事業一つをみても変動が激しい時代、技術者にとって必要なのは「幅広い視野を持ち、変化に対応できる」ことだと感じています。そこを私自身が日々実践するとともに、今後は後進の育成にも注力し、優秀な技術者の輩出に寄与していきたいですね。

関連コンテンツ

その他のコンテンツ