卒業生との連携/卒業生による仕事研究セミナー

卒業生による仕事研究セミナー

卒業生による仕事研究セミナーの風景

毎年2月に開催される本セミナーは、約1,500名の学生が参加する本学最大級のキャリア支援行事です。
多様な企業や職域で働く“本学卒業生”ならではの、リアルな仕事情報やアドバイスを得られる絶好の機会。
将来の方向を定めるきっかけになること間違いなしです。

Step1 セミナー前の事前準備:参加企業を調べ、絞り込みを行う

セミナー前の事前準備の風景

本セミナーに向けて、学内で事前説明会を行っています。
当日に向けてやるべきことを把握した学生たちは、参加企業を調べ、当日に質問したいことを考えます。
セミナーに参加する企業は、誰もが知っている大企業や技術力が高い中堅中小企業。業種も製造業、情報通信業、建設業などさまざまです。
当日、限られた時間の中でたくさんの企業を回れるよう準備を進めます。

Step2 セミナー当日:OB・OGならではの情報を聞く

セミナー当日の風景

事前に調べた情報をもとに、学生たちは興味のある企業のブースへ。
少人数で質問・相談ができるうえ、BtoB※企業など、技術力を持つ企業にも出会えます。
毎年、学生の多くが5~10社以上の話を聞いています。希望する企業に加え、同業他社の話も聞くことができるので、選択肢の幅も広がります。

※ Business to Business : 企業間取引

参加企業数257

Y.Yさん

参加者Voice

工学部 情報通信工学科 4年 Y.Yさん
静岡県/県立浜松西高校 出身
内定先:日本電気株式会社(NEC)

卒業生が親身に応対してくださり、合間に友人と情報交換もできたので、リラックスして5社から話を伺うことができました。第1志望のNECでは、「同業他社ではなく当社を志望する理由を、具体的に」とアドバイスされ、もっと深い企業研究が必要だと気づきました。また、電大生がたくさんの企業に求められているのを肌で感じ、就活を進める自信になりました。

卒業生との強力な連携「電機会」によるバックアップ

本学の卒業生によるネットワークは、「電機会」という形でさまざまな業界・分野で組織されています。
就職活動時には在学生の未来の夢を叶えるために、「電機会」も強力にバックアップします。

卒業生約22万人輩出

多くの卒業生が社会で活躍する東京電機大学。そのネットワークを生かし組織されているのが「電機会」です。
卒業後も大学とのネットワークは強く、在学生は就職活動時に電機会に所属するOB・OGからアドバイスを受けることもできます。
会員数は4,000人を超え、三菱電機会や民間放送校友会をはじめとした民間企業や、教育関係者で構成される教職校友会など、幅広い業界・分野で組織されています。

会員数4,000人を超える「電機会」

(会員数)

1. 教職校友会 1,294
2. 東京電機大学技術士会 382
3. 民間放送校友会 292
4. 三菱電機会 278
5. 関電工電機会 192
6. 錦央電機会 182
7. 沖電気電機会 173
8. 東管支部 159
9. 鹿島建設電機会 120
10. 大成建設電機会 107
11. 明電舎電機会 102
12. 京三電機会 78
13. 長谷工電機会 57
13. 竹中電機会 57
13. 商工懇話会 57
16. 日本電波工業電機会 48
17. アズビル電機会 43
18. 東光電気工事電機会 42
19. 東管神奈川電機会 38
19. 特許電機会 38

[ 2019年3月現在 ]
*ほかにも多くの電機会があります。

東京電機大学の出身者は多種多様な業界で経営者としても活躍しています。

卒業生が現役トップの上場企業(社長・会長クラス)10

アンリツ(株)/亀田製菓(株)/(株)関電工/(株)コーエーテクモホールディングス/(株)駒井ハルテック/(株)システム情報/システムズ・デザイン(株)/シンデン・ハイテックス(株)/スタンレー電気(株)/(株)大気社/テクノホライゾン・ホールディングス(株)/(株)ドウシシャ/(株)トプコン/富士ソフト(株)/不二ラテックス(株)/古林紙工(株)/(株)マイスターエンジニアリング

出典:『東洋経済別冊役員四季報2020年度版』
*上場企業の代表権のあるトップは10名(全国41位)役員は64名(全国52位)。


卒業生が役員を務めている上場企業 64

(株)アイ・オー・データ機器/(株)IDホールディングス/旭有機材(株)/(株)アドバネクス/(株)アドバンテスト/アンリツ(株)/(株)インフォネット/(株)内田洋行/(株)オーネックス/亀田製菓(株)/(株)関電工/栗田工業(株)/(株)コーエーテクモホールディングス/(株)駒井ハルテック/三協フロンテア(株)/(株)GA technologies/(株)システム情報/システムズ・デザイン(株)/新光商事(株)/シンデン・ハイテックス(株)/スタンレー電気(株)/住友電設(株)/(株)大気社/(株)高見沢サイバネティックス/(株)タチエス/(株)チノー/(株)DTS/帝国通信工業(株)/テクノホライゾン・ホールディングス(株)/電気興業(株)/(株)ドウシシャ/東洋電機(株)/(株)トプコン/富士ソフト(株)/ナガイレーベン(株)/日本金属(株)/日本精機(株)/能美防災(株)/(株)ハーモニック・ドライブ・システムズ/ピー・シー・エー(株)/(株)福島銀行/富士ソフト(株)/不二ラテックス(株)/古林紙工(株)/(株)ブロンコビリー/豊和工業(株)/ホーチキ(株)/(株)マースグループホールディングス/(株)マイスターエンジニアリング/マブチモーター(株)/ミサワホーム(株)/ミサワホーム中国(株)/三井金属エンジニアリング(株)/油研工業(株)/(株)理経/リズム時計工業(株)/リョービ(株)/(株)レントラックス/ワイエイシイホールディングス(株)

出 典 :『東洋経済別冊 役員四季報2020年版』

関連コンテンツ

その他のコンテンツ