4年間の就職サポート体制

4年間を通じた徹底的な就職支援体制が、東京電機大学の就職力の強さの理由です。

東京電機大学の「実学尊重」の教育は高度な専門性を持ち社会の中での自分自身のあり方を理解できる質の高い技術者を育成しています。キャリア教育においても、1年次からさまざまな就職支援プログラムを用意し、職業に対する意識を早いうちから育て、学生一人ひとりを最後まで熱心にバックアップします。

1年次 自分について知る

学び キャリア支援(キャリア・ヒューマン教育)
基礎固めと、ものづくりの経験を積む

1年次では、基礎の勉強をしっかり行い理解することで、2年次以降の専門科目履修に備えます。実験・実習、ワークショップなど、ものづくりも行います。
  • 新入生オリエンテーション
  • 学生生活と将来を考える
    キャリア・ヒューマン教育は1年次からキャリア教育の一環として行われるセミナーです。自分の現在と将来について見つめ直し、大学生活を主体的に過ごせるよう支援します。
  • ミュニケーションミニ講座
    コミュニケーションについて理解を深めます。参加者全員が楽しく参加できるワークを通して、話の聞き方、情報発信の仕方について学びます。

キャリアガイドブック

キャリアガイドブック
大学生活から将来のキャリアデザインに至るまで、どのような行動を起こせばよいのか、懇切丁寧に解説するTDUオリジナルのガイドブック。
入学時に配布されます。

2年次 自分の将来について考え始める/社会の中の自分を理解する

学び キャリア支援(キャリア・ヒューマン教育)
専門基礎科目がスタートし、より高度な学びに

2年次では、基礎を身につけながら、より高度な専門科目が始まります。
  • 低学年向けキャリア支援
    「文章力」「コミュニケーション力」「基本マナー」「語学(英語)力」など、幅広い視点から就職活動の前段階となる基礎力をつけています。実体験を交えた先輩によるアドバイスも好評です。
  • キャリアプランを考える
  • インターンシップの理解
  •  

著名人の講演

著名人の講演
さまざまな分野から専門家や著名人を招き、特別講演を行っています。業界の現状や注目の技術、技術者に求められる能力などを知ることができます。

3年次 進路を具体的に考える/コミュニケーション能力を向上させる

学び キャリア支援(就職支援プログラム)
卒業研究テーマと研究室を決定、さらに高度な学びに

3年次ではより高度な専門科目を学びます。また、次年度の研究室、担当教員、研究テーマが発表になり、取り組みたい研究を見つけます。4年進級が決まると同時に、研究室が決定します。
  • 就職ガイダンス(全10回)
  • 卒業生による仕事研究セミナー
  • 仕事研究セミナー(全6回)
  • TDU企業セミナー
  • 企業のホンネ(全6回)
  • 各種適性試験
  • 就活対策講座(全6回)
  • 教職員による個別相談 など
  • U・Iタ ー ン ガ イ ダ ン ス(Uターン・Iターン希望者のためのガイダンス)
  • 女子学生就職ガイダンス(先輩学生・卒業生との懇談形式)

    ※名称や実施回数は、変更する場合があります。

就職手帳

就職手帳
手帳の機能に加え、エントリーした企業を書き留めておく「エントリー企業管理シート」や、就活ノウハウがぎっしり詰まった「就職活動マニュアル」を備えた便利な手帳(TDUオリジナル)。

エントリーシート対策講座

エントリーシート対策講座
エントリーシート対策講座では、エントリーシートや志望動機の書き方、自己アピールの方法を解説します。

4年次 専門知識を深め社会に出る準備をする

学び キャリア支援(就職支援プログラム)
4年間の集大成、卒業研究の発表

卒業研究を開始します。1年間取り組んだ研究成果は、さまざまな形式で発表されます。
  • ビジネスマナーセミナー
  • 語学力強化支援

社会人スターティングブック

社会人スターティングブック
社会に出る前に知っておきたいビジネスマナーや給与の仕組み、就業規則など、これから社会人生活を送るうえで欠かせない情報が満載。

関連コンテンツ

その他のコンテンツ