コロラド大学ボールダー校(アメリカ)

2014.07.10

アメリカ
公用語
英語
留学先
コロラド州立コロラド大学(英語短期研修)
名前
理工学研究科 情報学専攻 
内海 直哉
留学期間
2012 年7月29 日~ 8 月20日

私はアメリカ西部・コロラド州にある州立コロラド大学に約3週間留学しました。留学前は英語が話せないこともあり、3週間の滞在にとても不安がありましたがこのプログラムは、一人ではなく電大の参加者全員で渡米し、生活を送ることができます。参加者とは渡米前にも数回オリエンテーションで顔を合わせることができたのでとても心強く、不安なく出発ができました。

ホストファミリーとの生活

ホストファミリーとの生活

滞在はホームステイで、私のホストファミリーは4人家族+2匹の犬でした。子供二人は既に独立していましたが滞在中は度々家を訪ねてくれました。家族はアウトドアが好きで登山やハイキングにも連れて行ってくれました。私の拙い英語力でも十分に会話が成り立つほど彼らは一生懸命に聞きとり、言葉を選び、話をしてくれました。

コロラドについて

コロラドについて

コロラド州の夏は晴れが多く、日本より湿度が低いので日本の夏と比べ格段と快適な夏を過ごせました。私の滞在していた街は治安も良いため安心して留学生活を送ることができるのではじめて留学する人にお勧めできる地域だと思います。

コロラド大学での生活

このプログラムは、授業と観光が上手く組まれているのも魅力でもあります。基本的には朝にクラスがあり、午後にアクティビティが組まれています。ロッキーマウンテン国立公園やエリッチガーデンテーマパーク(遊園地)、ソンブレロ牧場で乗馬体験と、とても充実した内容です。ロッキーマウンテン公園で見た壮大な自然は日本では決して見ることができません。必見です!!!

このプログラムに参加して

このプログラムに参加して

このプログラムの感想ですが、言語習得に3週間は十分な期間ではありませんでしたが英語ばかりの環境に身を置き、一切の日本語を遮断することによって英語が上達したと感じられます。また、海外の文化に触れることができるのもこのプログラムのポイントです。海外旅行では地元の人たちのリアルな生活に触れることができません。ホストファミリーと一緒に過ごして私はとても貴重な体験をすることができたと思います。