システムデザイン工学部 研究室紹介

VR空間でコントローラに合わせて仮想音源が移動

私たちの研究室では、96個のスピーカーを設置した樽型の装置(音響樽)を用いて、立体音響に関する研究をしています。私の研究チームは、音響樽とVRデバイスを組み合わせ、仮想音源に対応した映像オブジェクトをコントローラを用いて前後左右に動かすことにより、仮想現実で音空間(VR音響)を作るインタフェースを開発しています。

ユーザインタフェースの評価実験を担当

私の担当は、このインタフェースの評価実験です。将来的には、サウンドクリエイターが立体音響をつくるために必要なツールとして実用化されたり、子供向けアミューズメントへ活用されることを期待しています。

仮想音源を操作するVR空間

インタフェースを体験してもらい、「操作性」や「出力 される音」を評価。

関連コンテンツ

その他のコンテンツ