システムデザイン工学部 在校生・教員インタビュー

セキュリティの最先端を学びたくて、電大に

大学入学前からネットのセキュリティに興味を持っていました。本学には、私が所属する情報安全技術研究室の八槇博史教授や未来科学部情報メディア学科の教授など、情報セキュリティについて日本屈指の研究者が揃っており、入学を決意しました。本気で学びたい人にとってはその熱意に応えてくれる、最適な環境だと思います。就職に関しては、セキュリティについてサービスから開発までと幅広く経験できることからヤフー株式会社を志望し、内定を得ることができました。

人工知能によるサイバー攻撃の危険性がテーマ

八槇博史教授の研究室で、「自動プランニングを用いたサイバー攻撃手順の生成」をテーマに卒業研究に取り組んでいます。サイバー攻撃が複雑になる中、将来的にはAI (人工知能)による攻撃手法自動化が行われると考えられています。同時に進化していくと考えられるのが、マルウェアによる攻撃手法です。そこで本研究ではマルウェア自体が社内サーバに侵入した場合を想定し、その攻撃プランに人工知能の一分野であるプランニングを使うことで、攻撃経路の自動生成を試みています。攻撃を知らないと防御の方法も見えてきませんが、相手がAI であるため、予測も容易ではありません。

授業で学んだことに独学で学んだことを加味して、さまざまな予測を立てています。最終的には想定される攻撃経路から自律型マルウェアによる攻撃の危険性について考察することがこの研究の目標です。

Side Story

Microsoft が主催する世界規模の学生リーダーシッププログラムに参加。「Microsoft Student Partner」として、IT スキルを生かして、学生にMicrosoft のテクノロジーを伝えることを目標にして活動しています。

学外プログラムで、他大学の学生と交流学外プログラムで、他大学の学生と交流

社会の安全に役立つ情報セキュリティ技術を研究

八槇 博史 教授八槇 博史 教授 情報安全技術研究室

当研究室では、ネット犯罪やサイバー攻撃など、コンピュータやインターネットの発展に伴うさまざまな社会問題に対して、人や社会の安全を実現する情報技術を追求することをテーマとした研究を行っています。

たとえば、特定の企業や組織を対象とした「標的型攻撃」と呼ばれるサイバー攻撃にAI (人工知能)の技術が悪用された場合、どのようなセキュリティ上の懸念があるのか。逆にどのような方法で防ぐことができるのかを、コンピュータネットワークの仮想環境を構築して検証を行っています。

また、遺伝的なアルゴリズムを組み込むことにより、自ら進化して有効な攻撃方法を割り出すコンピュータウイルスの研究を行っています。これにより、システムの脆弱性をいち早く発見し、攻撃に先回りして対処することが狙いです。

新しいテーマとしては、人間と機械のコミュニケーションに取り組んでいます。これまで、人間と情報世界の接点はパソコンやスマートフォンなどの情報機器に限られていましたが、近年ではロボットカーやドローンなどの自律的に動く機械が人間の生活空間に入ってきていることから、どのように安全を実現するかが注目されています。そのため、ドローン自身が動く方向を周囲の人間に伝えたり、逆に人間が「こちらに来てほしくない」などの意思を、ドローンに伝えるためのコミュニケーション方法を研究しています。

情報セキュリティをはじめとした、「情報安全技術」は単体の技術ではありません。システムの安全を守るためにはハードウェアやOS、アプリケーション、ネットワークなどのあらゆる技術に精通している必要があります。学ぶことが多く大変な分野ではありますが、それだけにやりがいがあるのではないでしょうか。

八槇 博史 教授 研究発表研究室では、ドローンやお掃除ロボットなど、自律移動を行う機械のセキュリティに関する研究を進めています。これにより、どのようなリスクやセキュリティ対策があるのかを分析します。

関連コンテンツ

その他のコンテンツ