平成29年度第1回 CRCフォーラム開催のお知らせ

2017.09.02

平成29年10月13日(金) 平成29年度第1回CRCフォーラムを開催!!

『宇宙から見た地球環境の変化』
  ~これからの環境、防災、エネルギーを考える~

平成29年10月13日(金)13:40~
 ・基調講演
 ・研究概要紹介
 ・ポスター発表 を予定しております。
基調講演では、衛星から森林の観測、その意義、国際調整を通しての地球温暖化阻止に向けての活動を行なっている専門家にお話を頂きます。
また本学の研究者による研究概要紹介、また本学学生によるポスター発表を行います。

【9/20更新】講演タイトルが確定しました。

【基調講演】
 ◆ Dr. Ake Rosenqvist (solo Earth Observation (soloEO))

   Forest observation from the space
    - Satellite Radar Remote Sensing in Support of International Environmental Conventions –
    宇宙からの森林観測  - 衛星レーダーリモートセンシングと国際環境取り決め –
    (日本語で講演致します)

 ◆ 島田 政信(東京電機大学 理工学部 建築都市環境学系 教授

    「 宇宙からの地殻変動観測 」

【研究概要紹介】
 ◆ 椎葉 究(東京電機大学 理工学部 生命理工学系 教授
   「 生物を利用した環境保全とバイオエネルギー生産 」

 ◆ 小林 亘(東京電機大学 研究推進社会連携センター 教授)
   「 オープンデータとインフラ・防災 」

 ◆ 加藤 政一(東京電機大学 工学部 電気電子工学科 教授)
   「 再生可能電源大量導入時の 電力システムの課題とその対策 」

【ポスター発表】
 各研究室所属の学生のよる研究成果発表(7件)

 基調講演者プロフィール
   1961年1月13日生まれ、スウェーデン国籍、王立工科大学修了(1988)、東京大学工学博士(1997)、
   スェーデン宇宙公社勤務(5 年間)、JAXA Earth Observation Research Center 勤務(9年間)、
   欧州連合の研究所 EU Joint Research Center 勤務(6年間)、その後日本ソロ地球観測会社 CEO(2009〜)
   主たる業務は、京都炭素観測計画プロジェクトの推進、 JAXAの地球観測衛星運用の支援、
   ラムサール計画の技術アドバイザー、JAXAの行う衛星を用いた森林観測(GFOI Methods and Guidance Advisory Group member)を推進




-参加お申し込み・お問合せ先-
※参加ご希望の場合は、Eメールでお申し込み下さい。
[研究推進社会連携センター 研究推進部]
TEL 03-5284-5230 email : kenkyu-k@jim.dendai.ac.jp

日時・場所

日 時 : 平成29年10月13日(金)13:40 ~ 17:30(予定)
場 所 : 東京千住キャンパス5号館2階 セミナールームにて
      鳩山キャンパス、千葉NTキャンパスにも中継(予定)

-会場(東京千住キャンパス)アクセス-
 最寄り駅 : JR・東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線—東京メトロ半蔵門線乗入)・
 千代田線・日比谷線・つくばエクスプレス「北千住」駅、東口(電大口)徒歩1分
 京成本線「京成関屋」駅より徒歩7分