本学学生が考案した「おたりスマートソンプロジェクト」が日本経済新聞(北関東・信越版)に掲載

2019.08.08

長野県北安曇郡小谷村、KCCSモバイルエンジニアリング(KCME)と本学が連携して進めている、⽔⽥⽔位監視システム(CMS for Paddy)の実証実験の様子が、8月7日の⽇本経済新聞(北関東・信越版)に掲載されました。

長野県小谷村、水田の水位監視システムの実証実験

本記事では、KCMEと本学が共同で開発したシステムやシステムの開発に携わった情報環境学科、
知的情報空間研究室 所属の河⻄達彦さん、西垣一馬さんの発案の経緯が紹介されています。


⽔⽥⽔位監視システムについての他の記事はコチラ:

・「おたりスマートソンプロジェクト」農業IoTで始動
 -学生アイデアを社会実装、産官学連携で地域課題解決を目指す-


・Spacetide 2019に出展
 情報環境学科の河西さん西垣さんが開発したプロトタイプが「SPACETIDE 2019」に展示


・情報環境学科の西垣さん、河西さんが「Sigfoxで生活を楽しくするIoTアイデアコンテスト」プロトタイプ部門で受賞