事務職員の声3

※記載内容は筆者が東京千住キャンパス事務部在籍時のものです。(現職は総合メディアセンター)

1.担当業務内容を教えてください。

03_事務職員の現在の担当業務内容

主に大学院工学研究科と未来科学研究科の教務業務を担当しています。具体的には、時間割の策定支援や履修登録の準備、成績処理、修了判定等、授業運営に関する全般の仕事に携わっています。

また、昨年度からは大学の様々な情報を収集・分析し、教育改善や経営の効率化等につなげるインスティテューショナルリサーチセンターの仕事を兼務しています。

2.仕事のやりがいや楽しさ・今後の夢を教えてください。

03_事務職員の仕事のやりがいや楽しさ

教務の仕事では、履修準備や成績処理など決められたことを正確にこなすルーティンワークも求められますが、新しい教育の仕組みや枠組みを提案する機会も多くあります。

教員と議論を重ねる中で、自身の提案が理解・採用されて実際の教育の現場に取り入れられた時はやりがいを感じます。現在は、大学院の教育をより体系化していくための仕組みづくりについて検討を進めています。

3.東京電機大学の職員を目指す方へ向けたメッセージをお願いします。

03_東京電機大学の職員を目指す方へ向けたメッセージ

大学という自由な雰囲気の中で人間の成長の場に身を置けるのは、この仕事の大きな魅力の一つだと思います。また、大学職員というと学生と接する仕事のイメージがあるかもしれませんが、実際の仕事は多岐に渡り、求められる能力も部署や担当によって大きく異なります。その分、活躍できるフィールドも幅広く、新しいことを学ぶことが好きな人には魅力的な職場だと思います。

関連コンテンツ