理工学部

情報システムデザイン学系

情報システムデザイン学系では、複雑化・高度化する社会環境において、情報、ネットワークから、芸術、アミューズメントまで文理複合的視点から幅広い分野の教育・研究を行い、情報システム技術を駆使し、幅広い視野から自律的に分析・判断・企画・行動できる実践力とコミュニケーション力を備えた情報のスペシャリストを養成します。

“ITの知見や技術を存分に学べた埼玉鳩山キャンパス”

情報システムデザイン学系の学び

コンピュータソフトウェアコース

ソフトウェアとハードウェアに関する専門科目を通じて、ソフトウェア開発に必要な基礎的な知識・技術を身につけます。

情報システムコース NEW

グローバルな視点から、情報システムの構造設計および運用方法、社会におけるそれらの利活用に関する知見を身につけます。

知能情報デザインコース NEW

人間の脳と心の働きを理解し、人間中心設計に基づいたシステム設計・評価、問題発見・解決のための能力を身につけます。

アミューズメントデザインコース

さまざまな情報コンテンツの企画・制作の実践を通じ、感動と喜びをデザインするための問題発見・解決能力を身につけます。

学びのポイント

自分の適性や希望に合ったカリキュラム
情報学は、数学、工学、人文科学、芸術学など、多彩な内容を扱う、学際的な学問です。通常の情報系学科では入学時点で学ぶ内容が決まり、変更はできません。その点、情報システムデザイン学系では、1年次に基礎を学んでから、2年次から興味ある分野(コース)を選ぶことで、自分の適性や希望に合った情報学が学べます。
幅広い分野で構成された多彩な教員
各コースを構成する教員は、それぞれの分野の専門家の集まりです。数学者もいれば、エンジニア、心理学者、さらに芸術家もいます。それぞれのコースを構成する教員が提供する専門性の高い科目を学ぶと同時に、他コースの多彩な科目を学ぶことを通して、文理複合的な幅広い視野を持った情報技術者を育成します。
少人数教育と充実した研究設備で培う社会人基礎力
1年次のゼミ、2・3年次の実験・実習、4年次の卒業研究などを業界標準の機器やソフトウェアを使って、少人数グループで行っています。これにより問題発見能力、グループでの解決能力、情報メディアを駆使したコミュニケーション能力など、社会に出て活躍できる基礎的な能力を培う教育を行います。

情報システムデザイン学を通して見る近未来

カリキュラム一覧
カリキュラム図表
カリキュラム図表

PICK UP

  • 情報学基礎実習

    人とコンピュータの接点となる計測、制御に関する実験やコンピュータとの関わり方、データの整理やレポートの書き方など大学での学びの基礎となるスキルを身につけます。また、各コースの基礎を体験することで、的確なコース選択が行えるようになります。

  • 2D・3DゲームプログラミングⅡ

    ゲーム制作におけるプログラミング技術を実践的に学びながら、シューティング、パズル、アクションゲームなど、さまざまなゲームを短期間で数多くつくります。画像、音楽、プログラムを創作して、パソコンで動くオリジナルゲームをつくりましょう。

研究室一覧
めざせる資格
  • 社会調査士
  • 情報処理技術者試験
  • CG-ARTS検定
  • 色彩検定®(2級)
  • 技術士補 など
情報システムデザイン学系で推奨する教育職員免許状
主コース・副コースが情報システムデザイン学系
  • 高等学校教諭一種免許状(情報)
主コースと副コースが情報システムデザイン学系と理学系
  • 高等学校教諭一種免許状(情報)
主コースが情報システムデザイン学系で副コースが電子工学系
  • 高等学校教諭一種免許状(情報)
卒業後の就業者の業種別割合
卒業後の主な進路・就職先
  • 日立システムズ
  • NTT データ
  • 映像システム
  • セガ
  • コナミ
  • カプコン
  • コロプラ
  • 凸版印刷
  • 大日本印刷
  • JR 東日本
  • 三菱電機
  • NEC
  • 東芝
  • ヤマハ
  • ローランド
  • 日立製作所機
  • 日本テレビ
  • 沖電気工業
  • クラリオン
  • 京セラ
  • ドコモCS
  • 富士ゼロックス
  • 東京都高校教員
  • 地方公務員(新宿区役所・小田原市役所)
    など
卒業生の大学院進学状況

37名 (2016年3月卒業実績)
男子 33名 女子4名
進学率 20.9%

ページトップへ戻る