CRC長挨拶

社会的課題のソリューションを提供するCRC

髙橋 時市郎東京電機大学
研究推進社会連携センター長
髙橋 時市郎

東京電機大学では、皆様の将来の夢の実現、新しい産業の創出を目指して、非常に幅広い分野にわたって最先端技術の研究開発を進めています。その中核を担っているのが、研究推進社会連携センター(Center for Research and Collaboration:通称CRC)です。
 CRCは、総合研究所、研究推進部、地域連携推進センター、産官学交流センター(承認TLO)の4つの部門から構成されています。研究戦略の立案、研究活動の推進から研究成果の社会還元までを担っています。中でも、社会的ニーズの高い、エネルギー・環境、生体医工学、情報、安心・安全の4つの研究分野を重点化領域として定め、日々精力的に研究開発を進めています。

一例を挙げますと、情報化社会が急速に進む一方で、その社会基盤を脅かすサイバー攻撃の問題が深刻化しています。本学は、平成27年度より『国際化サイバーセキュリティ学特別コース(文部科学省高度人材養成のための社会人学び直しプログラム選定・履修証明プログラム)』を開講し、世界最先端の情報セキュリティ技術の教育と研究開発に取り組んでいます。

また、本学がもつ知的財産を活用した中小企業支援にも努めています。平成28年度、『大学広域連携による中小企業知的財産支援サービス事業』が経済産業省の「地域中小企業知的財産支援力強化事業」に採択されました。この事業では、信用金庫の顧客である中小企業に知財や知財経営の重要性を認識して頂くセミナーの開催とともに、各企業の課題を本学の知財や研究ノウハウで解決する取り組みを推進しています。

研究推進社会連携センターでは、企業や官庁での経験豊かな研究コーディネーター、産学連携コーディネーターを各研究分野に配して、皆様からのお問い合わせ・技術相談に迅速にお応えできるように努めています。

科学技術は日進月歩で発展しています。本学の最先端研究成果・実用化技術が皆様の夢の実現への第一歩としてお役に立つことを願って止みません。

関連コンテンツ