コーディネーター紹介

研究推進社会連携センター産官学交流センターでは、3名の研究コーディネーターと4名の産学連携コーディネーターを配置し、「産」と「学」を繋げる橋渡しに取り組んでいます。

実施許諾、研究の委託、技術相談など、適宜ご相談をお受けしています。ご関心のある方は、下記のご依頼フォームか技術相談申込書にご記入の上、お送りください。

スタッフ紹介

技術移転のさらなる促進を目指して

亀井隆夫研究コーディネーター
亀井 隆夫

「強みを活かした新事業を立ち上げたい」「効率を上げたい」「うまくいかない技術的課題を解決したい!」と思った時、あなたならどうしますか? 自社に研究所があればよいですが、無ければご近所の大学があなたの研究所です。もちろん企業の研究所の方も大学は強い昧方です。コーディネーターは、企業の皆様の困っている内容をよく聞き、要素技術に分解整理し、最適な大学の知とワンストップで引き合わせます。
 一方、コーディネーターが研究の初期段階から技術移転完了まで、研究工程を一貫して研究支援、実用化支援をしていく活動にも、本年度から着手していきます。これは、社会や企業のニーズが多く、かつ、大学が保有する強いシーズをテーマに設定して、大学から積極的に企業の皆様に研究成果をPRして、技術移転を促進していくものです。ぜひ、大学からのセミナー、展示会の案内が届いたときは、ご参加ください。

困った事があったら、先ずはご相談にお越しください

安江 準二研究コーディネーター
安江 準二

大学は、「敷居が高くて行きづらい」という事をよく伺います。
でもそんなことはありません。「本当に気楽に先ずは一声掛けてみて下さい。」皆様からのご連絡、お問い合わせをお待ちいたしております。
 東京電機大学は「電機」となっておりますが、化学や医療に近い事柄を専門とされる先生方も沢山いらっしゃいます。先ずは一声が大切です。
 企業様の新しい事業展開のヒントやお困り事の解決に少しでもお役に立てる事ができるとしたら、私たちの大きな喜びであります。「一期一会」を旨として、皆様とお会いできますこと、楽しみにしております。

未来ニーズに応えた産学官の連携の促進

大嶋コーディネーター特別専任教授
大嶋 清治

人工知能、再生医療、先端ロボット、機能性繊維、自動走行、クリーンエネルギー等の様々な分野でイノベーションが進展しています。そのイノベーションに勝ち抜いていくためには、国の政策も活用しつつ、広く知識と経験を求めて活発にオープンイノベーションを形成していくことが望まれます。東京電機大学には、電気電子、機械、情報、通信、建築、化学等の広範な分野に総勢360人の熱心な研究者が在籍しており、一人でも多くの方と未来の社会ニーズを踏まえ、人間的ふれあいの有る魅力的な連携を形成して参りたいと考えます。現実的課題対応にとどまらず長期的な研究推進についても、一緒に手を携えていければ幸いです。連携についてお話しする機会をいただければと存じます。

新しいものをつくるときにお役に立てれば

鈴木啓介産学連携コーディネーター
鈴木 啓介

新しいものを作るのは皆さんご自身です。でも同じものが既に有るかも知れません。特許になっているかも知れません。よく調べてみましょう。もっと工夫ができるかも知れません。他のやり方で解決できるかも知れません。ご相談にいらしてください。他のやり方を考えるときに東京電機大学の先生の研究が役立つかも知れません。先生の研究内容はインターネットで大よそわかります。同じ技術課題でも、先生によってアプローチのしかたが異なります。皆さんが共感できる先生がおりましたら確かめに来てください。皆さんと先生が分担して研究や開発を行い実用化していくこともあります。ぜひ東京電機大学の研究成果をご活用いただき、新しいものを作ってください。技術テーマを選んで講演会や勉強会を行っております。ご参加いただき技術課題を知りその解決策を探ってみてください。

シーズからニーズへの「かけはし」となるために

許斐信介産学連携コーディネーター
許斐 信介

宇宙や海洋をはじめとし、様々な分野で新しい技術が生まれ、建築・情報・医療および介護など数多くの分野で、みなさまの安全・安心および豊かな暮らしに役 立っております。そんな新しい分野の研究・開発のお手伝いを、積極的に行ってまいりたいと、産学連携コーディネーターに就任いたしました。企業や大学が持 つシーズを育て、多くの皆様のニーズに添えるよう活動してまいりたいと思っております。
未来を支えるアイデアや技術があれば、ぜひお気軽にお声がけしていただき皆様とともに研究・開発を推進するお手伝いをさせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

ご連絡ください。お役にたてるかもしれません

平野CD産学連携コーディネーター
平野 智

大学の技術シーズを事業化するためには多くの障壁が立ちはだかっています。「ものづくり」に係る事業化・産業化を担う企業様は、大学のシーズ技術に対して、品質・信頼性・安全性・製造性・市場性等が不明なことから導入を逡巡することが多く見受けられます。また、国の方針を優先し、大学という閉鎖された機関において進められた研究開発はエンドユーザの要望が活かされておらず、独りよがりで世間に受けられるものが非常に少ないという事実も、企業様における事業化を逡巡させる一因となっているとの批判が多くされています。
そのような企業様の危惧を払拭すべく、社会・現場から湧き立つ声に耳を傾けて、身近な技術、近い将来に実現される技術に対してエンドユーザを含めた企業様と精力的に取り組んでいきます。

実用化のタイミングを逃さないためにご支援します

古曳CD産学連携コーディネーター
古曳 孝明

実用化するために必要な技術を一つの企業で開発するには、莫大な投資と時間を要します。
特に時間は重要で、企業にとって市場の要求にマッチした商品をタイミングよく投入することは、その事業の継続に影響するからです。その実用化のタイミングを逃さないために、選択肢の一つとして大学シーズの活用があります。
東京電機大学では、あらゆる分野の研究が進んでおり、その研究成果を積極的に社会に還元することに務めています。
まずは、私共の産学連携コーディネーターにご相談ください。実用化を実現するためには、いくつかのハードルがありますが、伺った内容から必要な技術を選択し、企業様と共に実用化に向けたシナリオを作成し、ゴールに向けて一緒に頑張りたいと思います。

関連コンテンツ