今までも、そしてこれからも、“ ものづくり” は社会の根底を支える重要な要素。その中において工学は、科学技術の教育・研究の中核をなす分野であると言えるでしょう。工学部では実学を尊重し、実習やワークショップを特に充実させることで専門的な知識・技術の習得を実現。加えて、その多彩なカリキュラムにより、今後の日本を担う技術者に必要とされる倫理観をも身につけることができるよう配慮しました。本学の教育・研究理念「技術は人なり」のもと、今後の社会の発展に貢献できる人材の育成を目指していきます。

学部の特徴

工学部での学びについての図

本学では手厚いサポートのある基礎教育、充実した実験、実習、ワークショップ、さらに幅広い専門科目と卒業研究の3段階で教育課程を編成。全学年を通じ、講義で修得した知識の理解を深め、かつ基礎技能を体得できる「実験・実習」を用意します。本学部は、技術者として実社会で活躍できる力を育むために「ワークショップ」や「キャリア関連科目」などの参加型科目も充実。低学年次では工学の基礎知識・技能をしっかりと修得し、さらに社会人としての基本的な素養やキャリア意識、及び技術者として必要な倫理観を身につけます。高学年では、現代的なニーズを意識した幅広い専門科目群を用意。卒業研究では、その過程を通じて創造的学習活動を展開し、多分野で課題が解決できる技術者を養成します。

Point 1 アクセス便利なキャンパスで工学の王道を学ぶ

6路線が乗り入れる、都心と周辺都市を結ぶ重要なターミナル駅「北千住駅」徒歩1分の極めて好立地にある東京千住キャンパスで、工学の王道と言える主要分野を学びます。

Point 2 高い就職率を支える実力教育

産業界や社会のニーズに対応する知識や技術を身につけるための授業を多彩に用意。この実力教育により実社会で活躍できる優れた人材を輩出し、高い就職率を誇っています。

Point 3 入学前から卒業までレベルに応じて学ぶ意欲をバックアップ

新入生の不安を解消する「入学前教育(数学・英語)」をはじめ、「学習サポートセンター」や「東京電機大学で学ぶ」「フレッシュマン・セミナー」などの導入教育は学ぶための土台となり、さらにそれを基礎に飛躍させる教育へと続き、学生をとことんサポートします。

工学部の学びを動画で知ろう!

関連コンテンツ

その他のコンテンツ