工学部での学び

工学部での学びについての図

工学部では、手厚いサポートのある基礎教育、充実した実験、実習、ワークショップ、さらに幅広い専門科目と卒業研究の3段階で教育課程を編成しています。全学年を通じて用意された、「実験・実習」で、講義で修得した知識の理解を深め、かつ基礎技能を体得します。そして、充実した「ワークショップ」や「キャリア関連科目」などの参加型科目を通して技術者として実社会で活躍できる力を体得します。低学年次では工学の基礎知識・技能をしっかりと修得し、さらに社会人としての基本的な素養やキャリア意識、および技術者として必要な倫理観を身につけます。高学年次では、現代的なニーズを意識した幅広い専門科目群から自分の興味関心やキャリアデザインに合った科目を選択し、専門性を深めます。また、卒業研究の過程を通じて創造的学習活動を展開し、他分野で課題を解決できる技術者としての第一歩を踏み出します。

Point 1 アクセス便利なキャンパスで工学の王道を学ぶ

東京千住キャンパスは、6路線が利用でき、都心と周辺都市を結ぶ重要なターミナル駅「北千住駅」徒歩1分の極めて好立地にあります。演習や研究での企業との連携、実務経験、就職活動にも有利な環境です。最新技術を導入した最先端のキャンパスで、工学の王道と言える重要分野を学びます。

Point 2 実力教育で納得の就職と多彩な活躍の場を得る

産業界や社会のニーズに対応する知識や技術を身につけるための多彩な授業が用意されています。この実力教育による優れた人材育成による高い就職率と卒業生の実社会での活躍は本学部の誇りです。工学の本質を学び、活躍分野を飛躍的に広げましょう。

Point 3 入学前から卒業までレベルに応じて学ぶ

新入生の不安を解消する「入学前教育(数学・英語)」をはじめ、「学習サポートセンター」や「東京電機大学で学ぶ」「フレッシュマンセミナー」などの導入教育で大学ならではの学びの土台を獲得します。そしてそれを基礎として飛躍のための実力を体得していきます。

工学部の学びを動画で知ろう!

関連コンテンツ

その他のコンテンツ