工学部第二部は、実社会で真に必要とされる高い能力を備えた技術者・研究者を養成するための教育を展開し、一人ひとりのライフスタイルにも対応できる充実したカリキュラムを備え、工学の基礎と実践的な技術の修得及び広い視野を育てることを目指します。
 以上の考えに基づき、本学部を志望する理由が明確で、かつ入学後どのようなことを学びたいか明確であり、働きながら学ぶ意欲のある学生を受け入れます。

電気電子工学科

 電気電子工学はすべての産業に関わる基幹分野であり、生活の基盤となり、環境問題や福祉の発展にも寄与する重要な学問です。
 工学部第二部の電気電子工学科は、エネルギーやエレクトロニクス、回路、制御システム、コンピュータ、電子材料など多岐にわたる科目を用意し、豊かな未来を創造できる有能な技術者を養成します。
 この理念に共感し、電気電子分野に強い興味を持つ学生を受け入れます。

機械工学科

 工学部第二部の機械工学科は、未来を切り開く先端技術と、そのベースとなる基礎知識を確実に修得させた上で、さらにそれらを応用し、新技術の開発までを視野に入れた教育研究を展開していきます。低学年次から開始する豊富な実験・実習により、学生は「もてる知識の使い方、いかし方」も身につけることができます。
 この理念に共感し、機械工学やその周辺技術に強い興味のある学生を受け入れます。

情報通信工学科

21世紀の科学技術の中で、情報通信技術は中心的役割を担っており、その発展が大きく期待されています。
 工学部第二部の情報通信工学科は、情報系技術、通信系技術、情報メディア系技術の3つを柱にカリキュラムを編成し、「情報通信」について総合的に学ぶことで、学生の知力と意欲をさらに伸ばしていきます。
 この理念に共感し、情報通信工学に特に強い興味のある学生を受け入れます。

工学部第二部は、本学部の教育目標を達成するため、以下のように教育課程を編成し、実施します。

(1)工学の3つの専門分野において、現実的ニーズを意識した専門科目を用意し、学科ごとにその教育目標を達成させるために講義、演習、実験・実習を体系的に配置します。また、大学院進学を志望する学習意欲の高い者には、大学院の先取り科目を設置すると共に、各種の資格取得を目指す者には、資格関連科目(教職課程科目を含む)を配置します。

(2)専門知識と専門技能を活用して課題解決ができる能力を涵養するため、多数の実験・実習科目を配置します。

(3)理工系の基礎知識を涵養するために、物理、化学などの工学の基礎となる科目を配置します。また、多様な背景を持つ学生に対応して、数学、英語科目では習熟度別クラスで基礎学力を固めます。

(4)豊かな人間性、実践的な技術者としての倫理性を培うことを目的として様々な人間科学科目を配置します。

(5)グローバルな環境で意思疎通ができる能力を涵養するため、英語科目のみならず、コミュニケーション力などの汎用的能力を培う科目を配置します。

電気電子工学科

工学部第二部電気電子工学科は、本学科の教育目標を達成するため、以下の方針に基づいて教育課程を編成し、実施します。

(1) 電気電子工学分野の基礎理論・知識を確実に修得するため、電気回路系科目、電磁気学系科目、数学系科目の一部を必修科目として低学年に配置すると共に、基礎科目として修得するのが望ましい科目を選択科目として配置します。また、重要な基礎科目については、講義に加え演習も行います。さらに、基礎応用科目として、電力・電気機器分野、電子システム分野、電子デバイス分野などの専門科目を、高学年の選択科目として配置します。また、電気主任技術者をはじめとする電気電子工学分野の重要な資格取得のための科目に加え、工業および情報の教職科目を配置します。

(2) 多数の実験・実習科目を開設し、専門知識と専門技能を活用して課題解決ができる能力を涵養します。

(3) 理工系の基礎知識を涵養するために、数学、物理、化学などの共通教育科目を配置します。さらに、コンピュータ・情報システムの基礎と応用を学ぶための科目を配置します。なお、多様な背景を持つ学生に対して、数学科目では習熟度別クラスで基礎学力を固めます。

(4) 技術者として将来活躍するための基盤として、豊かな人間性や科学技術者としての倫理観を培うことを目的とした科目群を人間科学科目として配置します。

(5) グローバルな環境で意思疎通ができる能力を涵養するために、英語科目に加え、専門科目においても、コミュニケーション力やプレゼンテーション力などの汎用的能力を養う科目を配置します。なお、多様な背景を持つ学生に対して、英語科目では習熟度別クラスで基礎学力を固めます。

機械工学科

機械工学科は、本学科の教育目標を達成するため、「手厚いサポートのある基礎教育」(安心教育)、「充実した実験、実習、演習」(実力教育)、さらに「幅広い専門科目と資格関連科目」(飛躍教育)の3 段階で教育課程を編成し、実施します。

(1) 機械工学分野において、現代的ニーズを意識した幅広い専門科目を用意し、その教育目標を達成させるために講義、演習、実験・実習を体系的に配置します。また、成績優秀者や学習意欲の高い学生には、大学院の先取り科目を設置すると共に、各種の資格取得を目指す学生には、資格関連科目(教職課程科目を含む)を配置します。(安心・実力・飛躍教育)

(2) 専門知識と専門技能を活用して課題解決ができる能力を培うために、多数の実験・実習科目を配置します。(実力教育)

(3) 理工系の基礎知識を涵養するために、幅広く物理、化学、生物などの共通教育科目を配置します。また、数学、英語科目では習熟度別クラスで基礎学力を固めます。(安心教育)

(4) キャリア科目を配置し、キャリア意識を培うとともに、豊かな人間性、科学技術者としての倫理性を培うことを目的として人間理解、社会理解、技術者教養などの科目群のもとに人間科学科目を配置します。(安心・実力教育)

(5) グローバルな環境で意思疎通ができる能力を涵養する科目を配置すると共に、英語科目のみならずコミュニケーション力などの汎用的能力を培う科目を配置します。(実力・飛躍教育)

情報通信工学科

工学部第二部の情報通信工学科は、質の高い情報通信分野の専門技術者・研究者を育成することを目的として、以下の方針に基づいて教育課程を編成し、実施します。

(1) 基礎学力を柱とし、情報通信工学分野の基礎を学び、さらに、情報通信システム、マルチメディア処理、コンピュータネットワーク、コンピュータ応用技術の各分野を系統的かつ専門的に学習できるように、教育課程を編成、実施し、さらに資格関連科目(教職関連科目を含む)を配置します。

(2) 演習、実験、実習を重視し、すべての年次でコンピュータ関連科目及び講義科目と連携した実験科目を配し、基礎力、実践力、思考力、豊かな想像力を確実に養成しつつ、学習意欲の高い学生の実力と個性を伸ばす教育プログラムを提供します。

(3) 理工系の基礎知識をつけるために、微分積分学、線形代数学、確率統計学などの共通教育科目を配置します。

(4) 情報通信分野におけるキャリア意識を培うために、社会人コース公開科目を配置します。

(5) グローバルな環境で意思疎通ができる能力をつけるために、コミュニケーション力やプレゼンテーション力などの汎用的能力を培う科目として、コンピュータリテラシを配置します。

共通教育

<人間科学科目>

(1)科学技術と人間・社会との関わりを理解し、科学技術者として、また良識ある社会人として必要な教養を身につけ、豊かな人間性と倫理性を培うために、技術者教養科目群、人間理解科目群、社会理解科目群、スポーツ・健康科目群を配置します。

(2)グローバルな環境で意思疎通ができる能力を涵養するためにグローバル教養科目群を、コミュニケーション力などの汎用的能力を涵養し、また科学技術者としてのキャリア意識を培うために、ジェネリックスキル・キャリア科目群を配置します。

<英語科目>

(1)英語科目では、1年次・2 年次の基幹科目群において、個々の学生の英語力を最大限に向上させるために、習熟度別クラスを配置します。

(2)2年次以降の発展科目群においては、基礎学力の備わった学生を対象に、コミュニケーション能力を向上させるために、技能別の演習科目を配置します。

(3)3年次においては、プレゼンテーションやビジネスにおけるコミュニケーションをはじめとする様々な場面での英語の運用力を身につけさせるための科目を配置します。

(4)4年次においては、アカデミックなコミュニケーション能力を涵養するために、時事的な文章や英語の学術論文を活用して、論文の読み方や書き方の基礎を学習し、自分の意見を論理的に表現できるようにするための科目を配置します。

<数学科目>

(1)数学科目では、科学技術者として必要不可欠な基礎的数学を理解させるために、「微分積分学および演習 I」と「線形代数学 I」を配置します。

(2)個々の学生の能力に応じて基礎的数学を無理なく理解させるために、1年次の共通科目に於いて、習熟度別クラスを配置します。

<物理学科目>

物理学科目は、理工系専門科目の理解に必要不可欠な質点力学を柱とする基礎物理学を体系的に学べるように、さらに、自然法則の確認と測定技術の修得を目指す実験科目を学習できるように、教育課程を編成し、実施します。

<化学科目>

化学科目は、専門科目を履修するための基礎となる化学の原理や理論を確実に修得させることを柱とし、(1)実験科目を通じて基礎的な実験技術を習熟させ、(2)創造的なものづくりへの意欲を育み、(3)化学的な知識や見方を身につけさせ、さらに(4)科学技術者として求められる問題解決力、課題探求力、表現力などを涵養するよう、教育課程を編成し、実施します。

工学部第二部は、本学部に所定の期間在学し(※)、工学部第二部の教育目標を達成するために開設した各学科の授業科目を履修して所定の単位を修得し、以下の知識・能力・姿勢を身につけた学生に対して卒業を認定し、学士(工学)の学位を授与します。

(1)科学技術の中核をなす工学の、電気電子工学、機械工学、情報通信工学の3分野のうち、1つの専門分野の実践的な知識と技術を持つこと。(DP1)

(2)安全で快適な社会の発展に貢献できる上記の工学的3分野のうち、自らの専門的知識と専門的技術を活用し、さまざまな現実的な課題に挑戦し、解決する実践力を持つこと。(DP2)

(3) 理工系の基礎知識を持つと共に、常に新しい知識と技術の獲得に努める積極的な姿勢を持つこと。(DP3)

(4) 科学技術と人間・社会との関わりを理解し、実践的技術者として、また良識ある社会人として必要な教養、キャリア意識、倫理観を持つこと。(DP4)

(5)グローバルな視野を持ち、将来、実践的技術者として活躍できるコミュニケーション力などの汎用的能力を身につけること。(DP5)

※標準修業年限は4年。

電気電子工学科

工学部第二部電気電子工学科は、本学部の学位授与方針をもとに、本学科に所定の期間在学し(※)、次の学修成果を上げた者に対して卒業を認定し、学士(工学)の学位を授与します。

(1) 電気電子工学の、電力・電気機器分野、電子システム分野、電子デバイス分野などの専門分野の科学技術の知識と技術を持つこと。(DP1)

(2) 電気電子工学分野の専門知識と技術を活用し、さまざまな課題に挑戦し、解決する実践力と、深い考察力を持つこと。(DP2)

(3) 理工系の幅広い基礎知識を持つと共に、常に新しい科学技術の知識と技術の獲得に努める積極的な姿勢を持つこと。(DP3)

(4) 科学技術と人間・社会との関わりを理解し、科学技術者として必要な教養、キャリア意識、倫理観を身につけていること。(DP4)

(5) グローバルな視野を持ち、将来、科学技術者として世界で活躍できるコミュニケーション力やプレゼンテーション力などの汎用的能力を身につけていること。(DP5)

※標準修業年限は4年。

機械工学科

本学科に所定の期間在学し(※)、本学科の教育目標を達成するために開設した授業科目を履修して所定の単位を修得し、以下の知識、能力、姿勢を身につけた学生に対して卒業を認定し、学士(工学)の学位を授与します。

(1) 科学技術の中核をなす工学分野の1つである機械工学の科学技術の知識と技術を持つこと。(DP1)

(2) 安心・安全で快適な社会の発展に貢献できる機械工学の専門的知識と専門的技術を活用し、さまざまな課題に挑戦し、解決する実践力を持つこと。(DP2)

(3) 理工系の幅広い基礎知識を持つと共に、常に新しい知識と技術の獲得に努める積極的な姿勢を持つこと。(DP3)

(4) 科学技術と人間・社会との関わりを理解し、科学技術者として、また良識ある社会人として必要な教養、キャリア意識、倫理観を持つこと。(DP4)

(5) グローバルな視野を持ち、将来、科学技術者として必要なコミュニケーション力などの汎用的能力を身につけること。(DP5)

※標準修業年限は4年

情報通信工学科

工学部第二部の情報通信工学科は、本学部の学位授与方針をもとに、本学科に所定の期間在学し(※)、以下のすべてを満たした者に対して、学士(工学)の学位を授与します。

(1) 情報通信工学における「情報・コンピュータ技術」と「通信・メディア処理技術」の両分野に関する知識と技術が身についていること。(DP1)

(2) 自発性、問題解決能力や実践力、新技術に柔軟に対応し受容するための実践的な適応能力、かつ深い考察力を兼ね備えていること。(DP2)

(3)工学全般に関する広い知識と理解力を兼ね備えていること。(DP3)

(4) 一般教養、マネジメント力、キャリア意識、倫理観を身につけ、情報通信分野の専門技術者・研究者として自立できる能力を築いていること。(DP4)

(5)語学、コミュニケーション力、プレゼンテーション力などを身につけていること。(DP5)

※標準修業年限は4年

関連コンテンツ

その他のコンテンツ