未来科学部は、自分で問題を発見し、それを解決する高度な技術者を育成します。この技術者は、いろいろな状況で能力を発揮できる知力を持たなければなりません。この技術者は、環境を知るための認知能力、コミュニケーション能力、学習能力、適応能力、設計能力を持ち、広い視野に基づき、社会に価値のあるものを創造します。これには、問題を認識し、解決するための統合力と構想力が必要です。本学部は、専門分野だけでなく幅広い視野を持った学習をし、プロフェッショナルな能力と豊かな教養を併せ持つ人材を世に送り出します。

学部の特徴

未来科学部での学びの図

本学部の教育理念である「プロの能力、豊かな教養」に沿った技術者になるため、また未来の生活空間のデザインに必要な広い知識が得られるように、学部を構成する他学科の分野の履修も想定したカリキュラムをつくっています。また専門分野の高度な知識及び社会での即戦力として期待される実力を身につけるために、大学院修士課程のカリキュラムとの整合性を想定し効率のよいシステムを採用しています。即戦力として役立つ実務経験を体得できるように各学科で独自の教育システムを展開し、自分で問題を発見し、解決する高度な技術者を育成します。

Point 1 3学科の協調で未来の快適な生活空間をデザインする

3学科が連携し、それぞれの専門性や興味を生かした共同作業や合同での技術者教養科目など、専門分野+多分野の視点を学べる教育システムにより、協調と他者理解の能力に基づいた「豊かな教養」を身につけます。

Point 2 「プロの能力」が身につく アクティブラーニング

各学科独自の教育システムに加え、3学科共通の専門を生かした取り組みとして反転授業や実体験学習・アクティブラーニングによる学生自身の主体的学習の支援、個々の学生の学び・体験や興味に基づくキャリアデザイン支援などを実施しています。

Point 3 学部・修士一貫した カリキュラム

より高度かつ実践的なレベルの専門スキルを獲得するために、学部・修士課程の一貫したカリキュラムを提供しています。科目をグループ化するなど効率の良いシステムを採用しています。

未来科学部の学びを動画で知ろう!

関連コンテンツ

その他のコンテンツ