産官学交流センター 研究助成募集情報

研究助成情報

検索結果1510

管理番号

2022-082

  • 種別
  • 研究助成金

団体名

(公財)博報堂教育財団

事業名

第18回 児童教育実践についての研究助成

対象分野

児童教育

助成金額

200~300万円

申請方法

直接

申請期限

2022/10/31

URL

https://www.hakuhodofoundation.or.jp/subsidy/

備考

詳細は上記URL参照。「ことばの力」を育む研究と児童教育実践の質の向上を目的に、大学、研究機関および教育実践に関わる方を対象にすぐれた研究を助成。
【助成の対象】1)「ことばの力」を育む研究 2)児童教育実践の質を向上させる研究 
【応募資格】•日本の学校・教育委員会に所属する教育実践に携わる方 •日本の大学・研究機関に所属する研究者 
【助成金額】1ヵ年助成:1件につき200万円、2ヵ年助成:1件につき300万円 
【応募受付期間】2022年7月1日(金)~10月31日(月) 
研究推進担当にコピーを1部提出のこと。

管理番号

2022-081

  • 種別
  • 研究助成金

団体名

(一財) テレコム先端技術研究支援センター

事業名

SCAT国際会議助成

対象分野

情報通信技術

助成金額

25万円

申請方法

直接

申請期限

2022/10/28

URL

https://www.scat.or.jp/josei/

備考

詳細は上記URLを参照。
先端的な情報通信技術分野に関する国際会議を対象とし、原則小規模なものから優先的に助成。
【応募資格】1)国際会議の条件:令和5年4月~令和6年3月に開催され、内国法人及びそれに準じる任意団体が主催し、国内外で開催される国際会議であって、海外の参加予定者が全参加予定者の20%以上である会議とする。 2)応募者の資格:国際会議を主催する日本の学会、研究グループなどの開催責任者とする。
【助成額・採用件数】1件当たり25万円以下とし、20数件程度の採用予定。 応募書類はE-mailの添付ファイルにて送付。
【応募期間】令和4年8月1日(月)~令和4年10月28日(金) (E-mail最終日の送付日時有効) 研究推進担当にコピー1部送付のこと。

管理番号

2022-080

  • 種別
  • 研究助成金

団体名

(一財)テレコム先端技術研究支援センター

事業名

SCAT研究費助成

対象分野

情報通信技術

助成金額

200万円、250万円

申請方法

直接

申請期限

2022/10/28

URL

https://www.scat.or.jp/josei/

備考

詳細は上記URLを参照。
先端的な情報通信技術分野の、独創的な研究を対象。(但し製品化に関する研究は対象外)
【助成額・採用件数】1件あたりの総額は250万円以下(助成期間3年)又は200万円以下(助成期間2年)。合計20数件程度の採択予定。
【応募期間】令和4年8月1日(月)~令和4年10月28日(金)(最終日の消印有効) 応募書類は郵送(簡易書留)及びE-mailで提出。
研究推進担当にコピー1部提出のこと。

管理番号

2022-079

  • 種別
  • 研究助成金

団体名

(公財)科学技術融合振興財団

事業名

2022年度 助成金・補助金

対象分野

シミュレーション&ゲーミング研究関連

助成金額

15~150万円

申請方法

直接

申請期限

2022/10/15

URL

http://www.fost.or.jp/services/

備考

詳細は上記URLを参照。シミュレーション&ゲーミングの研究など、社会や文化の文脈のなかで科学技術の融合を促進させる研究課題に対する助成事業と、その成果を広く還元する普及啓発事業を活動の柱とする。
【研究助成】
課題A:シミュレーション&ゲーミングに関する調査研究 
課題B:(1)情報技術、ネットワーク技術を応用したシミュレーション&ゲーミングによる学習用ソフトウェアの試作 (2)社会に役立つシリアスゲームの調査研究(3)エンタテインメントゲームに関する調査研究 
助成金額:30~150万円/件を上限に総額1,500万円(15~20件) 研究期間:2023年2月より2年以内 
【補助金】
課題C(若手研究者対象):シミュレーション&ゲーミングの先進的独創的な手法の研究 
助成金額:15~30万円/件を上限に総額300万円(15~20件) 研究期間:2023年2月から1年以内
応募締切日:2022年10月15日(土)郵送及び宅配便は当日消印有効(メールの場合は2022年10月15日(土)24:00までに着信) 
研究推進担当にコピー1部提出のこと。

管理番号

2022-078

  • 種別
  • 表彰

団体名

(公財)市村清新技術財団

事業名

第55回[令和4年度(2022年度)]市村賞 市村地球環境学術賞

対象分野

地球温暖化対策

助成金額

300~2,000万円

申請方法

直接

申請期限

2022/9/30

URL

http://www.sgkz.or.jp/prize/science_environment/

備考

詳細は上記URL参照。
地球温暖化対策に関する学術分野において、顕著な成果により当該学術分野の進展に多大な貢献をされた個人またはグループを表彰し、「市村地球環境学術賞」を贈呈。
【賞の種類・内容】功績賞(賞金500万円/件、1件)、貢献賞(賞金300万円/件、2件)、特別賞(賞金2,000万円)
【応募手続】申請はWeb登録と紙文書2部の送付が必要。
【マイページ取得受付開始】2022年7月16日~9月30日
【受付開始】2022年9月10日~9月30日
【市村賞贈呈式】令和5年(2023年)4月17日(月)帝国ホテル東京にて 
研究推進担当にコピー1部提出のこと。

管理番号

2022-077

  • 種別
  • 表彰

団体名

(公財)市村清新技術財団

事業名

第55回[令和4年度(2022年度)]市村賞 市村学術賞

対象分野

科学技術

助成金額

300~2,000万円

申請方法

直接

申請期限

2022/10/20

URL

http://www.sgkz.or.jp/prize/science/

備考

詳細は上記URL参照。科学技術の進歩、産業の発展に顕著な成果をあげ、学術分野の進展に多大な貢献をされた個人またはグループを表彰し「市村学術賞」を贈呈。
【対象研究】1)産業上貢献している、あるいは実用化の可能性のある理工学研究分野。 2)独創的・画期的で世界的に見て高い水準にあるもの。 3)学術分野の進展に先導的な役割を果たし波及効果が大きく期待できるもの。
【賞の種類・内容】本賞(賞金2,000万円/件、1件)、功績賞(賞金500万円/件、2件)、貢献賞(賞金300万円/件、5件)
【応募方法】申請はWeb登録と紙文書2部の送付が必要。
【マイページ取得受付開始】2022年7月16日~10月20日 【受付開始】2022年10月1日~10月20日 
【市村賞贈呈式】令和5年(2023年)4月17日(月)帝国ホテル東京にて 
研究推進担当にコピー1部提出のこと。

管理番号

2022-076

  • 種別
  • 研究助成金

団体名

(公財)市村清新技術財団

事業名

第5回(2022年度)地球環境研究助成

対象分野

地球温暖化対策

助成金額

500万円

申請方法

直接

申請期限

2022/9/30

URL

http://www.sgkz.or.jp/project/research_environment/

備考

詳細は上記URL参照。地球温暖化対策に関わる研究開発テーマを対象。
【助成金額・件数】500万円/件、3件程度を予定。
【助成期間】覚書締結日(2023年2月)から3年間が上限。
【応募手続】申請はWeb登録と紙文書2部の送付が必要。
【マイページ取得受付開始】2022年7月16日~9月30日 【受付開始】2022年9月10日~9月30日  
研究推進担当にコピー1部提出のこと。

管理番号

2022-075

  • 種別
  • 研究助成金

団体名

(公財)放送文化基金

事業名

2022年度 助成

対象分野

放送関連

助成金額

500万円

申請方法

直接

申請期限

2022/09/30

URL

http://www.hbf.or.jp/grants/article/guideline_grants

備考

詳細は上記URL参照。放送文化の発展向上に寄与することを目的として、放送に関連する調査・研究、事業に対する助成。
【助成対象】(1)技術開発/放送技術に関する研究・開発 (2)人文社会・文化/放送に関する人文・社会科学的な調査・研究、および文化的な事業 
【助成金】6,000万円を予定(1件あたり申請限度額500万円)
【申請方法】申請はWeb申請。英語による申請受付は、8月1日~8月31日(必着)。
【申請期間】2022年9月1日~9月30日 
研究推進担当にコピー1部提出のこと。

管理番号

2022-074

  • 種別
  • 研究助成金

団体名

(公財)コニカミノルタ科学技術振興財団

事業名

令和4年度 コニカミノルタ画像科学奨励賞

対象分野

光と画像領域に関わる研究

助成金額

50~100万円

申請方法

直接

申請期限

2022/9/30

URL

http://www.konicaminolta.jp/about/csr/contribution/corporation/research/foundation/prize.html

備考

詳細は上記URL参照。様々な研究分野における「光と画像」に関わる研究で、社会課題の解決に寄与する斬新な発想による挑戦的な研究を以下の3分野に分けてテーマを募集。
【対象】1) 光と画像に関する材料及びデバイスの研究 2) 光と画像に関するシステム及びソフトウエアの研究 3) 光と画像に関するその他の先端的な研究 
【応募資格】奨励賞は個人またはグループ、連携賞は異分野の研究者2名以上を応募資格とする。大学院生も応募可能。両賞とも応募年齢は40歳以下(令和4年9月30日時点)とする。
【助成額】奨励賞(優秀賞)100万円/件(4件程度)、奨励賞50万円/件(10件程度)、連携賞100万円/件(2件程度)
【応募手続】申請はホームページからのエントリーの後、申請書を令和4年9月30日までにメールにて送付。 
研究推進担当にコピーを1部提出のこと。

管理番号

2022-073

  • 種別
  • 研究助成金

団体名

(公財) 関西・大阪21世紀協会

事業名

2023年度 日本万国博覧会記念基金助成事業

対象分野

国際相互理解の促進に資する活動

助成金額

300万円、1,000万円

申請方法

直接

申請期限

2022/9/30

URL

http://www.osaka21.or.jp/jecfund/

備考

詳細は上記URLを参照。 博覧会のテーマ「人類の進歩と調和」に込められた未来社会に向かって調和のある進歩という願いを受け継ぎ、国内外の公益的な活動に助成金を交付し事業支援を行う。
【助成対象】国際相互理解の促進に資する活動(1)国際文化交流、国際親善に寄与する活動 (2)教育、学術に関する国際的な活動 
【助成額・採択数】複数年度助成事業1,000万円/件(総額2,000万円)、数件の採択予定。 単年度助成事業300万円/件、数十件程度の採択予定。
【募集期間】2022年7月1日~9月30日まで 【申請書受付期間】2022年9月1日~9月30日まで
研究推進担当へコピー1部提出のこと。