大学院 デザイン工学専攻(2021年新設)

修業年限:2年 学位:修士(工学)

あらたな「モノ・サービス・空間」を創造し、我々の生活を変革できる人材を養成します。

デザイン工学専攻の教育目標

■現状の課題のみならず、将来に得られる結果をより良くすることを志向したデザイン
思考による問題解決ができる能力及びユーザ・社会・環境に関する知識と関連する最新かつ幅広い技術を、研究活動を通して主体的に習得します。


■科学技術者としての高い倫理観と、時代の変化、多様化そしてグローバル化に対応できる能力を涵養することを目的とします。

デザイン工学専攻の部門

  • プロダクトデザイン部門

    人間に適応可能な普遍的かつ統合的にデザインする手法を修得し、ライフスタイルをより豊かにするプロダクトをデザインするための研究・教育を行う。

  • サービスデザイン部門

    複雑で高度な情報社会においてこそ人の抱える課題を解決し、新しい夢のある体験を提供するサービスをデザインするための研究・教育を行う。

  • 空間デザイン部門

    生活空間を、豊かで快適なものにデザインするための研究・教育を行う。

デザイン工学専攻の開講科目

  • デザイン工学特別研究I
    デザイン工学特別研究Ⅱ
    システムデザイン工学セミナーI
    システムデザイン工学セミナーⅡ
    システムデザイン工学FBL/PBLⅠ
    システムデザイン工学FBL/PBLⅡ
    生体情報システムのデザイン
    信号処理特論
    プロダクトデザイン実践
    サービスデザイン特論
    教育システム工学特論
    社会音響学特論

  • 生態学的デザイン論
    ヒューマンメディア環境論
    環境デザイン実践
    デザイン論
    国際技術者英語A
    国際技術者英語B
    知的財産特論
    科学英語
    Practical English for Global Engineers
    MOT概論
    融合技術戦略特論
    研究者倫理

関連コンテンツ