大学院 情報システム工学専攻(2021年新設)

修業年限:2年 学位:修士(工学)

次世代情報社会の基盤を担う人材を養成します。

情報システム工学専攻の教育目標

■次世代ネットワーク環境におけるビッグデータを伝達・蓄積・解析するために必須となる技術、人工知能(AI)、Internet of Things(IoT)、機械学習、超高速移動体通信、超高性能コンピュータなどに関する最先端技術を高度なプログラミングスキルとともに習得します。

■研究活動を通して、科学技術者としての高い倫理観と、時代の変化、多様化そしてグローバル化に対応できる能力を涵養することを目的とします。

情報システム工学専攻の部門

  • ネットワーク・コンピュータ工学部門

    多様かつ大規模な情報処理と通信を可能にする高速通信や高性能コンピュータ、高信頼システムなどに代表される次世代のネットワークやコンピュータなどに関する研究・教育を行う。

  • ソフトウェア工学部門

    ソフトウェア工学における高度プログラミングの柱となるオブジェクト設計工学などに関する研究・教育を行う。

  • データサイエンス部門

    次世代人工知能の核となる、ビッグデータ解析、機械学習、マルチメディア処理、データベース技術、IoTなどに関する研究・教育を行う。

情報システム工学専攻の開講科目

  • 情報システム工学特別研究I
    情報システム工学特別研究Ⅱ
    システムデザイン工学セミナーI
    システムデザイン工学セミナーⅡ
    システムデザイン工学FBL/PBLⅠ
    システムデザイン工学FBL/PBLⅡ
    ネットワークサービス研究開発特論
    ネットワークセキュリティ特論
    先進コンピュータシステム特論
    IoTシステム特論
    ソフトウェア工学特論
    図形プログラミング特論

  • リファクタリング特論
    マルチメディア工学特論
    機械学習特論
    データサイエンス特論
    国際技術者英語A
    国際技術者英語B
    知的財産特論
    科学英語
    Practical English for Global Engineers
    MOT概論
    融合技術戦略特論
    研究者倫理

関連コンテンツ