工学部 情報通信工学科 オリジナルサイト

ネットワーク、ワイヤレス通信、光ファイバなどをはじめとする通信系技術と、コンピュータを中心とする情報系技術の両分野を網羅した情報通信工学を学びます。コンピュータや通信システムのほか、音響・画像の信号処理技術まで習得できる幅広いカリキュラムでハードウェアを理解してプログラムも書ける視野の広い情報通信技術者の育成を目指します。

情報通信工学科 研究の様子

ネットワーク、ワイヤレス通信、光ファイバなどをはじめとする通信系技術と、コンピュータを中心とする情報系技術の両分野を網羅した情報通信工学を学びつつ、応用力と洞察力を備え、技術者として自立できる社会性を持った人材を育成します。コンピュータや通信システムのほか、音響・画像の信号処理技術まで習得できる幅広いカリキュラムと産業界との積極的な交流で学生の個性を伸ばし、ハードウェアを理解してプログラムも書ける視野の広い情報通信技術者の育成を目指します。

情報通信工学科の学び

情報通信の主分野にあたる5つのキーワードを設定し、互いを密に連携させた教育を行います。
今後の技術革新に対応できる情報通信技術者になるためには、個々の技術を断片的に学ぶのではなく、情報通信工学という学問体系に基づいて、基礎と応用、ハードウェアとソフトウェアのバランスをとりつつ総合的に学ぶ必要があります。

  • 通信技術・ネットワーク

  • コンピュータシステム

  • マルチメディア

  • 情報処理

  • モバイル

学びのポイント

  • 基礎を重視

    1年次の基礎科目は上級学年で応用力をつけるためには欠かせません。電気・電子回路やプログラムのつくり方などを初歩から学ぶとともに、コンピュータ・数学などの基礎科目で習熟度別クラス、補習講座などを設け、確実に基礎が身につくようにしています。

  • ワークショップ・実験

    1年次は、ものづくりや実験の楽しさを「ワークショップ」で学びます。2年次は、基礎科目で学んだ事項を実験することで体験し、3年次には現代の情報通信技術を実際に操作します。さらに4年次は、興味あるテーマを1年間にわたって探求する「情報通信プロジェクト」を実施します。

  • 少人数教育

    上級学年では個人の適性に合わせて能力を飛躍させるため、少人数教育の場が用意されています。全教員が参加するグループスタディ※のほか、プログラミングやマイコンなどに特化した少人数科目があります。そして各人が身につけた知識・技術を卒業研究で発揮します。
    ※グループスタディ:全教員がテーマを設定し、学生が興味のあるテーマに参加しグループで実習や輪講を行う

情報通信工学を通して見る近未来

ピックアップカリキュラム

ワークショップ(電子回路基礎)

ワークショップ(電子回路基礎)

テスタ、電流計、マルチメータ、オシロスコープなどの各種測定器と電子ブロックを一人1式ずつ使用して、電子回路構成と測定の基礎的技術を身につけます。

情報通信プロジェクト(アンテナ)

情報通信プロジェクト(アンテナ)

種々のアンテナの性能や特性を学び、自らアンテナを設計・製作します。自作したアンテナの性能は、電波暗室において電磁界測定装置を用いて計測し評価します。

情報通信プロジェクト(マイコン制御)

情報通信プロジェクト(マイコン制御)

PICマイコンを用いて、機器制御を行うためのインタフェースや制御対象機器を設計・製作します。また、アセンブリ言語によるプログラミングの技術を学びます。

学部共通カリキュラム

卒業後の就業者の業種別割合

卒業後の就業者の業種別割合

主な就職先

NTTデータ、大日本印刷、パナソニック、キヤノン、NTTコムウェア、NEC、三菱電機、京セラ、日立製作所、NTT、みずほ情報総研、日本コムシス、ルネサスエレクトロニクス、富士ゼロックス、東芝アルファシステムズ、ソフトバンク、富士通、沖電気工業、アドバンテスト など

大学院進学

20名 (2016年3月卒業実績)
男子 20名
女子 0名
進学率 17.2%

目指せる資格

第一級陸上特殊無線技士、第三級海上特殊無線技士、電気通信主任技術者、公害防止主任管理者、技術士補、弁理士、高等学校教諭一種免許状(数学)、高等学校教諭一種免許状(工業)、高等学校教諭一種免許状(情報)、中学校教諭一種免許状(数学) など

関連コンテンツ

その他のコンテンツ