工学部 情報通信工学科 私の4年間のステップ(1) 学科オリジナルサイト

今後必要な、基礎的な機器の使い方を学習

「ワークショップ」では、LANケーブルの作成と配線、電流・電圧を測るテスタの製作などを行いました。高校では座学が多かったため、カラーコードの色と抵抗値の関係を学んだり、回路のはんだ付けを行ったりする実習は、とても新鮮でした。製作したテスタを使っての実験もあり、自分でつくったものが正しく動作したのは嬉しかったです。はんだごてなどの工具は、使い方を間違えると危険なため、安全面もしっかり学習しました。1年次で基礎を学んだことは、2年次以降にも役立ちました。

1年次の制作自作のテスタ。
このテスタを使って、電流・電圧の測定法の実験をした。

プログラミングの授業が、卒業研究でも生きている

2年次は専門科目が増え、Javaというプログラミング言語を使ってプログラミングを学ぶ科目から電磁気学や電子回路といった工学系の科目まで、基礎を幅広く学びました。「データ構造とアルゴリズムⅠ」では、ソフトウェアの基本を順を追って丁寧に教えていただいたので、普通科高校出身でプログラミングが苦手な私でも、ついていくことができました。卒業研究は音声・音響系のテーマで行っていますが、測定装置のプログラムは自分で作成し、情報系の授業で学んだことが役立っています。

2年次の制作授業で作成したプログラムのソースコード。

自分の興味関心がはっきりし、卒業研究につながる

3年次には、これまでの知識を応用して取り組む「情報通信工学実験」を履修しました。いくつかの実験の中で印象に残っているのが、光検知器の工作実験です。指定された部品を自分で秋葉原に買いに行って製作しました。部品の型番を間違えたために動かず買い直しに行くなど、苦労しながら完成させました。パソコンを使った実験もありましたが、私は手を動かして行う実験が好きでした。「音声・音響情報工学」の授業も興味深く、2つの授業が4年次の研究室選択につながりました。

3年次の制作光検知器。
センサーに光が当たると、ランプが点灯する。

実験テーマや実験計画を決める

「情報通信プロジェクト」では、いくつかのテーマから一つを選択して、班で、オリジナルな実験を行いました。私は通信に関するテーマを選択しました。テレビのリモコンの通信フォーマットは、メーカーによって異なります。そこで、リモコンの赤外線信号からフォーマットを解析し、結果をもとにテレビの電源をつける装置を作成しました。この授業の経験が、「電車内の英語放送における耳障りな音韻についての研究」という、オリジナルな卒業研究のテーマ設定や実験計画の立案に役立っています。

4年次の制作赤外線通信装置。
思い通りに進まないことが多かったのも貴重な経験。

日本電気株式会社

日本電気株式会社から内定をいただき、システムエンジニアとして勤務する予定です。本学は実験科目が多く、実験を通して、正確さや効率、期日厳守、安全性の考慮など、社会で必要なスキルを学ぶことができました。これら大学4年間で学んだことを社会でもしっかり生かしたいと考えています。また、部活は学園祭の「旭祭実行委員会」に所属していました。大きなイベントの運営に携わった経験を生かし、社会でも活躍していけるように、頑張ります。

旭祭実行委員会旭祭実行委員会での一コマ。協賛企業探しなど、年間を通して活動しました。

関連コンテンツ

その他のコンテンツ