工学部 情報通信工学科 私の4年間のステップ(1) 学科オリジナルサイト

将来ネットワークエンジニアとして社会の役に立つ仕事に就きたいと思い、通信についてはもちろん、プログラミングなどを幅広く学べ、就職に強い本学を志望しました。

ものをつくる難しさと面白さを実感

「ワークショップ」では、LANケーブルの作成と配線、電流・電圧を測るテスタの製作、マイコンArduino(アルデュイーノ)による制御の体験を行いました。私は普通科高校出身のため、はんだ付け以外はほぼ初めての体験。テスタの作成では抵抗の値が読めずに苦労しました。一方、Arduinoの製作では、音源ボードキットを秋葉原で購入し、マイコンに接続しました。実際に正しく音が鳴ったときの達成感は忘れられません。ものづくりをする難しさと面白さを実感した授業です。

1年次の制作秋葉原で購入した部品を用いて、音楽を鳴らしました。

「なぜ?」を追究することの醍醐味を知った

2年次後期の授業「データ構造とアルゴリズムⅠ」では、前期に学んだJavaというプログラミング言語を用いて、各回の授業で出題される課題に挑みます。何度も壁にぶつかりましたが、なぜエラーになったかの原因を追究し解決する過程は、ものづくりを突き詰めていく過程に似ており、その醍醐味を知ることができました。プログラミングの基礎となるこの授業を通して、数学的で論理的な思考を身につけることができました。

2年次の制作プログラミングのソースコード。エラーの原因を追究する楽しさも実感。

知識を実験で実証することで自分の力に

「情報通信工学実験」では、1・2年次に学んだ知識を応用した実験に取り組みます。ネットワークに興味があった私が印象に残っているのは、ルータネットワークの構築です。それぞれルータに繋いだ2台のパソコンを使用し、ネットワークを設定していきました。座学で学んだ知識は、実験で実証することで自分の力になります。実験では苦労もしましたが、理解度も深まり技術も確実に進歩していることを改めて実感しました。

3年次の制作アドレス決めに苦労した「ルータネットワークの構築」のレポート。

無料通話アプリの品質を比較分析

「情報通信プロジェクト」では、複数のテーマの中から“デジタル信号処理”を選択し、配信されている無料の通話アプリの周波数の音域や通話品質を比較分析しました。実験では100Hzから20,000Hzまで通信して、音声データをテキストデータ化し分析。信号処理のプログラムを一から組むのにとても苦労しましたが、膨大なデータを集積し分析・考察することで情報整理能力を身につけることができました。

4年次の制作デジタル信号の周波数解析に使う、DFT変換を行うプログラム。

ソフトバンク株式会社

内定先では、ネットワークエンジニアか、研究室で学んでいるセキュリティエンジニアを希望しています。特に5G(第5世代移動通信システム)が実用化されることで新しいセキュリティ問題も発生してくると思うので、この5Gセキュリティに携わり、人々や社会の通話を守る仕事をしたいというのが私の夢です。

さまざまなアクティビティに挑戦!

パラグライダーやスキューバダイビングなど新しいアクティビティに挑戦することが大好きです。中でも、茨城県の竜神大吊橋で高さ100mからのバンジージャンプを試みたことが最高の思い出です。

さまざまなアクティビティに挑戦!

関連コンテンツ

その他のコンテンツ