工学部 先端機械工学科 私の4年間のステップ

憧れのものづくりを早期から体験できたよろこび

模型を趣味とする父の影響で、ものづくりへの興味が生まれました。理工系の大学に進みたいと考えたのは、高校時代。ものづくりに造詣が深い先生が、さまざまな話をしてくれました。内容は難しかったのですが、幼い頃からの興味もあり、機械の仕組みや技術を学びたいと思いました。そして、「実学尊重」という理念に魅力を感じ本学に進学を決めました。1年次は、「ワークショップⅡ」で早期からロボットを製作し、ものづくりの楽しさを体感することができました。

1年次の制作手探りの失敗を重ね、得られた達成感

知識や技術がない中で製作をした重量挙げロボット。設計や部材の選定をはじめ、すべてはじめての体験で試行錯誤の連続でした。反面、完成時のよろこびはとても大きく、達成感がありました。

はじめての製図で、正確な図面の大切さを学んだ

2年次になり、はじまったのが手書きの製図。「機械設計製図Ⅰ・Ⅱ」の授業でしたが、初めての作業であることに加え、JIS 規格に合った記号を用いなければならず、難しさがありました。一方で、図面には正解がない分、加工者の誰がみてもわかりやすいように作成することが重要ということを実感できました。加えて、思い出深い授業としては、「アドバンストワークショップ※」での「小型一人乗り電気自動車」の製作があります。チーム力が、よいものづくりを生み出すことを学びました。

2年次の制作大会でベストリユース賞も受賞

チームで製作した電気自動車は単三電池6本で走ることができます。どのくらいの距離を走れるかを競うpico-EV・エコチャレンジという大会では、ベストリユース賞をいただくことができました。

CADの製図に手応えを感じ技術者試験にも合格

製図の授業では、手法が手書きからソフトウェアに置き換わりました。CADを用いた製図の書き方・規則といった基礎を学んだのですが、手書きよりも飛躍的に効率が向上しました。例えば、部品図を組み立て図に展開するとき。CADではデータをコピーして展開することが可能なので、製図のみに注力することができました。また、3年次では「CAD利用技術者試験」を多くの学生が受験します。私も挑戦し、資格を取得することができました。

3年次の研究個別テーマで取り組んだ小型プレス金型設計

一つひとつの部品のサイズを詳細に決めていくのですが、1ミリでもずれてしまうと、すべての図面に影響が出てしまいます。荷重計算など複合的な要素も求められるので何度も修正を行い、完成を目指しました。

今までの学びをすべて活用した豆ジャッキ設計

「先端機械設計製図Ⅲ」は、製図がより難易度の高いものとなり、また、今までの授業で学んだ内容がすべて求められる内容でした。用いるCADは2次元から3次元となりましたが、私としては低学年次の手書きから、ステップアップした内容にとてもやりがいを感じ、また、物体の形状を直感的に把握できる3次元CADならではの特性がとても面白くもありました。課題では、「豆ジャッキ」の設計に取り組んだのですが、まさに4年次ならではの学びの総決算といった課題だと感じました。

4年次の制作知識を総動員して取り組んだ3D設計

CADを用いた豆ジャッキ設計が課題でした。矛盾や干渉をなくすためバランスを考慮する重要性や、製品が材料力学や機械力学など複数の学問で成り立っている実感など、多くのことを学ぶことができました。

セイコーエプソン株式会社

セイコーエプソン株式会社を志望したのは、4年次での卒業研究がきっかけでした。1年次や2年次でものづくりの楽しさを得る一方で、「目に見えない」分野にも挑戦したいと感じ、光をテーマにした研究に興味を持ちました。現在、光リソグラフィーという技術を活用した研究に取り組んでいますが、実際の業務にも生かせると考えています。将来は、今までにない製品や技術を開発できる、設計・生産技術のエキスパートを目指したいです。

部活動の成績小学生の頃にはじめたソフトテニス。大学の部活では、1 部リーグにも上がることができました。

関連コンテンツ

その他のコンテンツ