工学部 先端機械工学科 私の4年間のステップ(1)

技術者となるために必要な知識を“ものづくり”をしながら習得できる環境があること。
そして、就職でも手厚く親身なサポートのある本学を志望しました。

ものが動く仕組みを自らの手を動かしながら学べた

「ワークショップ」では、ライントレースロボットを製作します。細かい作業が好きな私にとって自ら手を動かして製作することは楽しく、理論を体感しながら学ぶことができました。具体的には初体験のはんだ付けやギアの組み立てを通して、ロボットの動く仕組みを理解できました。うまく走行しなかった際も原因を探り、自分で改善する作業を通して、自然とものづくりの基本を学べたと思います。

1年次の制作黒いラインをセンサーで感知して走行する「ライントレースロボット」。

技術者として必要不可欠な製図の知識を学ぶ

「機械設計製図Ⅰ・Ⅱ」では製図の基本を学びます。世の中のすべての製品には設計図があるので、技術者を志す人が必ず習得すべき知識を学べます。機械部品をどのような手法やルールに則り手書き図面で表すのかという知識に加え、限られた時間の中でも早く確実に作図できる“効率的な”製図手法も身につきました。この授業を通して、「線が1mmでもずれたら全く異なる製品や部品になってしまう」ということを実感しました。

2年次の制作さまざまな機械に使われている「ハンドル車」の手書き図面。

2年次に学んだ製図を本格的に2D CADで作成

「先端機械設計製図Ⅰ・Ⅱ」ではCADを使用して本格的に設計を学びます。金型をつくるプレス抜型の製図を2DCADで行いました。2年次の手描き製図と異なる点は「要求書」が配付され、部品の寸法公差、はめあい、表面粗さを考える必要がある点です。今まで学んできた力学、加工法などの知識を総動員しないと要求を満たす製図は作成できません。この授業で製図能力を高め「CAD利用技術者試験2級」の受験もできます。

3年次の研究薄い板に穴を空ける「プレス抜型」の図面をCADで製作。

電気自動車の実用化の要となる「スイッチトリラクタンスモータ」の研究

昨今、電気自動車の実用化が推し進められています。それは、従来の磁石を使用しない「スイッチトリラクタンスモータ(SRM)」の機能向上により実現する可能性があり、私はこのSRMの実用化に関する研究を行っています。指導教授の清水先生は元ホンダの研究員であり、実践的知識に加え企業入社後にも役立つ研究姿勢を学べています。「手を動かせ。新しい知識は教科書には載っていない」という先生の言葉が心に残っています。

4年次の制作電気自動車の実用化の要となる「スイッチトリラクタンスモータ」の実機。

三菱自動車工業株式会社

3年次に自動車業界で働きたいと決意し、無事に自動車メーカーから内定をいただきました。将来の夢は電気自動車の開発に携わり、世界中に普及させることです。そのためには、一般実用化や大量生産の障壁となっている技術的課題を解決する必要があります。また消費者ニーズの掘り起こしも必要です。解決すべき課題はたくさんありますが、大学で学んだ知識を生かして夢の実現のために奮闘していきたいです。

主将としてマネジメントも

14年間サッカーを続けており、大学では体育会サッカー部の主将として活動。部員約70名のマネジメントにおいては、各部員へ仕事を均等に割り当てるように意識しました。

大学では体育会サッカー部の主将として活動

関連コンテンツ

その他のコンテンツ