工学部 電気電子工学科 私の4年間のステップ(1) 学科オリジナルサイト

建学の精神「実学尊重」に大きな魅力を感じました。
入学後は実験をはじめ“手を動かしながら学べる環境”に大満足です。

ファクシミリ製作で、ものづくりの奥深さを体験

「ワークショップ入門」では、はじめての電子工作としてファクシミリを製作します。使用する部品が与えられると、そのあとは自分で部品の配置や配線を考えるので苦労しました。はじめはどの部品がどのような動きをするのかわからず、失敗もしました。設計図を描いてつくってみても不具合が起こったり、まさにトライアルアンドエラーの繰り返しでした。しかし、この過程こそ私が求めていた「実学」なので達成感のある授業でした。

1年次の制作初めての電子工作「ファクシミリ装置の設計・製作」。

研究室を決める担当教授との出会い

「コンピュータプログラミングⅡ」では、統計演算を行うプログラムを作成。プログラムを書き実行するたびにエラーも出ますが、エラーを解消する度に理解が進みました。授業で得たプログラミングの知識によって、複雑な実験結果を効率的に計算することができました。また「量子物理学」は難解でしたが、電子エネルギーや実験で使用する電子部品の原理を詳細に理解できました。授業を担当する教授との出会いで研究の方向が定まりました。

2年次の制作C++(シープラスプラス)で作成した「統計演算を行うプログラム」。

学部最後の実験授業で、講義で得た知識を体感

「電気電子工学実験Ⅱ」は、2年次に比べ、より専門的で高度な実験でした。この授業では「反射型指突容積脈波検出回路」を製作し、脈を測定します。ファクシミリよりも回路製作は容易で、製作よりも測定方法に苦労しました。学びも、ものをつくるだけの段階から測定方法までも理解する段階へ移行しました。また、今まで学んできたことの理解が深まった分、自分で考察しながら、より完成度の高いレポート作成ができるようになりました。

3年次の制作人差し指で脈を測定する「反射型指突容積脈波検出回路」。

1年次のファクシミリをアップグレード

「ワークショップ」では、1年次に製作したファクシミリの改良版を研究室のメンバーと協力して再度製作します。1年次のものはスピーカーを付けて音をマイクで読み取ってパソコンの中で処理し、画像を出す仕組みでしたが、周囲の雑音が入り上手く画像が出ない場合もありました。4年次ではスピーカーを使用せず、読み取った信号を直接パソコンの中に取り込む方法に成功。企業の技術士の方のアドバイスも大変貴重なものでした。

4年次の制作研究室のチームで、1年次のものを改良したファクシミリ。

東京電機大学大学院 工学研究科 電気電子工学専攻

大学院では卒業研究で取り組んだ、骨折治療に役立つ「Zn溶出型DLC膜の骨代謝促進効果」の研究を継続します。これは骨形成を促進する効果のある亜鉛と体に馴染みやすい薄膜であるDLCを組み合わせ、骨を固定する金属にコーティングし骨折の早期治療を目指す研究です。企業との共同研究や国内外の学会にも積極的に参加し、さらに成長していきたいです。

マジックでコミュニケーション

勧誘イベント時にテレビで見るようなマジックに感動してマジックサークルに入部。学園祭や老人ホームで披露しています。マジックは老若男女、世代を超えて瞬時に仲よくなれるのが魅力です。

マジックでコミュニケーション

関連コンテンツ

その他のコンテンツ