工学部 機械工学科

機械工学科は応用力に優れたジェネラリストの養成を目的とし、機械工学の基礎となる材料・機械・流体・熱の4力学の理解と、新分野への展開に欠かせない基礎教育に重点を置いています。基礎的知識の応用力、論理的思考力を養い、技術革新の激しい現代社会で幅広く活躍し、先端を切り開ける機械工学技術者を養成します。

機械工学科 研究の様子

機械工学科は応用力に優れたジェネラリストの養成を目的とし、機械工学の基礎となる材料・機械・流体・熱の4力学の理解と、新分野への展開に欠かせない基礎教育に重点を置いています。基礎的知識の応用力、論理的思考力を養い、技術革新の激しい現代社会で幅広く活躍し、先端を切り開ける機械工学技術者を養成します。

機械工学科の学び

  • ・エネルギー
    ・環境
    ・エンジン
    ・燃焼
    ・伝熱

  • 設計・加工

    ・生産
    ・加工
    ・ものづくり
    ・保守
    ・設計
    ・潤滑

  • 流体

    ・流体機械
    ・数値流体
    ・空力
    ・騒音
    ・スポーツ流体

  • 振動・制御

    ・ロボット
    ・メカトロニクス
    ・振動
    ・制御
    ・計測

  • 材料

    ・材料
    ・構造
    ・安全
    ・バイオメカニクス
    ・強度

学びのポイント

  • 基礎をしっかり

    機械工学は、我々が日常的に利用する機器などを、いかに高精度、高効率、高機能に実現するかを学ぶ学問です。これを学ぶうえで最も重要な事項は、基礎となる科目を十分に身につけることです。特に数学や物理は力学の基礎であり、なるべく多くの科目を修得しておくことが望まれます。これらが、新たな分野への展開に最も役立ちます。

  • 幅広い知識

    機械工学は、対象となる学習分野が幅広く、すべての科目を完全に修得するのは大変なことです。しかし、企業が機械工学科の学生に求めるのは、採用後の適性範囲の広さであり、機械工学全般を知るジェネラリストです。これに応えられるよう、できる限り多くの専門科目を幅広く履修しておくことを勧めます。その場で理解できなくても、聞いたことがあるかないかが将来大きな違いを生むからです。

  • 実際に物にふれ、体験する

    機械工学科では多くの実験・実習科目を配してあります。実際に物にふれ、体験することが物事の理解に大きく役立つからです。そのうち最も重要なのが卒業研究です。それまで学習した知識の応用ばかりでなく、自ら問題点を見いだしたり、必要な情報を探し出したりという、実社会で最も求められる能力を磨くことができます。大学生活の集大成として、卒業研究に自ら進んで取り組んでください。

機械工学を通して見る近未来

ピックアップカリキュラム

ワークショップ(エンジンの分解・組み立て)

ワークショップ(エンジンの分解・組み立て)

1年生全員が、複数のグループに分かれ、エンジンの分解・組み立てを行い、その機構を学びます。そして、組み立てたエンジンで自作のプロペラを回して推力を競います。

ワークショップⅡ

ワークショップⅡでの制作

各自が工夫をしながら独創的な作品をつくり、最後に発表をして、その成果を競う形式で授業を進めます。たとえば、飛行体の製作では、各自が空気力学の原理を学んで独自のものを設計製作して滞空時間を競います。

機械設計製図Ⅰ ・Ⅱ・Ⅲ

機械設計製図Ⅰ ・Ⅱ・Ⅲ

CADを使って製図を行う演習授業で、2年次生・3年次生全員を対象としています。「CAD利用技術者検定」を受験する学生も多数おり、合格率は、多い年で7割を超える魅力的な授業です。

学部共通カリキュラム

卒業後の就業者の業種別割合

卒業後の就業者の業種別割合 円グラフ

主な就職先

トヨタ自動車、日野自動車、日立プラントテクノロジー、ホンダ、キッツ、三菱自動車エンジニアリング、スズキ、サンデン、YKK AP、いすゞ自動車、タカタ、JR東日本、富士重工業、オークマ、日立製作所 など

大学院進学

21名 (2016年3月卒業実績)
男子 20名
女子 1名
進学率 16.7%

目指せる資格

公害防止主任管理者、ボイラー・タービン主任技術者(第1種・第2種)、ボイラー技士(特級・一級・二級)、技術士補、消防設備士(甲種)、弁理士、建設機械施工技士(1級)、建築施工管理技士(1級・2級)、建築設備士、CAD利用技術者試験、高等学校教諭一種免許状(数学)、高等学校教諭一種免許状(工業)、高等学校教諭一種免許状(情報)、中学校教諭一種免許状(数学)、国家公務員、地方公務員 など

関連コンテンツ

その他のコンテンツ