工学部 機械工学科 私の4年間のステップ(1)

将来エンジニアになろうと考えていたため、机上学習のみならず、実験、実習、ワークショップなどで実機を使った学びを多く取り入れている本学を志望しました。

実際に手を動かし、機械の構造や工具の使い方を学んだ

「ワークショップ」では、機械の構造を理解するためにエンジンやポケットバイクなどの機械を分解し、再度組み立てました。機械に触れ、機構を学ぶことで、なぜそのように設計されているかを考える習慣が身につきました。初めての経験であったため、ネジを締める際の力加減の難しさなど、多くの苦労がありましたが、設計について考えながら、実際に手を動かすことで、機械の構造や基本的な工具の使い方も学ぶことができました。

1年次の制作分解してから、組み立て直したエンジン。

講義で学んだ基礎知識を機械実習でより深く理解

座学で得た基礎知識を、機械実習で理解を深めたのが「機械工学実験実習Ⅰ・Ⅱ」です。NC(数値制御)プログラムを学び、そのプログラムに沿って、穴あけや平面削りなどを1台で行えるNC工作機械のマシニングセンタを使用して、金属の加工を行うことで、各種工作法を習得できました。毎回レポートを作成するのはとても大変でしたが、実習結果についての解析力や考察力をしっかりと身につけることができました。

2年次の研究マシニングセンタで実際に加工した試作物。

これまで習得した製図の知識、技術の集大成

「機械設計製図Ⅲ」では、渦巻ポンプの作図と設計を行いました。2年次に学んだ製図技術や規格、基礎科目の知識などを駆使した集大成ともいえる難易度の高い授業です。部品の点数が多いと、設計の際に部品が干渉したり、水圧に耐えられないことがわかるなど、締め切り直前まで試行錯誤して完成させました。最適なスペックのボルト1本を選ぶことの大切さを学ぶなど、総合的な設計能力を養うことができた授業です。

3年次の研究課題を一つひとつ解決しながら完成させた渦巻ポンプの図面。

金属面を削った際に生じる振動特性を研究

「機械加工学研究室」に所属し、金属面を削った際に生じる工具や工作物の振動特性を調べています。振動の原因を特定し低減することで、金属の仕上げ精度がより高まります。精度の高い部品を使うことで、車のギアのノイズを減らせるなど自動車業界からのニーズもあり、やりがいを感じています。また、研究室でのレポート作成、発表はすべて英語で行われており、相手に伝えるための表現などコミュニケーション能力も養われています。

4年次の研究マシニングセンタを使って振動特性の実験を繰り返し行う。

日産自動車株式会社

入社後は、社会変化や技術の進化に対応した電動パワートレインの生産技術開発に携わりたいと考えています。本学の研究室で学んだ英語力を生かして、将来は海外出張や海外駐在を通じて、電動化など多様化するお客様のニーズを捉え、世界を舞台に社会貢献できるエンジニアへと成長したいと考えています。

海外への一人旅で異文化交流を楽しむ

海外を一人で旅することが大好きです。エジプトのギザの大ピラミッドは特に印象に残っています。ゲストハウスに宿泊し、現地やさまざまな国の方々と交流するのが、私の旅の醍醐味です。

海外への一人旅で異文化交流を楽しむ

関連コンテンツ

その他のコンテンツ