未来科学部 建築学科 学科オリジナルサイト

安全で快適な建築・都市空間をつくることは、人と社会の豊かな未来をつくり出すこと。
その実現のために、確かな実践力と豊かな表現力、卓越した先見性を持った、グローバルに活躍できる設計者・技術者・研究者を育成します。
完全習熟教育システムやIoT技術を取り入れたカリキュラム、長期インターンシップなどの多彩な学びを展開し、専門のスキルと豊かな教養を身につけます。

建築学科 制作の様子

3つの特長

  • 知識・技術の確実な習得

    演習・実習を中心に、「計画・意匠」、「住環境・インテリア」、「歴史・都市」、「構造・生産」、「環境・設備」の5分野について幅広く学び、設計・デザインの能力と情報・解析・表現の技術を身につけます。3年次には「習得確認テスト」を行い、確実な習熟を目指します。

  • 大学内に一級建築士事務所

    国内でも数少ない「学内一級建築士事務所」のプロジェクトに参加するなど、充実した「長期インターンシップ教育※」を実施。実社会と連携した新技術の研究開発と調査、設計コンサルティングを体験しながら、実際の現場で求められる、プロの技術と倫理観を磨きます。

    ※ 本学大学院における長期インターンシップは一級建築士受験資格の実務歴として公的に認定されています。

  • プレゼンテーション能力も身につく

    1年次から全員が設計課題を発表し、講評を受けます。実務者・研究者がそろった教員陣のもと、経験を積み重ねて表現力やプレゼンテーション能力を強化。また、コンピュータや3Dプリンタを用いた3次元造形物の制作など、デジタル教育の環境も充実しています。

建築学科の学び

情報・解析・表現の技術/設計・デザインの能力

  • 住環境・インテリア

    ・インテリア設計
    ・福祉・住環境
    ・ディスプレイデザイン

  • 構造・生産

    ・構造解析
    ・耐震・免制震
    ・材料・生産
    ・素材と構法
    ・コンピュテーショナルデザイン

  • 計画・意匠

    ・建築法規
    ・作品・形態論
    ・建築計画
    ・環境行動

  • 歴史・都市

    ・建築史
    ・都市計画
    ・都市デザイン
    ・保存と再生

  • 環境・設備

    ・建築環境工学
    ・省エネルギー
    ・環境心理生理
    ・サステナビリティ

建築学を活用できる近未来

ピックアップカリキュラム

材料・構造実験

材料・構造実験の様子

建築物の主要な構造材料の物理的性質、鉄筋コンクリートや鉄骨の構造部材の基本的な力学的性質を実験などの実習を通して体感し、これらの材料や構造部材に対する知識を具体的に体得します。

建築ワークショップ

建築ワークショップ 木製の滑り台

14のテーマで自由な探究。たとえば、遊び心+機能性(日射遮蔽・通風など)を備えた秘密基地を製作し、最終日には講評会を行います。

長期インターンシップ

長期インターンシップ 現場の様子

学内に設置されている一般社団法人TDU一級建築設計事務所や学外企業がインターンシップ先。本学教員のもとで、設計や耐震調査を実践し、一級建築士試験の大学院での実務経験として認定されます。

学部共通カリキュラム

卒業後の就職者の業種別割合(2018年3月卒業者実績)

卒業後の就職者の業種別割合(2018年3月卒業者実績)円グラフ

[卒業者数]
81名
男子:57名/女子:24名

主な就職先

竹中工務店、大林組、鹿島建設、清水建設、大成建設、三井住友建設、前田建設工業、安藤・間、住友林業、積水ハウス、大京、大和ハウス工業、タマホーム、トヨタホーム、長谷工コーポレーション、三井ホーム、日本設計、山下設計、梓設計、ポラス、JR東日本、野村不動産、旭ビルウォール、東京電力、キヤノンメディカルシステムズ、厚木市役所、総合設備計画、新菱冷熱工業 など

大学院進学

34名 (2018年3月卒業者実績)
男子:21名
女子:13名
進学率 42.0%

目指せる資格

一級建築士、二級建築士、木造建築士、土木施工管理技士(1級・2級)、建設機械施工技士(1級・2級)、建築施工管理技士(1級・2級)、建築設備士、建築構造士、PE(Professional Engineer)、技術士補、弁理士、消防設備士(甲種)、インテリアプランナー、福祉住環境コーディネーター検定試験®、宅地建物取引士資格試験、高等学校教諭一種免許状(数学)、高等学校教諭一種免許状(工業)、中学校教諭一種免許状(数学)、国家公務員、地方公務員など

関連コンテンツ

その他のコンテンツ