未来科学部 ロボット・メカトロニクス学科 私の4年間のステップ(1) 学科オリジナルサイト

簡単なロボット製作でメカトロニクスの基礎を習得

小さい頃から二足歩行ロボットに興味があり、ロボット・メカトロニクス学科という名称に惹かれて、本学を志望しました。「ワークショップ」では、床に引いた線に沿って進むロボットを製作し、回路設計、アルミ板の切り出しなどの機械加工と、ロボット製作の基礎を学びました。その後、グループで「運搬ロボット」の製作にコンセプトづくりから取り組み、学内でロボコンを行いました。なかなか思い通りに動いてくれませんでしたが、とてもよい経験になりました。

1年次の制作線に沿って進む「ライントレースロボット」。

現場で使える報告書や製図を徹底的に学ぶ

「メカトロニクス基礎実験A・B」では、機械、電気・電子、情報、制御各分野について、基礎的な実験を行いました。たとえば、エレベーター昇降実験では、ボタンを押した階にエレベーターを移動させたり、押したボタンをキャンセルしたりする回路をつくりました。実験の報告書は、曖昧な表現などを指摘されて何度も書き直しながら、技術文書の書き方を習得しました。「機械製図Ⅰ・Ⅱ」では、CADで軸継手という部品を製図しましたが、これも、第三者が一見してわかるように、指導されました。

2年次の制作軸継手の設計図。表面の滑らかさまで、細かく指定する。

機械工学の要素を統合して、サッカーロボットを製作

「メカトロニクス総合実験A・B」では、複数のシステムを組み合わせて動かす実験をしました。「マウスロボット」にサッカーをさせる実験では、モータを動かすためのプログラムと電子回路をつくって、ロボットに搭載しました。ほかに、コントローラーからロボットに指令を送る通信技術、キックする部分のパーツの加工技術と、機械工学で学んだ要素を全て使いました。自分たちでつくったものを動かして競技させるのは大変でしたが、とてもためになる、楽しい実験でした。

3年次の制作講義で学んだ知識を生かして製作した「マウスロボット」。

実験計画を立て、人に伝える力を養った

「メカトロニクス設計製作Ⅰ・Ⅱ」では、研究室ごとに実験テーマを設定して実験計画を立て、他の研究室の学生に取り組んでもらいました。私の研究室は、「二足歩行ロボットのモーションコントロール」をテーマに、坂道でも転ばずにスクワット動作を実現するための制御に関する実験を計画しました。この際、実験内容をわかりやすく伝えるための工夫や、どんな考察をうながせば制御について理解してもらえるかなどを考えました。実習を通して、自分自身の制御に対する理解も深まり、人に伝える力もついたと思います。

4年次の制作実習に用いた二足歩行ロボット

東京電機大学大学院 未来科学研究科 ロボット・メカトロニクス学専攻

卒業研究では、リチウムイオン電池の電流と電圧から、劣化を診断する技術の研究に取り組んでいます。卒業後は大学院に進学し、引き続き電池の制御につながる研究をするつもりです。電池の制御は、電気自動車の開発をはじめ、エネルギーを有効活用するうえでの重要な研究テーマです。電圧などを制御して出力を調整できるようになれば、電池の劣化を抑えたり、効率を向上させることができます。大学院では制御について詳しく学び、社会に出た時には即戦力になれるように頑張りたいと思います。

卒業後 部活動の集合写真体育会のテニス部に所属し、2年次からは、体育会本部でも活動しました。

関連コンテンツ

その他のコンテンツ