未来科学部 ロボット・メカトロニクス学科 私の4年間のステップ(1) 学科オリジナルサイト

中学時代にロボコンに参加し、機械系と情報系の両方に興味があったため、機械 / 電気・電子 / 情報 /制御工学がすべて学べる本学科を選択しました。

つくって動かす難しさを学んだグループ対抗ロボコン

「ワークショップ」では、グループで2台のロボットを設計し、グループ対抗でロボコンを行いました。製作したのは、ピンポン玉が入った箱の蓋を開けるロボットと、ピンポン玉をすくって運ぶロボット。私は加工を担当しましたが、設計通りにつくってもアームが重すぎて蓋が持ち上がらなかったため、軽量化を図るなどの改良を繰り返しました。数ミリの誤差でネジがはまらないなど手加工の難しさを実感。実際に設計通りに動いたときには感動しました。

1年次の制作ピンポン玉を運ぶロボット。アームの軽量化に悪戦苦闘。

楽しみながらゲームを制作し発表会で1位を獲得

長いプログラムをわかりやすく書くコツを習得できた「コンピュータプログラミングⅡ・Ⅲ」。Processing(プロセッシング)と呼ばれる言語を用いてゲームを制作しました。自分のアイデアが形になっていく過程が楽しく、冬休み中にも作業していました。シューティングゲームをつくったのですが、夜の街を舞台にお化けを登場させるなどデザインにもこだわりました。最後の発表会の投票では1位を獲得でき、とてもうれしかったです。

2年次の制作制作したゲーム画面。技術だけでなく、デザインの大切さも実感。

1・2年次の知識と技術を集大成してロボットを製作

「メカトロニクス総合実験B」では、これまで学んだ機械 / 電気・電子 / 情報 / 制御の工学知識を総合的に活用してエアホッケーロボットを製作し、グループ対抗戦を行いました。どうすれば勝てるかという戦略を考え、その目的を達成するために部品を設計。作戦通りの動きで勝ったときには達成感がありました。加工、プログラミング、回路の製作など、1・2年次の学びで得た知識が実践的な力になっていることを実感できた授業です。

3年次の制作エアホッケーロボットの試合。画像解析により自動で打ち返す。

教える側に立つことで、知識や技術の伝え方を学んだ

研究室ごとに自分たちで実験の準備をし、他の研究室の学生に実験を行ってもらう形式の授業が「メカトロニクス設計製作Ⅰ・Ⅱ」です。私たちの研究室では、制御用パソコンから中継機を経由して無線通信で車両を操作する実験を用意。2コマ×4日間の実験なので準備に時間がかかりましたが、教える側に立つことで、今までの知識を復習することもでき、さらに知識や技術のどの部分が大切か、どうしたら伝わるかを学ぶことができました。

4年次の制作無線通信で操作する車両。遠隔で操作できるようカメラを搭載。

東京電機大学大学院 未来科学研究科 ロボット・メカトロニクス学専攻

コンピュータネットワーク研究室に所属し、大学院進学後も、多数の移動ロボットが協調することで、人々の生活を支援する、新しい未来型のネットワークについて研究します。将来的には災害時の通信にも役立つことが期待できます。この研究を発展させ、学会で研究成果を積極的に発表し、さらに成長していきたいです。

ミラーレス一眼カメラで好きな写真を撮る

写真を撮ることが好きで、念願のミラーレス一眼カメラを購入。休日には風景や動物などを撮影しに出かけています。きれいな夕焼けなど日常の何気ない風景にも心が動くようになりました。

冬はスノーボードを楽しみます

関連コンテンツ

その他のコンテンツ