将来、機械系のエンジニアになることを希望しており、「実学尊重」の精神を掲げ、実機を使った実験・実習を通して専門知識と技術を身につけられる本学に魅力を感じ、入学しました。

2年次以降に習得の差が出る製図の基礎を学ぶ

線の太さや種類など、製図の細かいルールを学ぶ「基礎製図」では、課題を時間内に正確に描くことが求められます。常にスピードを意識して取り組む中で、実務にも大切になる時間管理の意識を養えました。最後には、実物のバルブ装置を見て、正確に測りながら手描きの図面を起こしていきます。部品の見落としなどで何度も描き直しをしながら完成させました。2年次以降も何度も教科書を見直すなど、製図の基礎力を徹底的に養いました。

1年次の制作何度も修正しながら、製図の基礎力を身につける。

実習の楽しさと考察の難しさを実感

「機械工学実験・実習Ⅰ・Ⅱ」は図面を見て、旋盤やフライスで金属を削り出す実習です。工作機械を使い、実際に手を動かす楽しさを実感する一方、レポートの考察には苦労しました。たとえば、理論値と実測値に誤差が生じた場合に、その原因を突きとめるため、図書館で参考文献を探したり、班の仲間と話し合うなど時間をかけて考え抜きました。この授業で培ったレポートの書き方や考察の仕方は、その後の研究活動にもとても役立っています。

2年次の制作工作機械を使い、金属を削り出す。

4力学を復習し、さらに深く理解する

1・2年次で学んだ材料力学、機械力学、流体力学、熱力学の4力学を復習する「機械システムゼミⅠ」。毎回授業で出された課題を班の仲間と協力しながら解いていきます。一度学んではいるものの抜け落ちていた知識を補うことができました。機械を学ぶうえで重要である4力学を3年次に復習しながら、より深く理解することで、自分が機械力学を探求したいことを再確認し、4年次の研究室選びの参考にもなりました。

3年次の制作毎回、課題を解きながら、4力学をしっかりと復習。

4年間の集大成は免振装置の研究

4年次は振動工学研究室に所属し、免振装置を用いて構造物を空気浮上させることで、地震のエネルギーを遮断させ、地震による構造物の揺れを低減させることを目的とした研究を進めています。週に一度、研究の進捗をパワーポイントにまとめゼミで発表します。研究の結果と考察をまとめ、想定問答集をつくるなどの作業を毎週繰り返すことで、自分の考えを他の人にわかりやすく伝えるプレゼンテーション力を養うことができました。

4年次の制作夏休みには工学部の研究室との合同合宿で研究内容を発表。

株式会社SUBARU

小さな頃から車が好きで、自動車メーカーへの就職を志望しました。SUBARUでは、本学での学びを生かし、構造設計の分野で活躍していきたいと思っています。SUBARUの一員として「安心で乗って楽しい」車をつくり、将来自分が設計に携わった車で運転を楽しむ人を一人でも増やすことが夢です。

バイクで北海道をツーリング

3年次に二輪の免許を取得。その後アルバイトで貯めたお金で自分のバイクを買いました。4年次の夏に友人と20日間で北海道を一周するツーリングを楽しんだ体験は、一生の思い出です。

バイクで北海道をツーリング

関連コンテンツ

その他のコンテンツ