理工学部 建築・都市環境学系 学系オリジナルサイト

ますます重要視される循環型社会を実現するために、人間と自然が調和する環境を多角的に考察できる人材が、今求められています。
社会が要請する構造物をつくる技術、環境保全や環境予測に必要な知識、高度情報化社会に対応できる情報技術などを幅広く学び、「持続可能な社会」の構築に貢献できる技術者を育成します。

建築・都市環境学系 研究の様子

3つの特長

  • 講義と実習で学びを深化

    幅広く学ぶ「学系共通科目」と、深く学ぶ「コース専門科目」で理論を学習。さらに、構造・材料・土質・水理実験や測量実習、プログラミング演習、デザイン演習などで、実践に役立つ技術と感性を磨きます。デザイン演習では、設計とCAD製図、模型製作を行います。

  • 空間をデザインする感性と技術を育む

    まちにあふれる建築も都市自体も、人間が生活をする空間はほとんどが「自然環境」と「人工環境」の混合物です。この2つの要素に関する知識と実践を学びます。また、生活環境への感性を研ぎ澄まし、技術を身につけることで、イメージをかたちにするデザイン力を育みます。

  • 総合力と専門性どちらも身につく

    建築・都市環境に関わるあらゆるフィールドを網羅した専門科目群を開設。総合力と専門性を深く追究できる柔軟なカリキュラムです。しかも、国際的に通用する専門技術者養成の教育プログラム、日本技術者教育認定機構(JABEE)の認定も受けています。

建築・都市環境学系のコース

  • 建築コース

    建築の専門知識や技術を学び、デザインするための感性を磨きます。また、「建設系総合教育」の理念のもと、一つの建物だけでなく、都市・環境・景観にも配慮した総合的な視野を持つ建築家や建設技術者を育成します。

  • 都市環境コース

    人に優しく、災害に強い、快適で安全な循環型の「まちづくり」の理論と実践を学びます。環境工学や都市空間デザインといった現代的な分野と土木工学を融合させることができる「まちづくり」のスペシャリストを育成します。

1年次は入学した学系の共通科目を中心に学び、2年進級時に「主コース」と「副コース」を選択します。「主コース」は入学した学系から選択し、「副コース」は入学した学系から選択あるいは他学系のコースを選択することも可能です。詳細は、下記の「理工学部について」をご確認ください。

建築・都市環境学を活用できる近未来

ピックアップカリキュラム

建築都市デザイン演習Ⅰ

建築都市デザイン演習Ⅰ

図面や模型を製作しながら、住宅、学校、美術館、駅前広場など、建築および都市環境のデザインに取り組みます。

都市プロジェクトの評価

都市整備の方法には、民間企業が行う都市開発事業と自治体などが行う公共事業の、大きく2つのアプローチがあります。本講義では、特に公共事業のプロジェクト評価(費用便益分析)の方法について学びます。

気圏・地圏の環境

気圏・地圏の環境 講義の様子

環境問題は水圏・大気圏・地圏の三圏にわたっています。本講義では、建築・都市環境学の領域において重要と考えられる大気圏および地圏の環境問題について、主として自然科学・工学の側面からわかりやすく解説します。

学部共通カリキュラム

卒業後の就業者の業種別割合(2018年3月卒業者実績)

卒業後の就業者の業種別割合 円グラフ

[卒業者数]
87名
男子:74名/女子:13名

主な就職先

鹿島建設、大成建設、大林組、五洋建設、戸田建設、住友林業、大和ハウス工業、 JR東日本、中日本高速道路、公務員(埼玉県庁など)、建設技術研究所、大日本コンサルタント、協和コンサルタンツ、東急ホームズ、日立ビルシステム など

大学院進学

10名 (2018年3月卒業者実績)
男子 8名
女子 2名
進学率 11.5%

目指せる資格

一級建築士、二級建築士、木造建築士、測量士・測量士補、技術士補、造園施工管理技士(1級・2級)、建築施工管理技士(1級・2級)、土木施工管理技士(1級・2級)、建設機械施工技士(1級・2級)、電気工事施工管理技士(1級・2級)、管工事施工管理技士(1級・2級)、ビオトープ計画管理士(2級)、ビオトープ施工管理士(2級) など

建築・都市環境学系で推奨する教育職員免許状

  • 主コース・副コースが建築・都市環境学系

    高等学校教諭一種免許状(工業)

関連コンテンツ

その他のコンテンツ