理工学部 建築・都市環境学系 私の4年間のステップ(1) 学系オリジナルサイト

東日本大震災をきっかけに、当たり前にあるインフラの大切さを知り、日々の安心を守る技術者になりたいと思いました。建築と土木を両方とも学べる本学系なら、そのような技術を身につけられると思いました。

思い描くものを形にする楽しさと難しさ

1年次の専門科目である「建築都市デザイン演習Ⅰ」では、CUBE HOUSEを設計しました。初めて図面を描き、CADにもふれ、模型を製作。図面は手描きで、何度も直すうちに破れてしまうこともありました。私がつくったのは、友人や親戚との集いを楽しむ家。屋上のテラスでバーベキューをして、雨が降ったら3階のリビングに移動するような動線を考慮した設計にしました。演習を通じて、思い描くものを形にする楽しさと難しさを実感しました。

1年次の制作決められたサイズの立方体の中で、家を設計するCUBE HOUSEの演習。

根気強く続けることの大切さを学んだ

「建築都市デザイン演習ⅡA・B」は、構造物をデザインし、教授陣がその図面と模型を基に選抜した10作品を実際に製作して、学内に展示する授業です。不規則な円柱型のデザイン設計を思いつき、その設計に必要な3DのCADを学習。その結果、10名に選ばれることができました。慣れないCADを使った図面作成に時間はかかりましたが、根気強く続けることで思い描く作品をつくり上げることができると実感しました。

2年次の制作規則正しいデザインが多い中で、独創的な点が評価されました。

大胆な構造を採用して大成功

3年次になると、実社会に出てから役立つような専門知識を学ぶカリキュラムが増えてきます。「構造実験」では最後の課題として、今までの実験をもとに厚紙を用いた橋を製作。荷重をかけて、「どの班が一番強い橋をつくれるか」を競いました。意見を出し合い、ほかの班がトライしていない大きめのトラス構造を用いた設計に決定。予想を遥かに超え、最も重たい負荷に耐える橋を完成させることができました。

3年次の制作厚紙でつくった橋。私たちの班が一番大胆なデザインでした。

人の安全・安心を守る制震ダンパーを研究

卒業研究のテーマは、制震構造に用いられるハニカム形状の鋼材ダンパーの評価です。ダンパーは、壁や梁などに組み込まれることで地震の揺れを吸収し、建物の損傷を防ぐ装置で、その破断条件やエネルギー吸収能力について解析します。どれくらいで壊れるかシミュレーションで計算し、実際に試験体を試験機で破断して解析、考察。前年行った実験を引き継いで発展させた研究なので、より詳細な評価をしていきたいです。

4年次の実験ハイドロパルス試験機を用いて試験体を壊す実験の様子。

大成建設株式会社

大成建設でのインターンシップ研修の際、実際に高速道路のトンネル工事現場を見学し、そのスケールの大きさに圧倒されました。自分もこんな大規模な現場を動かして、ものづくりをしたいと思いました。現場によって必要な知識が全く違うので、入社後も勉強は欠かせません。一つひとつ仕事をこなし、社会の礎をつくっていける技術者になれるようにがんばります。

文化祭実行委員会で活動

大学では、放送委員会KATE(文化祭実行委員会)に所属し、文化祭への芸人の誘致や企業への協賛依頼などを担当。KATEのメンバーと行った旅行先ではバンジージャンプを体験しました。

バンジージャンプを体験

関連コンテンツ

その他のコンテンツ