理工学部 建築・都市環境学系 私の4年間のステップ(1) 学系オリジナルサイト

土木系と都市環境における幅広い知識を学びたいと思っていました。本学では主コース・副コース制を活用して多様な学習や進路選択ができることを知り、入学を決めました。

思い描くものを一からつくる難しさと喜び

「建築都市デザイン演習Ⅰ」では、6M CUBE HOUSEを設計しました。図面を手で描き、CADに触れ、模型を製作しますが全てが初めての体験。特にCADの操作は苦労しましたが、慣れると手描きよりも楽に使えるようになりました。住空間を広くするため、3階から屋上へは外階段を採用した工夫が評価されて、投票で上位作品に選ばれ、発表を行えたことがうれしかったです。思い描くものを一からつくる難しさと喜びを実感しました。

1年次の制作外階段の設計が高い評価を得た、6M CUBE HOUSEの演習。

アイデアをぶつけ合い完成度を高めていく大切さ

「建築都市デザイン演習ⅡA」は、班で図面と模型により構造物をデザインし、その中から教授陣によって選抜された10作品を原寸大で製作して学内に展示する授業です。私たちの班では螺旋形状の構造物を曲線的で美しく補強するなどの工夫を凝らして製作。その結果、10作品に選ばれ、アイデアをぶつけ合う大切さを実感しました。実物の製作では班長を務め、各々の得意分野を担当してもらうことで一番早く完成。施工管理という貴重な体験を積むことができました。

2年次の制作補強部分を曲線で美しくデザインした点も評価された。

実験で得られた知識を実践でさらに深く理解する

鉄筋に機械で負荷をかけて引きちぎる実験など、専門知識をより深く学ぶ「構造実験」。最後の課題としてこれまでの実験をもとに厚紙を用いた橋を班単位で製作。橋に負荷をかけてその強度を競いました。私たちの班は、三角形の集合体によるトラス構造を用いた設計を採用しました。結果的には想定よりも早い段階で橋が壊れてしまいましたが、実験によって得られた知識を実践でさらに深く理解することで、専門知識を身につけることができました。

3年次の制作厚紙でつくった橋。意見を出し合いトラス構造を採用。

土木と環境の学びをどちらも生かした卒業研究

卒業研究のテーマは、水生植物群落を伴う自然河川における流れと土砂輸送・地形変化です。河川の植物群落には、景観の向上や水質の自浄作用、水生生物への生息場所の提供などのメリットがありますが、河川の地形変化への影響も考えられます。そこで、直線水路を用いて、水の流れを可視化する実験を行い解析、考察を行います。自然災害時の河川への影響など今後の研究を進める足がかりとしたいです。

4年次の実験実験に用いた直線水路。水の流れを可視化できる。

東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)

人の役に立つ仕事がしたいという希望があり、社会の交通手段として欠かせない鉄道会社の中でも東日本エリアを網羅する東日本旅客鉄道株式会社を志望しました。入社後は保線土木職で働く予定です。本学で学んだ土木の知識を生かして、お客様の安全安心という当たり前の毎日に貢献し、鉄道を足元から支えていきたいです。

軟式野球部で主将を務め、リーグ最優秀選手賞も受賞

軟式野球部に所属。3年次には主将を務め、リーグの最優秀選手賞も受賞し充実した活動ができました。4年次には首都大学軟式野球連盟二部で優勝。入れ替え戦にも勝ち、念願の一部昇格を果たしました。

軟式野球部で主将を務め、リーグ最優秀選手賞も受賞

関連コンテンツ

その他のコンテンツ