大学院 情報メディア学専攻

修業年限:2年 学位:修士(工学)

情報とメディアの研究領域の拡大、学際化、高度化、研究内容の発展を目指し、“工学としてのメディア学”を追究していきます。

情報メディア学専攻の教育目標

■俯瞰的な視野から研究を遂行できる、先見性と創造力豊かな専門科学技術者の育成を目指します。

■世界に通用するコミュニケーション能力をもち、学術研究を通して国際社会に貢献できる人材の育成を目指す教育・研究体制を取っています。

情報メディア学専攻の部門

いずれの部門も、コンピュータ、ネットワーク、コンテンツ技術を密接に関連付けた、総合的な研究・開発を持つ人材を育成する。

  • メディアデザイン部門

    ■CG、映像、音、WEBなど、多様で多彩なメディアに関連する基礎理論と基盤技術の確立

    ■近未来の知の空間を実現するための新しいメディアの創造とその処理技術の発展

  • ネットワーキング・コンピューティング部門

    ■いつでもどこでも安心して使える、安全で人にやさしいコンピュータおよびネットワーク技術の実現

    ■世界中の人とものを結ぶ次世代のコンピューティング基盤とその利用環境の創造と開拓

  • ヒューマンコンピュータインタラクション部門

    ■人間の視聴覚等の知覚特性を明らかにする科学研究

    ■人間の知覚特性を考慮し、メディア処理技術を組み込みヒューマンインタフェースに資する技術の研究

  • サイバーセキュリティ部門

    ■サイバー攻撃を防止し安全な社会を確保するための技術に関する研究

    ■技術を有効に機能させるための制度やマネージメントのあり方に関する研究

情報メディア学専攻の開講科目

  • 情報メディア学特別演習ⅠA・ⅠB
    情報メディア学特別演習ⅡA・ⅡB
    情報メディア学特別研究ⅠA・ⅠB
    情報メディア学特別研究ⅡA・ⅡB
    情報メディア学特別制作A・B
    音メディア特論
    コンピュータグラフィックス特論
    ビジュアルコンピューティング特論
    メディア応用特論
    言語メディア特論
    デジタル放送論
    共創・デザイン特論

  • ユーザビリティと心理学
    インタラクティブCG特論
    人間情報システム特論
    ソフトウェアアーキテクチャ特論
    IoT特論
    デジタル・フォレンジック
    サイバーセキュリティ基盤Ⅰ・Ⅱ
    知的計算システム特論
    オペレーティングシステム特論
    セキュリティインテリジェンスと
    心理・倫理・法
    情報セキュリティマネジメントとガバナンス

  • セキュアシステム設計・開発
    サイバーディフェンス実践演習
    インターンシップ
    IT最前線
    都市デザイン論
    建築環境心理生理
    ITとビジネスモデルA・B
    科学英語Ⅰ
    Practical English for
    Global Engineers
    MOT概論
    融合技術戦略特論
    研究者倫理

関連コンテンツ