建築・都市・土木・環境を融合した新しいパラダイムで社会と都市の複合的な問題を解決する能力を追求します。

建築・建設環境工学専攻の教育理念と目的

■21世紀の成熟した社会の構築・整備のために、建築・都市・土木・環境を個々に研究する従来型の学問ではなく、これらを融合した新しいパラダイムの技術者育成を目的とします。

■新しいパラダイムに基づき、国土保全と都市再生を地球環境問題も考慮したグローバルな視点から考究できる技術者・研究者を育成し、複雑化・多様化する社会で要求される問題解決能力を具備する人材を輩出します。

■建築・都市・土木・環境の各分野で蓄積された知識や技術の交流と融合を通じて、建築・都市・土木・環境の多種多様な問題を俯瞰的な視点から解決できる能力を高めます。

建築・建設環境工学専攻の部門

  • 建築安全・情報部門

    自然災害の克服や多様化する社会的なニーズに対応した安全で合理的な建築や都市の創成・再生に係る構造学や情報技術について、コンピュータ解析を含め高度な研究教育を行う。

    [主な対象分野]
    免振構造物の非線形応答、フラクタル理論に基づく建築骨組、デザインの定量的認識、保存と再生デザインの実践的研究、鋼構造物の接合法、部材の仕口・継手、柱脚の挙動。

  • 建築環境・設備工学部門

    地球環境問題、省エネルギー問題などの視点から、建築環境に対する技術を人間の心理や生理的な視点も含めハード・ソフトの両面から高度な研究教育を行う。

    [主な対象分野]
    氷スラリ搬送方式の地域冷房への適用化に関する研究、建築空間における聴覚・視覚複合情報の認知に関する研究。

  • 環境・計画システム部門

    公共建造物には大規模なものがあり、周辺環境への影響も大きい。自然環境と共存し持続可能な環境整備を基軸とした国づくり、街づくりに関する高度な研究教育を行う。

    [主な対象分野]
    貯水池や汽水域の環境予測に関する研究、大型水生植物が生態系と水質に与える環境に関する研究、都市整備プロジェクトの評価。

  • 建築・都市計画部門

    少子高齢化社会などの課題や多様化する生活環境や価値観に対応する建築・都市空間を創成・再生し、豊かな空間を創造するための建築計画や空間計画・デザイン、都市計画について高度な研究教育を行う。

    [主な対象分野]
    街路・都市の景観と空間構造の解析、建築の内部空間構成の数量的解析、都市環境における持続可能な建築空間の研究、教育施設にかかわる建築計画的研究、情報環境と地域施設計画に関する研究、建築・都市空間の形態と構成に関する研究、医療・福祉施設にかかわる建築計画的研究。

  • 防災システム部門

    自然災害から生命・財産を守るため、成熟した社会に相応しい防災システム構築に関する高度な研究教育を行う。

    [主な対象分野]
    鋼製橋脚モデルの静的載荷実験、空間データの効果的取得手法に関する研究、鋼構造物の設計に関する研究、多層弾性構造の解析、逆解析、舗装の温度解析、舗装構造診断、鋼構造物の疲労と破壊。

建築・建設環境工学専攻の開講科目

  • 共通

    建築・建設環境工学特別研究(必修)
    建築・建設環境工学セミナー(選択)
    先端総合技術特別講義(選択)
    AMOT概論(選択)
    先端科学技術英語演習Ⅰ・Ⅱ(選択)

  • 建築安全・情報部門

    建築安全・情報先端演習(選択)

  • 建築・都市計画部門

    建築・都市計画先端演習(選択)

  • 建築環境・設備工学部門

    建築環境・設備工学先端演習(選択)

  • 防災システム部門

    防災システム先端演習(選択)

  • 環境・計画システム部門

    環境・計画システム先端演習(選択)

関連コンテンツ