大学院 情報通信メディア工学専攻

修業年限:3年 学位:博士(工学)

高度な専門知識、幅広い学識とともに自立性を磨き、 世界に貢献する創造的な研究者・技術者を育てます。

情報通信メディア工学専攻の教育理念と目的

■情報通信メディア工学の関連分野において基礎的・先端的な学術研究を推進し、世界的な視野と自立性を持って、多様な分野で研究活動が行える人材育成を目的とします。

■情報通信メディア工学や特定専門分野に特化した学識を修得し、高度な技術開発テーマや理論解析テーマを実践的に追求。技術の萌芽を産み出せる先見性と創造性に富んだ研究者・上級技術者を育成します。

■俯瞰的な視野から研究を遂行する能力や、自立性、主体性、創造力、構想力等の資質・能力を養うとともに言語能力も磨き、国際社会に貢献できる人材育成を目指します。

情報通信メディア工学専攻の部門

  • 情報通信部門

    通信技術、ネットワーク構成、コンピュータ利用などの最新科学技術に関する研究。

    [主な対象分野]
    情報セキュリティ、ワイヤレスシステム工学、光通信、光エレクトロニクス、音声信号処理、画像工学、データ工学、人工知能、ネットワークロボティクス。

  • 情報メディア部門

    多種多様なコンテンツをデジタルメディアとして効率的に表現する技術と、人間との関連やシステム実装などに関する最新科学技術の研究。

    [主な対象分野]
    ビジュアルコンピューティング、コンピュータ音楽、自然言語情報処理、ヒューマンインターフェース、ユビキタスコンピューティング、情報セキュリティ、コンピュータアーキテクチャ、人間情報工学。

  • 情報環境部門

    情報の環境を解析し、有効に利用するための各技術領域に関する研究。

    [主な対象分野]
    情報通信サービス、ネットワーク・オン・チップ、情報セキュリティ、分散システム、音響工学、画像処理、感性情報処理、モバイルコンピューティング、データマイニング。

情報通信メディア工学専攻の開講科目

  • 共通

    情報通信メディア工学特別研究(必修)
    情報通信メディア工学グループ輪講(必修)
    先端総合技術特別講義(選択)
    AMOT概論(選択)
    先端科学技術英語演習Ⅰ・Ⅱ(選択)

  • 情報通信クラスタ

    情報通信先端演習(選択)

  • 情報メディアクラスタ

    情報メディア先端演習(選択)

  • 情報環境クラスタ

    情報環境先端演習(選択)

2017年4月1日現在

研究指導教員

研究指導補助教員

※2018年度大学院入試を受験される方は、入学試験要項にて研究指導を受けられる教員をご確認ください。

関連コンテンツ