機械システムはほとんどすべての産業技術に関連しており基礎研究から実践的、先端的な学術研究を推進します。

機械システム工学専攻の教育理念と目的

■機械工学および関連するシステムの分野において、基礎研究を中心に実用的応用のできる研究成果を目指します。

■機械工学を中心とした電気、電子工学、情報工学などとの境界領域での先端研究とその実用化を推進し、革新的な技術創成に寄与する中核的な研究教育組織として、社会的な役割を果たします。

■研究を基盤として、現代社会の抱える技術的課題の解決に寄与できる人材を育成します。

機械システム工学専攻の部門

  • 材料・加工システム部門

    あらゆる構造物に用いられる材料の特性と新しい加工法に関する研究教育を行う。

  • 設計・生産システム部門

    自律設計システムの構築や高付加価値をあたえる生産システムに関する研究教育を行う。

  • エネルギ・環境システム部門

    省エネルギー、環境負荷の低減のためのエネルギー変換や新エネルギー開発に関する研究教育を行う。

  • 熱・流体システム部門

    燃焼現象や亜音速・超音速流体の運動の解明に関する研究教育を行う。

  • 計測・制御システム部門

    微小物体からロボットや大きな建造物までを対象とした、位置計測と運動制御に関する研究教育を行う。

  • オプト・メカトロニクス部門

    光技術のマイクロ加工・計測・精密機械システムなどへの応用に関する研究教育を行う。

  • マン・マシンシステム部門

    医療、福祉などにおける人間と機械とのかかわりについてシステム工学的観点からの研究教育を行う。

機械システム工学専攻の開講科目

  • 共通

    機械システム工学特別研究(必修)
    機械システム工学グループ輪講(必修)
    機械システム工学全体輪講(必修)
    科学英語(選択)
    先端総合技術特別講義(選択)
    AMOT概論(選択)
    先端科学技術英語演習Ⅰ・Ⅱ(選択) 

  • 材料・加工システム部門

    材料・加工システム先端演習(選択)

  • 設計・生産システム部門

    設計・生産システム先端演習(選択)

  • エネルギ・環境システム部門

    エネルギ・環境システム先端演習(選択)

  • 熱・流体システム部門

    熱・流体システム先端演習(選択)

  • 計測・制御システム部門

    計測・制御システム先端演習(選択)

  • オプト・メカトロニクス部門

    オプト・メカトロニクス先端演習(選択)

  • マン・マシンシステム部門

    マン・マシンシステム先端演習(選択)

2017年4月1日現在

研究指導教員

研究指導補助教員

※2018年度大学院入試を受験される方は、入学試験要項にて研究指導を受けられる教員をご確認ください。

関連コンテンツ