実社会で真に必要とされる、高い能力を備えた技術者・研究者となるための学びを展開します。一人ひとり異なるライフスタイルにも対応できる充実したカリキュラムを支えるのは、工学部(昼間部)の教授陣。実験や実習に重点を置く「実学尊重」の精神のもと、工学の基礎と実践的な技術の習得、広い視野を育てることをめざします。働きながら学ぶ熱意ある学生のため、少人数制のきめ細やかな教育の実施、各種サポートシステムの導入といったバックアップ体制も整えています。

学部の特徴

Point 1 柔軟な時間割編成で、学生生活をサポート

昼間はアルバイトや企業で働いている人でも、夜間にしっかりと学習できます。授業は平日の6時限・7時限(18:10-21:20)を中心に配置しています。土曜日にも履修して4年間で卒業できます。

開講時限

授業時間は、平日16:30-21:20、土曜日10:40-19:40です。

平日5限:16:30〜18:00
平日6限:18:10〜19:40
平日7限:19:50〜21:20

土曜2限:10:40〜12:10
土曜3限:13:10〜14:40
土曜4限:14:50〜16:20
土曜5限:16:30〜18:00
土曜6限:18:10〜19:40

Point 2 教授陣は工学部(昼間部)と同じ、学びの内容もほぼ同じ

工学部を中心にシステムデザイン工学部・未来科学部の教授陣が授業を担当。主要科目などの学びの内容も工学部とほぼ同じで、基礎から応用まで多数の科目を用意しています。所属学科以外の科目や、昼間開講の工学部の科目も履修可能です。

Point 3 学費は「単位従量制」で工学部の約半分

学費は履修申告した単位数に応じた額となります。工学部とほぼ同じ教育が受けられ、しかも学費をおよそ半額にすることも可能です。奨学金制度は工学部と同様です。

「はたらく学生入試」とは、大学進学に関心があり、働きながら就学する学習意欲のある新社会人(高校新卒者)を対象とした新たな入試制度です。この入試は、本学への入学と同時に、実験・実習、事務作業の補助などを行う本学の「学生職員」となる独自の職業付き入試です。平成30年度より募集を開始します。

入学後、昼間は東京千住キャンパスの各学部学科の「学生職員」として働きながら、夜間は工学部第二部で学べる!

  • 入学検定料無料!

  • 平成30年度募集開始

たとえばこのような人におすすめ

  • 経済的な事情などで大学への進学が困難
  • できれば高校卒業後は働きたい
  • 大学で学びたいと強く思っている

工学部第二部 募集学科・募集人数

電気電子工学科 各学科
若干名
(学生職員候補者として)
機械工学科
情報通信工学科

出願資格(抜粋)

①本学工学部第二部が第一志望であり、勉学と就労を両立させる意欲のある者
②高等学校(中等教育学校)を平成30年3月に卒業見込みの者
③学校教諭から本学入学および就職に関する推薦を受けられる者

※詳細は、平成30年度入学試験要項をご確認ください(7月中旬完成予定)

働きながら学べる 学生職員とは?

学生職員 作業中

大学で昼間働き、大学から給与を支給される職員制度です。古くからある本学独自の制度で、多くの先輩たちが利用した実績があります。

関連コンテンツ

その他のコンテンツ