工学部第二部 工学部第二部について

学部の特徴

Point 1 柔軟な時間割編成で、充実した学生生活を

昼間はアルバイトや企業で働いていても、夜間にしっかりと学習できます。授業は平日の6時限・7時限(18:10-21:20)を中心に配置されています。土曜日にも科目を履修して4年間で卒業できます。

開講時限

授業時間は、平日16:30-21:20、土曜日10:40-19:40です。

平日5限:16:30~18:00
平日6限:18:10~19:40
平日7限:19:50~21:20

土曜2限:10:40~12:10
土曜3限:13:10~14:40
土曜4限:14:50~16:20
土曜5限:16:30~18:00
土曜6限:18:10~19:40

Point 2 教授陣は昼間部と同じで、ほぼ同じ内容を学べる

工学部を中心に、システムデザイン工学部・未来科学部の教授陣が授業を担当します。主要科目を含め基礎から応用まで多数の科目から選択履修でき、工学部とほぼ同じ内容を学べます。所属学科以外の科目や、昼間開講の他学部の科目も履修可能です。

Point 3 学費は「単位従量制」で、工学部の約半分

学費は履修申告した単位数に応じた額となります。工学部のおおよそ5割~6割で、ほぼ同じ内容を学ぶことが可能です。学費は履修した単位数により変動します。

Point 4 社会人課程( 実践知重点課程)を設置

「働きながら学びたい人」を応援するため、企業などに勤務する社会人を対象に設置しています。この社会人課程は、社会経験を有する学生の特長を生かし、さらなるスキル・キャリアアップを図る教育課程です。主に企業出身の教員による実践知重点科目を学び、ものづくりの現場で適切な判断を下せる能力を磨けます。

社会人課程( 実践知重点課程)を設置

昼間は東京千住キャンパスの「学生職員」として働き給与を得ながら、夜間は工学部第二部で学べます

「はたらく学生入試」は、本学独自の職業付き入試です。「経済的な事情で大学への進学が困難」、「高校卒業後は働きたいが、大学で学びたい気持ちがある」。そのような向学心と意欲のある高校新卒者の方々へ門戸を開いています。夜間部からスタートした本学は、より専門的な知識を身につけたいという意欲あふれる人々へのサポートを大切にしています。「学生職員制度」はこのような精神のもと、生まれました。入学後、学生職員の就業時間は原則として月曜日~土曜日の10時~17時。大学内なので通勤の苦労はなく授業開始までの時間を有効に使えます。業務は各学部・学科の実験準備・管理、事務作業の補助などです。これらの業務に付随する実習補助や部品加工、機械整備などの仕事を通して知識や技術が身につき、授業にも役立てることができます。就職に関しても、働きながら学ぶ学生職員は各企業から高い評価を受けています。

  • 入学検定料無料!

はたらく学生入試出願資格(抜粋)

・本学工学部第二部が第一志望であり、勉学と就労を両立させる意欲のある者
・高等学校(中等教育学校)を2021年3月に卒業見込の者
・学校教諭から本学入学および就職に関する推薦を受けられる者

( 詳細は、2021年度入学試験要項をご確認ください )

学生インタビュー

講義で電気を、仕事で機械を学ぶ“二刀流”で将来への夢が大きく広がりました

学生職員 K.Yさん(栃木県/県立小山西高校 出身)K.Yさん(栃木県/県立小山西高校 出身)
学生職員
工学部第二部 電気電子工学科 2年

経済的な理由から大学進学をあきらめかけていたとき、学費を稼ぎながら勉強ができる「はたらく学生入試」を知り、工学部第二部の電気電子工学科に入学しました。現在は「ものづくりセンター」に勤務し、3Dプリンタのメンテナンス作業などを担当しています。操作技術の向上も兼ねて、空いた時間を利用して3Dプリンタでのものづくりを試みながら、機械の知識や構造を学ぶことができます。講義で電気を学び、仕事で機械も学べる有意義な学生生活を通して将来の夢が大きく広がりました。

高度専門技術者を目指す意欲に応える大学院推薦制度があります

博士課程(後期)までの進学も可能

本学大学院修士課程に推薦で進学できる制度があり、毎年、各学科数名の学生が推薦されています。
一般入試を受験し、大学院に進学する学生もいます。

学生インタビュー

学部生時代の研究をさらに深めるために大学院への進学を希望しました

M.Tさん(岩手県/盛岡中央高校 出身)M.Tさん(岩手県/盛岡中央高校 出身)
東京電機大学 大学院
工学研究科 電気電子工学専攻

本学の工学部第二部へは、昼間部と同じ先生の講義を受けることができる点と、働いて学費を稼ぎながら学べる点に魅力を感じ入学を決めました。社会人の学生が多いイメージがあったのですが、実際は同世代が多く、雰囲気も昼間部とあまり変わりません。大学では、集積回路に興味を抱いたことをきっかけに、研究室に所属し、時間をやりくりしながら卒業研究を行いました。その結果、さらに深く集積回路を学びたいと考えて大学院への進学を希望し、推薦を受けることができました。現在は、LSI の電源ノイズを緩和する研究に力を注いでいます。この技術は車や医療機器、通信をはじめ、多種多様な分野で応用が可能です。人の暮らしをより快適にするために、さらに学びを深めていきたいと思います。

工学部第二部では、昼間部へ転学部できる転学部試験を受験できます

試験による昼間部への転学部1年次修了時に昼間4学部の2年次へ転学部する場合と、2年次修了時に昼間4学部の2年次または3年次へ転学部する場合があります。

転学部試験を受験する場合は、それぞれの学部・学科・学系で定められている出願資格(所定の科目・単位数の修得など)を満たす必要があります。試験の内容は基本的に学業成績・筆記試験(英語・数学)と個別面接ですが、実施学部により異なります。また、システムデザイン工学部、未来科学部、工学部への転学部を希望する場合は、特に優秀な学業成績を収めていると推薦で転学部試験を受けられる場合があります。推薦された場合は、筆記試験は免除され、個別面接のみで受験することができます。詳細については、入学後に配付される「学生要覧」を参照してください。

授業の単位を修得し卒業すると申請により無試験で得られる資格が多数あります

資格取得プログラム(参考例)

最前線の現場で息づく
電大で培った「自分で考え、自分で管理する力」

T.Hさん(東京都/都立六郷工科高校 出身)T.Hさん(東京都/都立六郷工科高校 出身)
株式会社関電工
東京営業本部 東京支店 南部支社
2014年3月 工学部第二部
電気電子工学科 卒業

働きながら電気を深く学びたいという想いから電大の工学部第二部に入学しました。在学中に東日本大震災を経験し、インフラとしての電気の重要性を実感。この経験が、電気をはじめとする総合設備企業である関電工への就職の大きな決め手となりました。現在の仕事は、主に改修工事現場での品質管理や工程管理などの施工管理全般です。在学中に実験、実習などで培った知識が、最前線の現場での判断やお客様との対話に生かされています。さらに、大学生活で養われたのが「自分で考え、自分で管理する力」。仕事と講義、レポートの作成など時間を管理する力が自然と身につき、施工管理という現在の自分の仕事にしっかりとつながっています。夜間部の環境だからこそ培われた能力も多く、自分自身の大きな財産となっています。

関連コンテンツ

その他のコンテンツ