情報系の学びを実感できたプログラミング講義

父親の影響で、幼い頃から興味を抱いたパソコン。それがきっかけとなり、理工系の大学で情報システムについて学びたいと考えるようになりました。本学に進路を決めたのは先輩の薦めから。実際に埼玉鳩山キャンパスを紹介いただいたのですが、のびのびと学べる環境に魅力を感じました。1年次で印象に残っているのは基礎のプログラミング言語を学んだ授業です。はじめてC言語に触れたので内容は難解でしたが、情報系の学問を学んでいるという充実感がありました。

1年次 プログラミングプログラミングして動かすという難しさ

C言語を使って、脱出ゲームを制作する課題がありました。プレイヤーの動きを設定するプログラミングがとても難しく、修正しながら提出期限までにゲームをつくり上げていくのはとても苦労しました。

講義で英語スキルの必要性を実感し見つけた自習法

2年次で思い出深いのは「英語3」です。TOEIC® を見据えた授業で、これまでの英語では触れられなかったビジネス英語の内容があり、興味深く感じるとともに、あらためて勉強の仕方を見つめ直すことができました。また、英語はプログラミングを行う上でも必要ですし、将来はグローバルな活動もしてみたいと考えているので、自らが取り組むべき課題を再認識した講義でもありました。「英語Ⅲ」の授業後から英文に触れておくということを心がけるようになりました。

2年次 英語の勉強英語をより得意分野にできるように

習熟度別に受講クラスが分かれていて、私はTOEIC® テストを見据えたクラスで学びました。英語は大の得意というわけではないですが、好きな科目であり、また理解を深めたいと感じていたので有益な授業でした。

IT 分野の職種による業務の違いを体系的に認識

早期より、IT 企業への就職を考えていたので、「ソフトウェア工学」の講義は、私にとってとても意義のあるものでした。就活を想定した授業があり、「ソフトウェアなどのIT サービスがどのような過程で開発され提供されているのか」を、具体的に知ることができました。同講義で得た学びは、のちの企業説明会でもとても役立ちました。IT 企業の職種による業務の違いを把握でき、自分の進みたい分野をしっかりと判断しながら志望企業を検討することができました。

3年次 講義の様子おぼろげだったIT 業界が明確に

ITという言葉に集約されがちですが、IT 業界といってもさまざまな業務があります。「ソフトウェア工学」の講義で、どの分野に自分が向いているかを意識できたことは就活にたいへん有利になったと感じています。

デジタルならではの難しさと可能性を実感

卒業研究では、ギリシャ神話を題材に取り上げ3D技術などを用いてWebページに表示し、わかりやすい系譜図の作成に取り組んでいます。全体を直感的に俯瞰でき、かつ詳細な系譜についても把握できるものを目指しています。あたらしい試みなので課題は多々ありますが、実現できれば、例えば人々や物事の関係など、さまざまな応用が可能だと想定しています。

4年次 卒業研究のプログラミング卒業研究から学んだチームワークの大切さ

卒業研究は、3人1組のグループで行うのですが、複数の人と協力して一つの物事に向かうのは非常にいい経験だと感じています。自分の事柄だけでなく全体を俯瞰して研究を進める大切さを学びました。

沖電気工業株式会社

企業説明会などで、沖電気工業株式会社の事業概要に触れ志望を考えるように。高いネットワーク技術を持ち、サービスを展開していることが理由でした。ネットワークについては、私が積極的に理解を深めてきた分野なので、業務に携われることがとても楽しみです。埼玉鳩山キャンパスでの4年間は、カリキュラムはもとより、学生がIT 分野の知識に触れられる環境が整っていて、とても充実していました。本学での学びを実社会で存分に活かしたいと思っています。

大好きな寺社巡り旅行で寺社を巡ることが大好きです。静謐な空気の中で、心身ともに充実した気持ちに。

関連コンテンツ

その他のコンテンツ