システムデザイン工学部 デザイン工学科 学科オリジナルサイト

製品をつくるだけでなく、それで何をするか、使う人が何を感じるか、その先の社会的な意味や意義まで考えたデザイン力が、今必要とされています。
そこで、設計段階から全体像を見渡してデザインできる人材を育成します。
人の感性や行動を理解したうえで、工学の知識と技術を駆使してグローバルな環境で「モノ・サービス・空間」を具現化できる実践力を養います。

デザイン工学科 研究風景

3つの特長

  • 工学から人間・社会科学まで

    一人ひとりの個性・感性に合わせた使いやすさ、使う喜びを提供する、新しい「モノづくり」が求められる現代社会。高度な機能を満たす工学の知識・技術に加えて、使う人を正確に理解する人間・社会科学の知恵を、基礎から先端まで幅広く学びます。

  • 核となる工学を確実に身につける

    日々、多様化・高度化する技術革新に対応し、新しい領域を切り拓くためには、工学的基礎力と応用力が必要不可欠。「専門共通科目群」と「工学専門科目(電気電子系、機械系、情報系)」で工学を系統的に学びながら、実習を通して学んだ知識を実践的に身につけます。

  • 人間視点のデザインを理解する

    情報端末やネット通販など、人の生活や社会を変えるものやサービスには、人間の行動・特性に基づいたデザインが求められます。こうした人間中心のデザインを理解するために、「デザイン手法科目」と「デザイン実践科目」でデザインする喜びを味わいながら実践力を養います。

デザイン工学科の学び

  • 広範囲なデザイン工学

    魅力的な生活空間をつくり上げる「モノ・サービス・空間」をデザインし、具現化するために必要な学問を深く学びます。

  • 工学知識と人間科学

    電気・機械・情報などの工学領域を基盤に、社会科学を中心とした人間科学領域を融合させた統合的・体系的な学習を行います。

  • 実践力養成カリキュラム

    デザイン応用力の強化を図るPBL科目を教育の中核として位置づけています。また、他分野の技術者との議論力をつけるコースワークも導入しています。

デザイン工学を活用できる近未来

養成する人物像

電気・機械・情報の工学領域を基盤に人間・社会科学領域を融合させた統合的体系の中で、人間の快適な活動に役立つ魅力的な生活空間の創造に必要な「モノ・サービス・空間」をデザインし具現化できる人材として、デザインエンジニア(人間中心設計)、メーカーエンジニア(電気・機械系)、ICTエンジニア(情報通信系)の3分野の専門技術者を養成します。

養成する人物像

ピックアップカリキュラム

ユーザビリティ評価

ユーザーのニーズに合った「使いやすさ」の評価手法を学ぶ

ユーザーのニーズに合った「使いやすさ」の評価手法を学びます。

コンピュータグラフィックス

コンピュータグラフィックス モーションの編集

3次元立体のモデリング技法とレンダリング技法、アニメーションの作成法を学びます。

プロダクト・デザイン

プロダクト・デザイン 学生作品

プロダクト・デザインの歴史、工学的な技術を用いたデザイン・コンセプトや企画創案、開発の流れ、実際の造形・色彩・素材についてのプロトタイプを作成するための手法を学びます。

VR環境デザイン

VR環境デザイン 作品

仮想現実(Virtual Reality)、拡張現実(Augmented Reality)の技術を学び、仮想空間で、デザインしたものを評価する手法を学びます。

学部共通カリキュラム

目指せる資格

基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、画像処理エンジニア検定、ディジタル技術検定、マルチメディア検定、福祉住環境コーディネーター検定試験®、医療情報技師能力検定試験、高等学校教論一種免許状(工業)、中学校教論一種免許状(技術) など

卒業後の主な進路・就職先

人間の本質を理解し、工学に基盤を置くデザインの専門知識を身につけた学生の就職先分野は、製造業、情報サービスに関係する企業・公的機関などの技術・開発・研究職などが挙げられます。
(例:日立製作所、三菱電機、トヨタ自動車、ヤマハ、NTTデータ、コニカミノルタ など)

関連コンテンツ

その他のコンテンツ