システムデザイン工学部 デザイン工学科 私の2年間のステップ

アート系よりも理系視点のデザインに興味があり、デザイン工学科のある本学へ。
落ち着いた学内の雰囲気も、勉強に集中したい自分にぴったりでした。

不安から楽しさに変わった、はじめてのプログラミング

「コンピュータプログラミングⅠ」では、プログラミングの経験が全くなかったため当初は不安でした。しかし、Processing(プロセッシング)というソフトを使用し、自分で打ち込んだプログラムを基に図形を描きアニメーションをつくってみると、可視化できる点が楽しく、プログラミングが好きになりました。半期に一度開催される「プログラミングコンテスト」への参加を通して、課題達成へのプロセスには粘り強さが必要であることを学びました。

「鳥獣戯画」をアニメーション化。プログラミングコンテストに参加。「鳥獣戯画」をアニメーション化。プログラミングコンテストに参加。

楽しいだけではなく、意味や価値のあるデザインを模索

「視覚デザイン基礎」は、どのような表現をすれば、より魅力的なデザインになるかを学ぶために履修しました。課題は、文房具に別のプロダクトを付帯させた新たな製品の提案。自動車メーカーでプロダクトデザインを担当していた先生による徹底的に使う人の立場に立った実践に基づく指導でモチベーションが上がりました。発想の柔らかさ、自分が考えた製品機能にきちんと意味や価値はあるのか、という点を徹底して学んでいます。

「デザイン企画書」。スマホケースにメモを付帯した製品を提案。「デザイン企画書」。スマホケースにメモを付帯した製品を提案。

※2017年度に新設された学科のため、2018年度現在、2年次生までが在籍しています。

関連コンテンツ

その他のコンテンツ