システムデザイン工学部 情報システム工学科 私の2年間のステップ

自分の学びたい「組み込みシステム」や「ネットワーク」、「機械学習」など多くの分野を学べる大学だったからです。また、駅からのアクセスもよい最先端のキャンパスで学べる点も魅力でした。

Raspberry Pi(ラズベリー パイ)で電子部品の連携を学ぶ

「ワークショップ」ではRaspberry Piというマイコンボードをセンサー類と組み合わせて、プログラムをつくりました。人感センサーとカメラを組み合わせ、人が通行するとカメラが作動する、という簡単な防犯カメラを製作。そこにSiri機能もプラスして、音声で扇風機を回してみるなど「電子部品の連携」を学ぶ楽しい授業でした。動作せず何度も回路を組み直すこともありましたが、うまく連携して動いたときは感激しました。

電子機器を組み合わせる「SiriとRaspberry Piとその他電子部品の連携」。電子機器を組み合わせる「SiriとRaspberry Piとその他電子部品の連携」。

課題解決型授業「PBL」でネットワーク構築を提案

「情報システム工学PBL」は、テーマに対し「どのように課題解決できるか?」と、自分たちで考えてプレゼンテーションを行う能動的な授業です。私が取り組んだのは、従業員500名の中小企業を想定した「社内ネットワーク構築案」です。たとえばWi-Fiも各階で分離されていると、その都度認証が必要になるので、全階共通にしてセキュリティ性が高まる機器をプラスするなど、環境に左右されない安定したネットワークの供給を考案しました。

構成図安定したネットワーク供給を提案する「社内ネットワーク構築案」。

※2017年度に新設された学科のため、2018年度現在、2年次生までが在籍しています。

関連コンテンツ

その他のコンテンツ