大学院 情報学専攻

修業年限:2年 学位:修士(情報学)

幅広い専門知識をもち、多角的で総合的な判断能力と問題解決能力を有する高度かつ先端的な研究者・技術者を育成します。

情報学専攻の教育理念と目標

■情報学に関する分野横断的・複合的な教育研究を通じて、基幹産業である情報産業の発展の礎となる人材の育成を目標とします。

■理工学から人間科学・社会科学の領域にまで拡大した学際的な学術分野であり、年々加速する高度情報化社会の要求に応えるような教育を目指しています。

■真に人々の幸福、ウェルビーイングを醸成できる総合的情報学の高度な知識と技術を身につけた人材を育成します。

情報学専攻の部門

  • 情報システム部門

    数理科学・工学的アプローチによる情報学を特色とする部門であり、情報やコンピュータの基礎と応用を研究し、効率的・創造的な情報システムの開発を行う。情報の数理的基礎、アルゴリズムの設計と解析、人工知能、画像工学、組込みシステム、IoT、ネットワーク工学、ゲーム情報学、確率システム、セキュリティ工学などの分野を含む。

  • 情報デザイン部門

    人間科学・社会科学的アプローチによる情報学を特色とする部門であり、人間の知覚・感性・知性や社会的側面を研究し、それらの知見に基づく情報デザインの開発を行う。認知科学、人工知能、データサイエンス、人間工学、メディアアート、メディア情報学、教育工学などの分野を含む。

情報学専攻の開講科目

  • 理工学特論A・B
    国際化バイオメディカル・エンジニアリング概論
    先端バイオメディカル・エンジニアリング概論
    MOT概論
    MOE概論
    科学英語
    Practical English for Global Engineers
    国際化プロジェクト
    研究者倫理

  • 組込みシステム特論
    ゲームとシミュレーション
    情報理論
    応用サイバースペース論
    画像表示特論
    計算量理論特論
    図形処理特論
    情報数理特論
    情報システムセミナーⅠ・Ⅱ
    情報システム特別研究Ⅰ・Ⅱ
    ヒューマンインターフェース
    情報コミュニケーション心理学
    言語・非言語情報特論
    科学技術社会論
    情報倫理学
    音楽とデザイン特論
    知能と認知
    認知科学特論
    人間工学特論
    情報と物質
    情報デザインセミナーⅠ・Ⅱ
    情報デザイン特別研究Ⅰ・Ⅱ

  • 情報数学
    離散幾何学A
    解析学A・B
    システム設計論
    情報産業論
    計算機ネットワーク特論
    ゲームと計算
    アルゴリズム特論
    プログラム言語論
    コンパイラ理論
    確率過程論
    数理システム理論
    ロバストシステム理論
    データ工学特論
    離散構造
    人工知能
    応用確率統計特論
    確率的情報処理特論
    情報学インターンシップ

関連コンテンツ