大学院 生命理工学専攻

修業年限:2年 学位:修士(工学)

生命現象に関する種々の謎の解明や人類の直面する諸問題の解決に対応できる研究者・技術者を育成します。

生命理工学専攻の教育理念と目的

■生命科学分野と環境科学分野を二本柱とし、学部で学んだ各専門分野をさらに深化させ専門性の確立を図り、各専門分野で活躍できる研究者・技術者の育成を目標とします。

■生物機能を利用した有用物質や食品の開発を通して人の健康に貢献できる人材、また環境保全技術ならびに環境計測技術の開発を通して環境問題解決に貢献できる人材を養成します。

生命理工学専攻の部門

  • 生命科学部門

    生命現象を分子レベルで理解し、生物機能を利用して人の健康に貢献できるための教育を行う。

  • 生物環境部門

    生物と環境の関わりを理解し、生物資源の保存や環境技術に役立てるための教育を行う。

生命理工学専攻の開講科目

  • 理工学特論A・B
    バイオメディカル・エンジニアリング概論
    MOT概論
    MOE概論
    科学英語
    国際化プロジェクト
    研究者倫理
    生理活性有機化合物論
    化学熱力学特論
    界面化学特論
    コロイド科学特論
    物性化学特論
    物性物理学特論
    生体組織工学
    生体システム科学
    バイオデータ解析

  • 生命科学セミナーⅠ・Ⅱ
    生命科学特別研究Ⅰ・Ⅱ
    低温生物工学
    食品バイオ工学
    環境生物学
    植物環境工学
    植物細胞工学
    生物環境セミナーⅠ・Ⅱ
    生物環境特別研究Ⅰ・Ⅱ
    分子細胞生物学
    分子発生生物学
    生理化学
    臨床医学
    生命理工学インターンシップ

関連コンテンツ