大学院 電子・機械工学専攻

修業年限:2年 学位:修士(工学)

電気・電子工学、機械工学、医用工学の専門知識を基に、電子機械の設計開発を行うことのできる高度な技術者および研究者を育成します。

電子・機械工学専攻の教育理念と目的

■工学的基礎力を向上させ、急速に発展する高度情報化技術を取り込み、さらに地域から地球規模に至る環境に目配りのできる人材を育成します。

■ものづくりは人間との関わりなしに進めることはできないと考え、人間と電子機械とのインタフェースを考えることのできる良識ある人間性、倫理性、福祉への眼差し等の資質、感性を持ち合わせるための教育を目指しています。

■異文化との交わりにおいて積極的に自分を発信し、また、相手を理解することによって、国際的なフィールドで活躍のできる能力を養成します。

電子・機械工学専攻の部門

  • 応用電子工学部門

    生命現象に関する専門知識を前提に、機械工学、システム工学、電子情報工学の知識・技術を習得させ、医療技術に貢献できる高度技術者および研究者を育成する。

  • 機械システム部門

    機械工学に関する高度な専門知識を前提に、電気電子工学の知識・技術を習得させ、幅広い分野で活躍できる高度技術者および研究者を育成する。

電子・機械工学専攻の開講科目

  • 理工学特論A・B
    バイオメディカル・エンジニアリング概論
    MOT概論
    MOE概論
    科学英語
    国際化プロジェクト
    研究者倫理
    電磁場計測論
    モーションコントロール特論
    パワーエレクトロニクス特論
    システム制御論
    生体情報工学特論
    薄膜材料工学特論
    臨床医学
    数値解析工学
    応用電磁気学
    医用工学
    レギュラトリーサイエンス特論
    マイクロバイオロジー特論
    産業電子工学
    画像情報工学
    応用電子工学セミナーⅠ・Ⅱ
    応用電子工学特別研究Ⅰ・Ⅱ

  • 材料科学特論
    先端材料特論
    材料力学特論
    医用福祉工学
    工作機械システム特論
    熱工学特論
    気体力学特論
    ロボット工学特論
    機能設計工学特論
    機械耐震工学特論
    加工プロセス特論
    機械設計解析特論
    航空宇宙工学特論
    福祉工学特論
    品質工学特論
    工業技術標準特論
    機械システムセミナーⅠ・Ⅱ
    機械システム特別研究Ⅰ・Ⅱ
    バイオメカ二クス特論
    再生医工学
    LSI工学特論
    技術と経営
    電子・機械工学インターンシップ

関連コンテンツ